特集

TAKAHIROが人生初のトンズラ、その理由とは…?【映画『3人の信長』主演3俳優・独占インタビューVol.2】

9月20日に公開になったばかりの映画『3人の信長』。映画『3人の信長』は、「我こそが信⻑」と主張する3⼈の信⻑と、元今川軍の侍たちとの攻防を描いた前代未聞の時代劇エンターテインメント。その主演を務めるTAKAHIROさん、市原隼人さん、岡田義徳さんにCLASSY.ONLINEが特別に会ってきました!撮影秘話や撮影を共にした3人だからこそ知っているその素顔について、根掘り葉掘り聞いてきました。Vol.1はこちら。

TAKAHIROが人生初のトンズラ、その理由とは…?【映画『3人の信長』主演3俳優・独占インタビューVol.2】

緊張感と綿密な計算があってこそ、いい作品が生まれる

——今回の映画『3人の信長』では、3人で「織田信長」という同じ役を演じられていますが、いかがでしたか?
市原:歴史上の人物って、実際にその姿を見た人はいないですし、今描かれている人物像には「こうであって欲しい」っていう我々の願いも込められていると思うんです。だからこそ時代劇って“浪漫”だし、そこがまず僕が好きなところなんです。信長を演じるにあたっては、時代を新しく切り拓いた人物でもあるので、何か脚本以上のことを試したいと考えていました。なので2人がどこを見て、何を感じてリアクションしているのかを常に意識していました。寄り添ったり想像したり、駆け引きしながらの芝居も楽しかったです。
TAKAHIRO:3人の信長が横並びになるシーンでは、お互いの表情を見ることができない中、いい意味で緊張感を保ちながら、いろいろ試せましたね。それはお2人と監督を含めて、どうしたらもっと面白いシーンになるか、細やかにコミュニケーションを取っていたからこそだと思っています。
岡田:今回のような喜劇って緊張感と緻密な計算がないと、見ている人の気持ちを緩和できないと思うんです。だから3人の間でも緊張感と間は大切にしていましたね。僕たちにしか分からない伏線じゃなくて、見ている人が迷わないような伏線の作り方をしているので、その辺りも楽しんでもらえるとうれしいです。

3人と高島政宏さんのココだけ裏話

——撮影期間中で印象に残っていることはありますか?
TAKAHIRO:撮影期間は現場でもホテルでもお2人と一緒だったので濃密な時間を過ごすことができました。スケジュールがタイトだったので、ゆっくり食事に行けるタイミングはあまりなかったのですが、髙嶋さん(髙嶋政宏さん)が空いている時間に下見に行ってくださって、グループSNSに食レポを送ってくださるんです。女性を扱うかのように食材を扱うので、毎回届く食レポ動画が…(笑)
岡田:(笑)。1回だけみんなで餃子屋さんに行ったね。
TAKAHIRO:行きましたね。そこでも髙嶋さんがガンガン下ネタを飛ばしていて、この僕でさえ受け止めきれないくらいのレベルで(笑)。そこに太刀打ちしたのが隼人くんだったんです。
市原:髙嶋さん、2軒目のバーでも飛ばしていましたね(笑) でも3軒目のお店に着いて、振り向いたら誰もいなかった
TAKAHIRO:3軒目に入る直前、みんなで隼人くんの背中に向かって「ごめん!」と言って、人生初のトンズラをかましましたね(笑)
岡田:もう僕たちは溢れちゃったよね、キャパが。
市原:分かります。3軒目の後、最後にホテルで飲もうって言われて、それはさすがに僕もギブアップしました(笑)

——それぞれが演じられた役柄とご本人で、「ここが似ている」と思うところを教えてください。
TAKAHIRO:隼人くんは、そのままですね。ご本人も役柄も豪快で男っぽいし、芯が通っていてまっすぐ。演じている信長=日頃の隼人くんの濃厚版、という感じでリンクするところが多かったです。僕の立場で言うのもおこがましいんですけど、岡田さんは頭が良くて面白くて、周りのバランスを見ながら居心地のいい雰囲気を作ってくださる存在。そういうところが演じている信長像とぴったりだなと思いました。
市原:TAKAHIROくん演じる信長とTAKAHIROくん自身は、近くに寄りたくなる華やかさと、いろんなものを背負った強さを備えているところが似ているのかな、と。徳くんは人と違う感性の持ち主で、独特の芸術を生んでいて、それが芝居や生き方に反映されている人。その空気感や豊かな包容力を感じさせる部分が役と重なっているなと思いました。
岡田:TAKAHIROくんは、人を惹きつける力やリーダー感がありながら、その中にキュートな部分も見え隠れして愛すべき存在なところが、演じている役柄と似ていますね。隼人は「まず俺が行きます」って常に最前線に立ってくれて守ってくれる。そういうまっすぐな気持ちや姿勢は、昔からカッコいいと思っているし、今回の役柄にもぴったりでした。

——改めて、「織田信長」という実在した戦国武将を演じてみて、いかがでしたか?
TAKAHIRO:信長の一部しか演じていないですが、こんな豪快な生き方をしてみたいってよりファンになりました。ただ強いだけではなくて、ユニークな視点を持って革新を起こした人なんだと感じることもできたので、さらに深く知りたいと思いました。信長は永遠に男の憧れです!
市原:僕も信長、尊敬しますね。戦国という時代を生き抜いて、天下を統一しながらも民を憐れむことも忘れない。しっかりと締めるところは締めて、愚直にピュアに世の中を見ていたんだなって思います。うつけ者と言われても新しいことに挑戦し続けたのは、周りを楽しませるためのパフォーマンスだったじゃないかな、と。その役を演じさせてもらって光栄に思います。
岡田:トップに上りつめた人ですからね。そこでしか見られない景色もあっただろうし、それを一緒に見たくて、付いてきた武将たちもいただろうし。自分の命を捧げてまでも従っていくって尊敬以上の気持ちだったろうし、信長ってやっぱり偉大な存在だったんだなって思いました。

映画『3人の信長』
公開日:2019年9月20日(金)
監督・脚本:渡辺啓
出演:TAKAHIRO、市原隼⼈、岡⽥義徳、相島⼀之、前⽥公輝、奥野瑛太、坂東希、 髙嶋政宏
配給:HIGH BROW CINEMA
©2019「3⼈の信⻑」製作委員会

インタビュー前半はこちら!

TAKAHIRO、初顔合わせで高嶋政宏さんの髭に驚く【映画『3人の信長』主演3俳優・独占インタビューVol.1】

【TAKAHIROさん分】シャツ¥29,808(MINEDENIM×WACKO MARIA/MINED tel03-6721-0757)その他(スタイリスト私物)【市原隼人さん分】シャツ¥30,000(ボス/ヒューゴ ボス ジャパン tel 03-5774-7670)ネックレス(本人私物)パンツ、靴(ともにスタイリスト私物)【岡田義徳さん分】カーキブルゾン¥33,000(NEXUSVII./V.E.L.  tel 03-5771-4774)パンツ¥16,000(TIGRE BROCANTE/TIGRE BROCANTE  tel092-761-7666)ブーツ¥68,000(Rolling dub trio/THE BOOTS SHOP  tel03-3843-0833)その他(スタイリスト私物)

※掲載の価格はすべて税抜きです。

撮影/イマキイレカオリ 【TAKAHIROさん分】ヘアメーク下川真矢、スタイリング渡辺康裕【市原隼人さん分】ヘアメーク大森裕行(ヴァニテ)、スタイリスト小野和美(ポストファウンデーション)【岡田義徳さん分】ヘアメーク岩井マミ、スタイリスト吉田幸弘 取材/坂本結香 構成/CLASSY.WEB編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE