死ぬまでにかかるお金「1億円」を貯めるために…30歳が今からできること【マネーの専門家に聞きました】

止まらない物価上昇に引き換え、上がらない賃金。「貯蓄から投資へ」とする政府のスローガンにもどう対応すればいいのかよくわからなくて不安。それでも服は欲しいし旅行にも行きたい!一体いくらあれば、私たちは安心できますか!?

「資産なし30歳」の「死ぬまでにかかるお金」を準備するための資産形成プラン

1億円作るのは難しくても、現時点では収入のどれくらいのお金を投資に回せばいい?将来のための準備が始められる、無理せず真似できる現実的な資産形成方法を横川さんに教えてもらいました。

死ぬまでにかかるお金「1億円」を貯めるために…30歳が今からできること【マネーの専門家に聞きました】

たとえば...【手取り30万円の場合】

2万円以上を【つみたてNISA

2万円以上を【つみたてNISA】に、3万円以上を【現金貯金】に
「CLASSY.世代の投資初心者はまずは今すぐつみたてNISAを始めてみてください。投資は初動のハードルが高いのですが、ここを越えられたら投資の感覚が掴めて、来年の新NISAもうまく活用できるでしょう。それができたら、その他の金融商品も調べて、いろいろな形で資産を持つことを検討してみましょう」

\上記を基本に据えて/

【プラスで使えるお金に合わせて…】

【子供ができたら】

【気軽に挑戦できる変わりダネ】

\ちなみに/
最近よく聞く不動産投資ってどうなの?
「住宅ローン控除があるのは住居用購入時のみ。初心者は新NISAの枠内で運用するほうが安心かつ労力も少なめ。CLASSY.世代なら『投資用マンションを購入した』という人も増えてくる頃かと思いますが、周囲がやっているから自分も…という姿勢は危険です」

教えてくれたのは....

やさしいお金の専門家/金融教育

やさしいお金の専門家/金融教育活動家
◼︎横川 楓さん
経営学修士(MBA)、ファイナンシャルプランナー(AFP)などを取得。等身大の目線でわかりやすい金融知識の普及に取り組む。2022年に一般社団法人日本金融教育推進協会を設立。著書に『ミレニアル世代のお金のリアル』(フォレスト出版)。

漫画・イラスト/谷口菜津子 取材/野田春香 再構成/Bravoworks.Inc

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup