ドラマ「アンメット」が話題!杉咲花さん「嫌われても仕方ないと思えるようになってきた」

発する言葉遣いのひとつひとつが美しくて、普段から自問自答をたくさんしているんだな、という印象だった杉咲さん。〝今も昔もコンプレックスがある〟という彼女の乗り越え方と考え方は、私たちの悩みのヒントにもなるはずです。

以前よりは、嫌われても仕方ないと思うようになりました

争いや喧嘩が苦手で、嫌だったこ

争いや喧嘩が苦手で、嫌だったことを伝えるのも勇気がいるので、結構溜め込みやすいタイプ。怒りの感情や違和感を自覚するのも遅くて、ホットプレート式にじわじわと、気が付いたらすごく怒っているパターンがほとんどですね(笑)。物事が過ぎた後に、「やっぱり嫌だったな」ということもあるので、もう少し自分の感覚に敏感でありたいです。でも俳優としては、作品がよりブラッシュアップされるかもしれないと思えば、普段言えないことも言える。以前は嫌われることがとても怖かったのですが、最近は嫌われても仕方ない、と思えるようになってきました。それが実際に作品のためになっているかは分からないけれど、世に出て、自分の想像を超えたところに届く可能性を秘めているものだからこそ、責任を取りたい。だから、違和感を持ったままカメラの前に立つことはできないし、避けたいと思うんです。受け取られ方も様々なので、自分の中に答えを持っておくこともポリシーのひとつ。現時点での目指したい方向に対して、受け取った相手が感じたことに耳を澄ませていたいし、そこから得る気付きも更新していきたい。作品の反響は必ずチェックするし、どんな意見も受け入れるようにしています。ネガティブな意見に触れたときは「伝えきれなかったんだな」と落ち込みますが、指摘されるには理由があるわけで、そこは自分なりに解釈するように努めています。

人との関わりは“わからない”ことが出発点

4月スタートのドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』では、重い後遺症を抱える脳外科医・川内ミヤビを演じます。役と向き合うときも人と関わるときも思うのは、共感から外れたところで、本当の意味で他者を見つめることができるんじゃないか、ということ。分かる、分からないというのは個人の物差しだから、あまり簡単に言えない気がしています。分からないことの方が当たり前だし、分からないからこそ、相手を想像して優しくしようと思える。人との関わり合いは、〝分からない〞が出発点。それは役を演じる上でもそれ以外の場面でも同じ。今回の川内ミヤビという人物像も、そんなスタンスで掘り下げていきたいです。ミヤビは記憶障害という後遺症を患いながらも、自分がやりたいことに対して自分にしか出来ない関わり方を模索していく、芯の深い人。その姿は多くの人に勇気を与えるものになるんじゃないかな、と思っています。

時代の価値観に敏感に、そこから学べる人でありたい

この先のキャリアはあえて描いていませんが、人として変わり続けていたいという思いが一番強くあります。これまでも今も、巡り合った人や作品を通して、良くも悪くも自分の価値観や現在地を実感してきました。どんなものを通しても自分や他者、世の中を見つめ直す時間になる。だから5年後、俳優としてどんな道を歩んでいようとも、自分自身が変化できていたらいいなと思います。価値観や性格、育ってきた環境が異なる人たちが大勢関わる制作現場において、何かを擦り合わせていく過程は決して簡単ではなくて。上手くいかないとき、何かのせいにしたくなる瞬間があったりもして。周りに変化を求めてしまうこともありますが、そういうときこそ、自分自身が一番の変化になれるように心掛けています。時代の価値観に敏感でありたいし、そこから学んで理解できる人でありたい。そして、年齢を重ねて「それは違うよ」と言ってくれる人や機会が少なくなっていることも感じるので、他者の意見を柔軟に受け入れる人でいることも大切にしたいです。

昨年デビューしたひとり旅。知ら

昨年デビューしたひとり旅。知らない土地を巡る楽しさを実感
昨年、地方ロケが続く中で、馴染みのない土地で知らないものに触れることの豊かさを感じて、思い切ってひとり旅を計画。会いたい人がいたので、盛岡へ行きました。これまで旅行自体、あまり行ったことがなかったのですが、初めての場所を気ままに巡る楽しさを実感。ひとり旅を経験したことで、旅行の頻度も上がりそうです。

杉咲 花さん
1997年生まれ。東京都出身。2016年に映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で、第40回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞・新人俳優賞を受賞。2018年TBSドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』で連続ドラマ初主演、映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』で映画初主演を果たす。2020年NHK連続テレビ小説『おちょやん』ではヒロインを演じた。映画『市子』で第78回毎日映画コンクール女優主演賞を受賞。現在、映画『52ヘルツのクジラたち』が公開中。待機作に『朽ちないサクラ』(6月21日公開)、『片思い世界』(2025年公開)がある。4月からはカンテレ・フジテレビ系ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(毎週月曜22:00〜)で主演を務める。記憶障害の後遺症を抱える脳外科医・川内ミヤビで医師役に初挑戦。

【衣装】ニット¥55,000 ブラウス¥66,000(トゥモローランド ビー/トゥモローランド 渋谷本店)スカート¥61,600(イロット/ザ・ウォール ショールーム)シューズ¥51,700(ビューティフル・シューズ/オーセンティック・シュー&コー)タイツはスタイリスト私物

撮影/水野美隆 ヘアメーク/宮本 愛 スタイリング/吉田達哉 取材/坂本結香 再構成/Bravoworks,Inc.

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup