マナー

徐に=?漫ろ=?読めたらスゴイ!読めそうで読めない1文字の漢字

複数の漢字を組み合わせた言葉なら、それぞれの漢字の意味から読み方を考えることも可能です。

しかし、漢字一文字の場合、読み方をイメージするのが難しく、読み間違えることが少なくありません。

この記事では、そんな“読めそうで読めない1文字の漢字”をピックアップしてご紹介します。全問正解を目指して、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

1.「徐に」

「ゆるやかに」「静かに」、また「落ち着いて事を始めるさま」のことを「徐に」と言います。

もしかすると、言葉としては聞いたことがあるかもしれません。しかし、漢字表記になるとなかなか読み方をイメージしにくいものですよね。

そんな「徐に」の正しい読み方は……

 

おもむろに」です。

「徐に(おもむろに)ポケットから煙草を取り出す」などといったように使われます。「じょに」と読むのは誤りですよ。

2.「夙に」

現在では地名などに使われている「夙」ですが、「夙」という漢字自体、あまり目にしたことがないという人もいるかもしれません。

「夙に」には「朝早く」「早くから」「前々から」といった意味があり、たとえば「彼の伝説は夙に知られている」のような使われ方をします。

そんな「夙に」の正しい読み方は……

 

つとに」です。

「夙」は読み方もそうですが、漢字自体も「凧」などと間違われやすいため、漢字の書き方についても覚えておくと良いでしょう。

3.「乃ち」

「乃ち」という言葉は、その前の文章を言い直す時に使われます。たとえば「私のパソコンも、彼のパソコンも壊れている。乃ち、この部署で壊れているパソコンは計2台だ」というように使う言葉です。

また、そのほかにも「ただちに」「そこで」といった意味もありますよ。

そんな「乃ち」の正しい読み方は……

 

すなわち」です。

ちなみに「すなわち」には複数の漢字表記があります。今回ご紹介した「乃ち」のほかに、「即ち」や「則ち」と表記されることもありますよ。

4.「漫ろ」

素直に読めば「まんろ」ですが……、「まんろ」では不正解な「漫ろ」。

「漫ろ」とは「なんとなく心の進むさま」や「これといった理由もなく」という意味を表す言葉です。よく「気も漫ろ」といった使われ方をします。

そんな「漫ろ」の正しい読み方は……

 

そぞろ」です。

また、意味は「そぞろ」と同じですが「すずろ」とも読みますよ。

 

一文字の漢字、あなたはいくつ読めましたか? 普段何気なく使っている言葉でも、漢字表記になると読み間違えてしまう人は少なくありません。そんな難読漢字をすらすら読むことができたら、周りの人たちに知的な印象を与えられることができるでしょう。

 

参考文献
藁谷久三『教養が試される知らない漢字』(幻冬舎)

文/大内千明 画像/Shutterstock(reyesphoto、Jacob_09、bfk、fizkes)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE