【16タイプ性格診断】運動家(ENFP)タイプの人の仕事/恋愛の「はじめまして」対処法

今やプロフィールに書くのも当た

今やプロフィールに書くのも当たり前と言われている、16タイプ性格診断。新たな出会いや新しい環境にチャレンジする人も多い春、これから多くなる「はじめまして」のシチュエーションで、それぞれの性格タイプはどんな風に対応すべきか?恋愛と仕事の2パターンにおける正解を、16タイプ性格診断の専門家“所長P”さんに教えてもらいました。CLASSY.世代が上手く生きていくコツを性格タイプ別に紹介。今回はENFP運動家タイプについてです。

コミュ力ばつぐんの行動派さん

主人公タイプ(ENFJ-A/E

主人公タイプ(ENFJ-A/ENFJ-T)の人は…
・人と関わるのが大好きな外交家
・情熱的で巻き込み力高め
・計画通りの動きは苦手
・平凡よりも刺激

人と関わる仕事がまさに天職

社交的でどんな人とでも友達になれる「THE  陽キャ」タイプ。新しいアイデアや企画を考えるのも得意で、ビジョンやメッセージを伝えるのもうまいです。影響力もあるのでマーケや広報、人と関わる職業が向いている人が多め。ルーティンワークよりも日々新しい発見があったり、刺激を求めたりするので突発的な行動をすることも。気になるものがあるとすぐに飛びついてしまうミーハーな心の持ち主なので、一つのことを深くは掘り下げにくいですが、好きになると熱弁して周囲を引き込んでいく力も。新しい環境で比較的楽しむことができるタイプだけれど、万が一人間関係がうまくいかない場合は、相手のパーソナルな部分を聞き出すと新たな発見があるかも。

行き当たりばったりすぎにも要注意!

さまざまな会に誘われたり、主催したり、人を誘うことも多いはず。アプリや飲み会、偶然の出会いでも楽しむことができます。気をつけておきたいのは、思い立ったらすぐに行動してしまうところ。相手がしっかりとスケジュールを立てていても乱しがちなので、一旦思い止まって考えることも必要。同じように場面での行動を楽しめる人とは相性はよし! 反対に計画的に動きたい、ISTJとは相性は悪いので気をつけて。デート中に気になるお店を見つけたら一度相手に相談することが賢い選択。飲みニケーションも得意とするENFPさんはその会の主導権を握ることができるほど。けれど、周りへの配慮も忘れずに。好奇心が強いため相手の経歴や話をうまく聞き出し、場を盛り上げて。

教えてくれたのは…

所長Pさん 16タイプ研究家と

所長Pさん
16タイプ研究家として、16タイプの性格理論について海外の最先端情報を基に研究・分析を行い、Kindleを多数出版。これまで自分にマッチしたものを見つけるのが難しかった仕事・人生の過ごし方に16タイプの性格理論を取り入れるという新たな選択肢を提唱する。仕事や人生における16タイプの活用術を盛り込んだ自著シリーズ「16タイプ性格診断バイブル」をこれまで4冊出版。

Twitter: https://twitter.com/100yen_bunko
Kindle: https://amzn.to/3KmjSYa

イラスト/電Q 取材/石津愛子 編集/前田章子

Pickup