【小関裕太さん】「僕はいつも〝ウェルビーイングなこと〟しか考えてないです」【スペシャルインタビュー】

12月18日より日本映画専門チャンネルで特集『小関裕太に落ちたい』が放送スタート。この放送を機にお届けしている小関裕太さんへのスペシャルインタビュー後編では、優しい笑顔と穏やかな雰囲気が魅力の小関さんが実践している〝ウェルビーイングなこと〟についてお話を伺いました。

――仕事への向き合い方やプライ

――仕事への向き合い方やプライベートの過ごし方など、メンタル面で意識している〝ウェルビーイングなこと〟はありますか?
僕はいつも〝ウェルビーイングなこと〟しか考えていないです(笑)。普段から「どうしたらもっと効率よくできるかな」っていうことをどのジャンルにおいても考えています。まずは時間かなあ。時間的にできないことをできないって認識することが大事だと思います。もともと僕は欲張りで時間があれば何かをしていたいという性格で、何でも知りたいし何でも吸収したい。それを最終的に俳優っていう職業に落とし込めたらなって思っています。でもそれには時間が限られるという壁がいつもあって――。それでも繰り返しやっていたら、それが当たり前になってスムーズになっていくのかなと思いきや、関われば関わるほど深いものを追求したくなるし、深いものを求められるようにもなって、効率がよくなることがあまりないなって(苦笑)。効率よくなるものもあるけど、だいたいが「もっと時間が欲しい」っていうことになるので、限られた24時間をどう楽しむか。ラクするんじゃなくて、どう楽しいものにするか考えている時間が充実しているしすごく楽しいのかな。
一番いい形だと思うのは、お仕事や作品が私生活にもなっていることかな。たとえば映画を観るにしても、それがプライベートでの楽しみでもあり作品の準備にもつながるとか。『王様のブランチ』に出ながら新しい音楽情報を得ると、スペースシャワーTVで司会をやっている音楽番組にも活かされるなと思ったり。番組ではインディーズの方やメジャーデビューしたばかりの若い方々が出演してくださるんですけど、来てくれた方の曲が『王様のブランチ』でランクインしてると「すごい! 嬉しい!」って思ったり。番組で出会った方と飲みに行くこともあるのでそのことを連絡したり。そういうことが循環していったら、ウェルビーイングなことになるんじゃないかなって思います。

――「お仕事も私生活になってい

――「お仕事も私生活になっているのが一番いい形」とのこと。仕事とプライベートを分けるタイプではないんですね。
切り替える瞬間はたぶんあると思うんですけど、僕は8歳からこの業界に入っているのでこの状態がプライベートでもあって、みんなの言うプライベートがわからない部分もあると思うんです。歯を磨くように、当たり前にいろいろ作品に関わっているんじゃないかな。無理をしているわけじゃないんですけど、精査するっていう意味で、どういう姿勢で過ごせたら楽しくてラクなのか考えたら、先ほど話したようなことになるのかなと思います。

――健康管理や体力をキープする

――健康管理や体力をキープするために、食生活や運動などフィジカル面で実践している〝ウェルビーイングなこと〟があれば教えてください。
食べることをすごく考えるようになりました。たんぱく質をどのタイミングで摂るか。たとえば舞台の稽古や本番で、炭水化物はどの量をどのタイミングで摂るとコンディションよく過ごせるか。その延長で、映像作品でもハードなシーンに向けて何を食べるかなど、食べることと向き合うようになりました。僕で言うとバナナは40分前、白米は1時間~1時間半前、玄米は2時間以上前に摂ると、そのタイミングでエネルギーが発揮できる。作品だけでなくジムに行くときもそれを考えて食事を摂ると、気分やコンディションも落ちなくなりました。今年出演した『キングダム』は結構ハードな舞台だったんですよ。僕は、バナナでハードさを換算しているんですが(笑)、『キングダム』はバナナ1.5~2本を40分前までに摂らないと一幕がもたないんです。一幕が終わると休憩が30分あるので、二幕では始まって10分後くらいに効いてくるんです。だから一幕が終わって楽屋に帰ったら、衣装を脱ぎながらすぐにバナナを食べて二幕に備える。集中力にも関わるので。だから『キングダム』の間は毎日、バナナを3、4本食べていましたね。もちろん白米を食べたいときもあるので、それは摂る時間を考えて。ただ炭水化物ばかりではなく、たんぱく質とアミノ酸も適度に摂るなど、回復と増量とコンディションの三本柱を考えながら食べていますね。

――運動するときはジムに通って

――運動するときはジムに通ってますか?
そうですね。行けるときには。今は筋力を上げるというより、ずっと走るトレーニングをしています。走りって結構難しいんですよ。ただ運動のために走るんじゃなくて、余計な力を使わず、一番出力の高い走りをするためにはどのタイミングで腕を引けばいいのかを今、学んでいるところです。体の上半身から下半身への連携を覚えるために、走りの練習をしていますね。呼吸の仕方とも向き合うので、ストレスや緊張が減ったりします。『キングダム』では殺陣がありましたが、殺陣も腕じゃなくて体の連動が大切なんです。殺陣や乗馬など新しいジャンルに関わっていくなかで、体の連携が取れていれば何でもできるなと思ってずっとランニングしていますね。

――忙しいとき、疲れを感じたときなどにリラックスする方法や、リフレッシュするためにやっていることはありますか?
目を閉じる!(笑) やっぱり目が一番疲れますね。体は元気なのに目と脳が働かないことが結構多くて。台本を読んだり目から得る情報が多い職業なので、無理せず目を休める。作業とかが追いついていなくても、これ以上やっても意味がないときは諦めて目を閉じる。とにかく回復に専念します。夜ならば、風呂に入って体を温めて寝ちゃう。音楽が大好きなんですけど、音楽ですら頭に振動がきてキツいときもあるから。とにかく情報遮断! 無にすることによって、回復してからしっかりやるべきことに向き合うことが大事だなって思います。

小関裕太
‘95年6月8日生まれ 東京都出身●子役として俳優活動をスタート。数々のドラマや映画、舞台で活躍。最近の主な出演作はドラマ『来世ではちゃんとします』、ドラマ『癒やしのお隣さんには秘密がある』、ミュージカル『四月は君の嘘』、舞台『キングダム』など。舞台『ジャンヌ・ダルク』が12月17日まで東京建物Brillia HALLにて、12月23日から26日までオリックス劇場にて上演中。

日本映画専門チャンネル 『2カ月連続 小関裕太に落ちたい』
日本映画専門チャンネルで多彩な魅力を放つ小関裕太出演作を2カ月連続で特集放送。主演映画『Drawing Days』(’15年)から、異国を旅する様子に密着した『小関裕太 22你好』、『Kiitos![キートス]~Yuta Koseki in Finland~』に加え、オリジナルショートドラマ『メロスの誕生』を初公開。1月には『主観ドラマ オートリバースの恋』(’20年)、舞台『FROGS』(‘13年)を放送。●12月18日(月)19:30放送スタート
https://www.nihon-eiga.com/osusume/koseki-yuta/

 

【衣装】ジャケット¥370,000シャツ¥220,000パンツ¥79,000 (すべてディオール/クリスチャン ディオール 0120-02-1947 千代田区平河町2-1-1)
撮影/杉本大希 ヘアメーク/エミー スタイリング/吉本知嗣 取材・文/駿河良美 構成/中畑有理(CLASSY.編集室)

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup