韓国通ライターが厳選!「東京・新大久保」でおすすめの注目店&カフェ4選

韓国の「今」を感じられるスポットとして日夜刺激であふれている新大久保。精鋭3名が通うお店に、CLASSY.世代の「今行きたい!」が詰まっていました。

どんどん進化する今一番熱気ある街で大人のグルメ&コスメ巡り

伊藤:サムギョプサルではないのですが、角田さんと石津さんのインスタを見てScoop Coffee(⑦)行きました!季節のフルーツを使ったかき氷が本当においしくて…絶対にまた行きます。

石津:今は「シャインマスカットヨーグルトかき氷」なんですね!ここのスイーツはフルーツがおいしいのはもちろんなのですが、手が込んだ盛り付けも美しくてワクワクしますよね。最近東新宿駅からすぐのところにできたHASIRA(⑧)にも行ってきました。23:30までと遅くまで開いていて、夜カフェにぴったりで。「今っぽい韓国」って感じの雰囲気で、カフェ利用のほかに通しでお酒もお料理もいただけるカフェバーです。この9月にオープンしたばかりで、クロッフル(クロワッサンをワッフル状にした韓国のスイーツ)や自家製バナナプリンが人気のようです。

角田:新大久保のカフェは比較的早く閉まっちゃうから遅くまで開いているお店はありがたいですよね。

石津:1階がコスメ、2、3階がカフェになっているDainy(⑨)は業態としても面白いです。まずは友人とコスメを見て、そのあと購入品を報告し合いながらお茶をして…。コスメのラインナップも最新のものが揃っていて、大人が欲しいアイテムが見つかります。

伊藤:コスメショップだとIROHANI(⑩)は必ず立ち寄ります。壁一面にフェイスマスクが並んでいて1枚から購入可能です。店員さんが丁寧に効能などを説明してくれて、そんなおしゃべりの時間も楽しくて。行くと気になるものが必ずある!新大久保ではまずごはんを食べる→IROHANIでフェイスマスクを買う→韓国スーパーで調味料を買って帰宅する、がルーティンです。

角田:韓国スーパーも鉄板ですよね!渡韓できるようになった今でも、新大久保ってずっと楽しい。今度ぜひチームCLASSY.のみんなでも行きましょうね!

\韓国成分を求めて日夜新大久保を訪れます/

【ライター・角田枝里香さん】
チームCLASSY.で韓国といったらこの人。独身時代は週5、現在も週2~3回新大久保に通う。韓国グルメアカウント(@erika_tabemono)にも多くのファンが。

【ライター・伊藤綾香さん】
新宿区在住時代にはさくっと夕飯のおかずを買って帰るなど生活に組み込まれていたほど。現在も定期的に「韓国成分」を求めて訪れる。K-POP推し活ガチ勢。

【ライター・石津愛子さん】
5年前の上京後すぐ新大久保に通うように。「友人と会った日、ご飯どうしよ~?となっても新大久保に行けば必ず何かしらおいしいものにたどり着けます」

再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup