ファッション業界で活躍!フリーランスPRってどんな仕事?【佐藤有華さんの場合】

CLASSY.誌面やSNSでもその活躍を目にすることも多い、ファッション系フリーランスPRという職業。自分の「好き!」「これが得意!」を叶えた方に日々の業務から独立したきっかけなど、気になるアレコレを教えてもらいました。

フリーランスPRのお仕事 佐藤有華さんの場合

自分のワクワクを大切に、これからもベストな形を選んでいきたい

■フリーランスPRになってよか

■フリーランスPRになってよかったことを教えてください
自由度が上がったことが一番です。自分が本当にいいと思ったものをすすめたり、情熱が高い人と一緒に好きなものを追求することに喜びを感じています。スタートアップの企画に携わることもありますが、新しいものを一から築いていくときの、プロジェクトが成長していく過程を見届ける高揚感は何にも代え難い!現場が変わるたび新鮮で刺激的な日々を送れるので、飽き性な自分にぴったりな職業だと感じています。

■逆に、大変なことはありますか?
代わりがいないので、スケジュールがかぶってしまえば受けられない仕事があること。当たり前ですが失敗しても守ってくれる人はおらず、全て自分で責任をとる必要があります。迷った時の判断がこれで正しいのか、いつもドキドキしています。

【佐藤さんのある一日】
7:00 起床、身支度(愛猫に毎朝5時台に起こされますが結局二度寝)
9:30 自宅でメールチェック、資料作成などの事務作業
12:00 自宅で昼食
14:00 クライアントAと打ち合わせ@北参道
16:00 クライアントBと打ち合わせ@渋谷
17:30 知人の展示会へご挨拶に伺う@表参道(外で用事がある日はなるべくまとめるようにしています)
19:00 帰宅、猫に餌やり、夕食の準備
20:00 夕食(家族の帰宅を待つので少し遅め)
22:00 お風呂、猫とまったり、自分時間
24:00 就寝

【佐藤さんの主な業務】
●シーズンLOOK等のビジュアルディレクション
●展示会などのイベント企画
●メディアリレーション
●スタイリストへのリース対応

佐藤有華さん
インポートブランドや大手セレクトショップにて制作やWEBマーケティング、PR業務を担当後、フリーランスPRという形態が主流ではなかった2018年に独立を決意。現在は、女性ブランドだけでなくメンズやユニセックスブランドも担当するなどマルチに活躍。

撮影/杉本大希 取材/下田真里衣 再構成/Bravoworks,Inc.

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup