恋愛

「絶対幸せにする!」結婚直前の彼氏が送ってきた“うれしい誤爆LINE”4つ

誰しも一度は届いたことのある“誤爆LINE”。

上司からのうっかり不倫暴露LINEや、友達からの彼氏宛ラブラブLINEなど、“見られてはいけない恥ずかしい内容のLINE”を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、誤爆LINEの中には、届いた側が思わず喜ぶような、うれしい内容のものもあるのです。

そこで今回は、「そんなふうに思ってくれていたの?」とうれしくなる、“結婚直前の彼氏が送ってきた愛され誤爆LINE”をご紹介します。

1.「あいつとなら、結婚もいいものかもって…」

「普段、あまり自分のことを話したがらない彼。でもある時、男友達宛かな?『あいつとなら、結婚してもいいのかもしれないって思えたんだ』と誤爆LINEが届いて。結婚が決まってからも、彼の気持ちが分からず不安だったのですが、このLINEを見て自信が持てるようになりました」(27歳女性・秘書)

結婚に対してあまり良いイメージを持っていなかった彼が、大切な女性と出会って考え方が変わり、結婚を決意。

そんな彼の心境の変化が伝わってくるLINEに、思いがけずうれしくなる女性もいるのでは。

彼が誤爆でもしなければ、きっとこうした本音を知ることができなかったかもしれません。彼としては思わぬ本音を知られてしまって恥ずかしいかもしれませんが、彼女にとってはうれしい誤爆と言えそうです。

2.「こんな俺を理解してくれて、素敵な人だよ」

「普段は茶化すばかりで、私のこともよくいじってくる彼が『彼女は、こんな俺を理解してくれる素敵な人だよ』って誤爆だけどLINEしてきて。そんなふうに思っていてくれていたなんて、と感激しました」(28歳女性・デザイン会社勤務)

シャイな性格で、普段はなかなか思っていることを口にしてくれない彼の本音が垣間見えるLINE。

直接、彼の口から言われるのと他人宛のLINE経由で彼の気持ちを知るのとでは、また違ったうれしさがあるでしょう。

誤爆ではありますが、気持ちを伝えてくれた彼に「ありがとう。私も素敵な人と一緒になれてとっても幸せだよ♡」などと送ってあげると、より2人の仲が深まるかもしれませんね。

3.「母さん、○○のこと気に入っているよな」

「『母さん、○○のこと気に入っているよな』という彼のお母さん宛ての誤爆LINEが届いて。結婚すると、彼だけじゃなくて彼のご家族との関わりも不可欠なので、悪いふうに思われていないのが分かって安心しました」(26歳女性・人材派遣会社)

結婚するとなると、彼の家族からもどう思われているのか気になりますよね。「彼のご両親やご兄弟とうまくやっていけるかな」と不安を抱いている女性も少なくないでしょう。

そんな不安を払拭するかのような彼からの誤爆LINE。本来自分宛に送るつもりではなかったとはいえ、彼のご家族が好意的な印象を抱いてくれていると分かると、ホッとするものです。彼はもちろんのこと、彼のご家族とも末永く良好な関係を築いていきたいものですね。

4.「ありがとう!!絶対幸せにするよ!!」

「前の日に、彼から『明日、親しい人たちに結婚報告のLINEを送る』と聞いていたのですが、たぶんその報告LINEに返信が来たのかな。彼から『ありがとう! 絶対幸せにするよ!!』というLINEが私宛に届いたんです。恥ずかしかったけど、うれしかったですね」(27歳女性・接客業)

親しい友達やこれまでお世話になった人などに結婚報告LINEを送信。そこまでは良かったものの、相手の返信に対する返事を、彼女に誤爆してしまったケースもありました。

本人宛でないからこそ「絶対幸せにする」と言えたのかもしれませんが……。男性としても、誤爆とはいえ「本気で幸せにしなきゃな」とさらに気合いが入ることでしょう。

 

結婚を直前に控えて、不安な気持ちを払拭するような彼からのうれしいLINE。誤って送ってしまったとはいえ、受け取った側がうれしくなるようなLINEなら、たまには誤爆もアリかもしれませんね。

そして、LINEが届いてうれしかった気持ちは、ぜひ彼に伝えてみてください。彼としても「誤爆しちゃったけど、結果オーライかな?」と、あなたからのLINEで気持ちが救われることでしょう。

 

文/大内千明 画像/Shutterstock(Look Studio、Roman Samborskyi、Irina Bg、VGstockstudio)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE