【上白石萌歌さん】『リア王』の大千穐楽を終えてやりたいことは…【スペシャルインタビュー】

3月上演の『リア王』で約3年ぶりとなる待望の舞台作品に出演、コーディリア役を務める上白石萌歌さん。2回に渡りお送りしているスペシャルインタビュー後編では、ドラマや舞台で引っ張りだこの上白石さんが考える〝ウェルビーイングなこと〟についてお話ししていただきました。

――CLASSY.では〝ウェル

――CLASSY.では〝ウェルビーイングなライフスタイル〟について発信していますが、考え方やお仕事への姿勢などメンタル面で意識されている〝ウェルビーイングなこと〟を教えてください。
私はちょっとしたことでくよくよしたり、悪いほうに考えてしまうネガティブな性格なんです。でも身近な存在である母や祖母がとてもポジティブなので、弱音を吐いて相談しているうちに自然と前を向かせてくれます。いつも話を聞いてもらっていたら、嫌なことでも少し角度を変えて良い面を見られる技が自然と身についてきました。今ではどれだけポジティブに変換できるかが人生のテーマになっているくらいです(笑)!

――フィジカル面で実践されてい

――フィジカル面で実践されている〝ウェルビーイングなこと〟はありますか?
なるべく体を動かすようにしていて、今は水泳のよさを再確認しているところです。先日、海外に行く機会があり14時間のフライトで体がガチガチになったので、帰国してから水泳をしてマッサージに行ったんです。そうしたら、「普段より整っています」と言われました(笑)。水の中だと余計な筋肉を使わないですし、デジタルデトックスにもなり脳がリセットされて心身ともに整うようです。ラップを計ったりはせずに1時間くらい泳いだり歩いたりするだけなのですが、自分に合っているので続けようと思っています。

――「これがあると機嫌がよくな

――「これがあると機嫌がよくなる!」という人やモノ、コトは何ですか?
一番初めに思いついたのが、大学からの親友です。2週間に一度は会っているのですが、その子がいつもご機嫌なので一緒にいるだけで私もご機嫌になります(笑)。あとは一人行動も大好きで、七輪系の焼肉屋さんでモクモクと燻されながら食べ(笑)、そのモクモクを流しに銭湯に行っています。お腹いっぱいで体もきれいになり、帰宅したら寝るだけでいいのが幸せです。私の中では旅行したくらいのリフレッシュ度です。さらに自宅にはお気に入りのソファがあるんです。ずっと座っていてもどこも痛くならない最高のソファなのですが、これに座ってLINEの返信をしたり映画を観たりして至福の時を過ごしています。リフレッシュが上手というかさぼるのが得意なので(笑)、友人と一緒のときも一人のときも、外出先でも自宅でも、機嫌をよくするためのたくさんの駆け込み寺があるようなイメージです。

――たくさんご機嫌になる方法を

――たくさんご機嫌になる方法を教えていただきましたが、ここぞ!というときに自分にご褒美をあげるタイプですか?
ご褒美も大好きです(笑)! ご褒美と聞いて思いついたのが、フルーツパーラーのパフェです! 見た目からして、すごいご褒美感があると思いませんか? お仕事などが一段落ついたときに行くパーラーがあるのですが、そこで季節のフルーツパフェを食べると頑張ったなと実感します。甘い物だけでなくお洋服も大好きなのですが、あまり先延ばしにしたりじらしたりすることなくタイミングをみつけてはご褒美をあげています(笑)。ご褒美ではなく日常になっていますかね(笑)? ご褒美だったら旅行でしょうか。先日は奈良美智さんの展示を観に青森まで行きました。「美術館はここだから、食事は近くのここにしよう」など考えるのが楽しいんです。マティスが作った教会を観に、一人で南仏に行ったこともありました。次に海外に行くとしたらフィンランドがいいなと思っているのですが。『リア王』の大千穐楽を終えた達成感とともに旅ができたら最高です!


『リア王』
‘22年演劇界に衝撃を与えた『セールスマンの死』のタッグ、ショーン・ホームズ&段田安則がシェイクスピア4大悲劇の1つ『リア王』に挑む。愛を取り繕った甘言、言葉にできぬ真心。真時の選択を間違えた王は狂気の中、王国を彷徨い…。豪華実力派俳優が挑む悲嘆と狂乱の物語。作:ウィリアム・シェイクスピア 翻訳:松岡和子 演出:ショーン・ホームズ 出演:段田安則 小池徹平 上白石萌歌 江口のりこ 田畑智子 玉置玲央 入野自由 前原滉 盛隆二 平田敦子 / 高橋克実 浅野和之ほか 東京公演:3月8日(金)~31日(日)東京芸術劇場 プレイハウス/4月より新潟、愛知、大阪、福岡、長野の5都市でも上演。

上白石萌歌
‘00年鹿児島県出身。’11年に史上最年少で第7回「東宝シンデレラ」グランプリを受賞。12歳でドラマ『分身』で俳優デビュー。以降、ドラマ、映画を中心に多数の作品で活躍。最近の主な出演作はドラマ『ちむどんどん』『ペンディングトレイン-8時23分、明日君と』『パリピ孔明』、映画『アキラとあきら』『KAPPEIカッペイ』『ゆとりですがなにかインターナショナル』、舞台『ゲルニカ』など。

上白石さん着用衣装/ベスト¥140,800中に着たジャケット¥269,500スカート¥660,000リング<人差し指>¥84,700<中指>¥50,600(すべて ボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン 0120-60-1966)イヤリング¥12,100(イリスフォーセブン/フーブス 03-6447-1395)
撮影/木村 敦(Ajoite) ヘアメーク/渋沢知美 スタイリング/道端亜未 取材/よしだなお 構成/中畑有理(CLASSY.編集室)

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup