社長秘書が本当は教えたくない「可愛くて絶品のクッキー缶」4選

何かと渡す機会の多い「手土産」選びに頭を悩ませるアラサー女子は多いはず。そこで、20代と30代の現役社長秘書に「絶対にハズさない手土産」を厳選して教えてもらいました。今回は、見た目も味もパーフェクトな「クッキー缶」をセレクト!

27歳の社長秘書・中川葉月さんが選んだものは…?
Frederic Casselの「ボワット・グルマン」¥4,536

素朴で優しい甘さのフランス伝統菓子が10種入り!

「西洋らしさ溢れる可愛らしいイラストのシルバー缶を開けると、フランスの伝統菓子10種類がぎっしり。フランス産の小麦粉や、ブルターニュ産のバターを使用するなど、素材にとことんこだわり、ひとつひとつ丁寧に焼き上げられています。カリッと歯ごたえのあるサブレ・ブルトンや、ふわっと溶けるラング・ド・シャまで、さまざまな食感を楽しめるのが魅力。口いっぱいに広がる優しい甘さやバターの香ばしさに、誰もが虜になること間違いなしです」(中川さん)

商品情報

【Frederic Cassel(フレデリック カッセル)】
「ボワット・グルマン」¥4,536
■ブランドサイト https://frederic-cassel.shop/
■Instagram https://www.instagram.com/fredericcassel_japon/

PAS DE DEUXの「パドゥドゥクッキー缶M」¥5,400

原材料にとことんこだわった大人気のクッキー缶

「埼玉県さいたま市に店舗を構える洋菓子店『パドゥドゥ』は、シンプルな原材料を活かす“引き算”を意識したお菓子で人気を集めています。イチ押しのクッキー缶は、友人から取引先、年配の方にも渡しやすいシンプルで洗練されたボックスがポイント。国産小麦粉や北海道よつ葉バター、平地飼い有精卵を使っており、素朴ながらも味わい深い仕上がりに。9種それぞれ食感が異なり、ひとつまたひとつと食べる手が止まりません」(中川さん)

商品情報

【PAS DE DEUX(パドゥドゥ)】
「パドゥドゥクッキー缶M」¥5,400
■ブランドサイト https://pasdedeuxfactory.jp/
■Instagram https://www.instagram.com/pasdedeux_official/

教えてくれたのは…CLASSY.LEADERS 中川葉月さん

1995年生まれ。社長秘書をし

1995年生まれ。社長秘書をしながらCLASSY.リーダーズとしても活躍中。料理とグルメ巡りが趣味で、インスタグラム(@h.a.z.u._)には、洗練されたファッションのほか、穴場カフェ等の情報をアップしている。

33歳の社長秘書・桶谷綾乃さんが選んだものは…?
michelbachの「クッキー缶@Nihonbashi」¥3,210

パステルピンク&小ぶりサイズで女心を鷲掴み♡

「兵庫県夙川エリアの閑静な住宅街にある、こじんまりとしたスイーツ店『ミッシェルバッハ』が、今年4月に日本橋の『コレド室町1』にオープンしました。幻のクッキーとも言われている『クッキーロゼ』で注目を集めていますが、日本橋限定で買えるパステルピンクが目印のクッキー缶もおすすめ。甘さ控えめで、サクッと軽い4種のクッキーを楽しめます。手のひらに収まるほど小ぶりなサイズの缶なので、プチギフトとして喜ばれるはず」(桶谷さん)

商品情報

【michelbach(ミッシェルバッハ)】
「クッキー缶@Nihonbashi」¥3,210
■Instagram https://www.instagram.com/michelbach1982/?hl=ja

ツッカベッカライ カヤヌマの「テーベッカライ A缶」¥4,320

入手困難だからこそ喜ばれる至極のクッキー缶

「オーストリア国家公認の菓子職人最高位のオーナーによる、ウィーン菓子専門店の『ツッカベッカライ カヤヌマ』。看板商品であるクッキーの詰め合わせは、開店前から並んでも買えないほどの人気ぶりです。マットブラック×オリジナルエンブレムの高級感溢れる缶に、バニラ、チョコレート、シナモンの3種類が入っています。口に入れた時にほろっと崩れる食感と、しっとりとした口当たりがクセになり、一度食べたらファンになること確実です。サイトから事前予約をしておけば、行列に並ぶ必要はありません」(桶谷さん)

商品情報

【ツッカベッカライ カヤヌマ】
「テーベッカライ A缶」¥4,320
■ブランドサイト http://www.z-kayanuma.com/

教えてくれたのは…桶谷綾乃さん

1989年生まれ。身長161c

1989年生まれ。身長161cm。元客室乗務員、現在は社長秘書として商社に勤務。職業柄欠かせない手土産リストは、SNSなどを駆使しながら常に更新している。最新の美容アイテムを多くアップするインスタグラム(@ayn.2020)のフォロワーも急増中。

撮影/草間智博(TENT) 取材/岸本真由子 編集/平賀鈴菜(CLASSY.ONLINE編集室)
※商品は完売の場合があります。

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup