恋愛

惚れちゃうじゃん! 社内のイケメンから届いた胸キュンLINE6つ

イケメンって結局何をしていてもかっこいい……! 社内のイケメンはスーツを着ていることが多く、仕事がデキる人は相乗効果でさらにかっこよく見えちゃいますよね。そんなイケメンから胸キュンLINEが届いたら、あなたはどうしますか?

そこで今回は、社内のイケメン男性から届いた胸キュンLINEを調査してきました。こんなLINEが届いたら思わず好きになってしまいそうですよ!

1.飲めない女性へのフォローLINE

「飲み会の日、1杯目にウーロン茶を頼んだら同僚から『空気読めないな』と言われてしまって。そしたら飲み会後、イケメンの先輩から『〇〇さんは飲まなくても居てくれるだけで場が和むんだから気にしちゃダメだよ』とLINEが送られてきて……。惚れてもいいですか?」(28歳女性・金融関係)

お酒を飲めなかった女性に対して、飲み会直後にしっかりフォローをしてくれる紳士さが素敵でなりません。「居てくれるだけでいい」なんてイケメンに言われたら好きになっちゃいそうですよね。

2.差し入れのお礼

「残業だと言っていたので帰りにコーヒーを差し入れたら『さっきはコーヒーありがとう。〇〇ちゃんの優しさが沁みたし、お陰で頑張れました!』と深夜にLINEが入っていました。コーヒー1杯でそこまで言われたら期待してしまいます」(29歳女性・IT関連)

自分の差し入れのお陰で頑張れたなんて言われたら、その先がないか期待してしまいますよね。その日のうちにきちんとお礼の連絡をしてくれることからも彼の優しさや誠実さが伺えます。

3.あなたの出欠確認

「上司が飲み会を企画していて、イケメンの先輩から『〇〇ちゃんは行くの?』とLINEがきたので『行く予定です』と送ったら『じゃ、俺も』って。そんな言い方されたら好きになってしまう」(29歳女性・メーカー)

出欠を自分の意思ではなくこちらの女性に合わせていることからも、彼にとって安心できる存在なのだろうと想像できます。もしかしたら恋愛関係になる日も夢ではないでしょう。

4.体調不良を察してくれた

「お腹が痛くて何度もトイレのために席を立っていたら『締め日も過ぎたし明日有休使ったら?』と気を遣ったLINEが送られてきて。高嶺の花的な存在の先輩が私のことを気にかけてくれていたんだと思ったら嬉しかったです」(30歳女性・保険)

普段あまり話すことのない憧れの相手が、自分のことをよく見てくれていて、気遣いのLINEまでしてくれるのは嬉しいですよね。仕事だけでなく社内の様子まで把握しているなんて……、イケメンなのは見た目だけじゃないですね。

5.出張先から思い出してくれた

「ヨーロッパ好きの私に、やり手の後輩が出張先から『〇〇さんパリ好きでしょ? 一緒にくればよかったのに(笑)』と写真付きで送られてきました。冗談だとは分かっていますが、一緒に行きたいと思ってくれたのかなと思うとドキドキしちゃいました」(33歳女性・商社)

離れた出張先で自分のことを思い出してくれた嬉しさと、LINEをくれた嬉しさで胸が高鳴ってしまいますね。「一緒に」というところも出張先での寂しさや年下男子が甘えている感じで女心をくすぐりますね。

6.グループLINEで褒め殺し

「新しい企画でグループLINEを作って自己紹介し合っていたら、先輩が『〇〇さんのデザインはいつも好評だからみんなも参考にして』と褒めてくれました。部署で一番仕事がデキて、かっこいい先輩に認められたことで自分に自信がつきました」(29歳女性・デザイン関係)

普段の仕事ぶりを認めてくれ、さらにみんなの前で褒めてくれるなんて、うぬぼれそうですね。先輩の一言でさらに仕事にやりがいを持てるようになったそうで、デキるモテ男の発言の影響力はすごいと実感します。

 

素敵な男性は女性に対して気付くことも多いのか、何をやっても様になりますね。ふとしたきっかけで送られてきた胸キュンLINEから恋愛に発展することも大いにあり得る内容ばかりでした。ぜひLINEを続けて彼の心を射止めてみては?

 

(アンケート協力者/筆者セミナー参加者及びInstagramフォロワー28~33歳女性21名)

文/岸川菜月 画像/Shutterstock(Stokkete、leungchopan、Antonio Guillem、FabrikaSimf、Dima Sidelnikov、RD_Production)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE