恋愛

男子はこんなコトを言われたい!彼女から届いたら“嬉しすぎる”LINE6選

大好きな彼からもっと愛されたい! そう感じる女性は多いのではないでしょうか。

そこで、アラサー男性に“彼女から届いたら嬉しすぎるLINE”について調査してきました。今回紹介するようなLINEを送って彼を喜ばせることができれば、彼からもっと愛してもらえるかも?

1.デートの思い出に浸るLINE

「『映画の半券、捨てられない』とか『この間のデートで連れていってくれたお店の前を、さっき仕事で通ったんだけど、いろいろ思い出しちゃった♡』とか、デートの思い出に浸ってくれるようなことをLINEで言われると可愛いなって思います」(29歳男性・教育関係)

一緒にいない時間に、彼と過ごした時間を思い出してくれていることが分かるような内容に愛おしさを感じるようです。幸せそうに余韻に浸ってる姿を知れると『次回も楽しませてあげたい』と、彼女をさらに喜ばせたくなるんだとか。

2.彼のためのチャレンジ報告LINE

「僕と付き合ってから料理を始めたらしく、『初めて作ってみたよ、今度作るから食べてね』と写真が送られてきます。僕のために不慣れなことにチャレンジしてくれていると思うと、すごく嬉しいです」(30歳男性・証券)

料理以外にも彼のために何か新しくチャレンジをしたら、報告LINEをしてみてはいかがでしょうか。その健気な姿に男性は愛を感じるようです。

また、何かにチャレンジすることは自分自身の幅を広げることにも繋がるので、どんどんチャレンジしていきましょう!

3.たまにするおねだりLINE

「たまに『早く会いたい』とか『好きって言って?』とかおねだりをされると嬉しいです。“追われている感”はまんざらでもないし、男は誰でも嬉しいんじゃないでしょうか」(31歳男性・SE)

ほとんどの男性は、彼女からの可愛いおねだりは嬉しいようです。とはいえ、常に「会いたい」「好きって言って?」とLINEするのは重く思われてしまうかも。あくまで、“たまにするおねだりLINE”というのがポイントです。

4.彼に寂しさを感じさせないLINE

「一人暮らしで遠距離なので、ふとした時に寂しさを感じてしまうのですが、彼女から届く写真付きのLINEや、寂しがりな僕を理解して毎日明るく、時におもしろスタンプなどで笑わせてくれるLINEに救われています」(30歳男性・商社)

地方への転勤などで遠距離になってしまった男性は寂しさを感じることがあるようで、彼女からの明るいLINEや傍にいるように感じる写真に心を救われているんだそうです。いつもあなたの笑顔が想像できるような明るいLINEで彼の寂しさを吹き飛ばしてあげましょう!

5.彼の趣味に興味津々なLINE

「彼女とは趣味が全然合わないのですが、僕の趣味や仕事に関して『それ何? 教えて!』とLINEでも興味津々に反応してくれます。その姿勢が嬉しいしどんどん僕色に染まってくれる部分が増えて嬉しいです」(28歳男性・音楽関係)

男性からすると、自分の趣味や好みを知ろうとしてくれる姿にグッとくるようです。お互いの趣味や好きなものを知ることで共通の話題もどんどん増えそうですね。

6.信頼していることが伝わるLINE

「仕事で忙しく一日連絡ができないこともしばしば。『ごめん』と夜遅くに返事をしても怒らず『無理しないで。私も次会える日を励みに頑張るから』と嬉しい言葉をかけてくれることも。そんな彼女に尽くさない訳がありません」(33歳男性・法律関係)

彼女に仕事の忙しさなどを理解してもらえないと浮気に走る男性が多いように、お互いが一番の理解者でいることは付き合う上でとても大切なことなのかもしれません。特に忙しい男性は、彼女が自分を信頼してくれたり理解してくれているだけで、もっと仕事を頑張れるのだそうです。

 

いかがでしたか? 愛する彼女から嬉しいLINEがくる度に「手放したくない」と思う男性は多いようです。毎日のLINEで「手放したくない」と思わせることで、彼が将来を考えるような“愛され妻候補”となる日も近くなるのでは?

 

(回答者・筆者Instagramフォロワー28歳~33歳男性19名)

文/岸川菜月 画像/Shutterstock(silverkblackstock、Dean Drobot、Aaron Amat、stockfour、Nikolas_jkd、pink panda)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE