トリプルファイヤー吉田靖直コラム「フォロワーを買う」vol.10

社会を知るフィールドワーク的活

社会を知るフィールドワーク的活動の一環として、私はこれまでさまざまな出会いの手法を試みてきた。マッチングアプリ、路上ナンパ、相席屋など異性と出会う方法は多種あるが、やはりそれぞれに特有の難しさがある。

マッチングアプリは強い競合相手が多すぎて埋もれてしまう。道でナンパし続けるには常人離れした強靭なメンタルが必要だ。相席屋では席替えされてしまう。

何かもっと楽に異性と親しくなれる方法はないものか。そこで最近私が気になっているのが「インスタナンパ」だ。

インスタナンパがどうやら巷で流行っている。数多くのバラエティ番組を視聴して私が収集したデータによると、ゲストのモデルやグラビアアイドルが司会者から「芸能人から口説かれたことある?」などと尋ねられた際、「インスタでDMが来たことは何度かありますね〜」と答えるパターンが最近は非常に多いのである。
司会者が「それから何て返したの?」と掘り下げると、ゲストは笑いながら「返信はしてないです」と答える。それは確かに嘘ではないのかもしれない。しかしテレビでは言えない話もある。そうやって表に出てくる例は氷山の一角でしかなく、その背後には、DMを送ってうまいことやっている男が無数に存在しているのは間違いない。

私も地下アイドルにDMを送りつけてみたい。しかしここで問題となってくるのがフォロワー数だ。
私の現在のインスタフォロワー数は6615人。これは私としてはかなり多い数であるが、DMを送りつけるにしてはちょっと少ない。

インスタの世界では、長い前髪で顔を隠し、暗めの照明で危険なイケメンの雰囲気を醸し出している正体不明の男が何万人もフォロワーを抱えている。そういう奴らがDMを送りまくっているせいで、私のように実直に活動している誠実な人間がDMを送っても「このフォロワー数でよくDM送ってきたな」と一笑に付されて終わる。

お前が一人でフォロワー数にこだわりすぎているだけではないか。そう思う方もいるだろう。しかしインスタでDMを送る上ではフォロワー数は非常に重要だ。

たとえばいくつかのマッチングアプリでは、相手が異性からどれくらい「いいね」を押されているかが見えるようになっていて、「いいね」数を稼ぐ裏ワザのような情報も有料で売られていたりする。ちなみに私は情報を買ってはいないが、ネットで見かけた体験談によると、写真やプロフィールが同じでも、「いいね」の数によって今までマッチしなかった人とも簡単にマッチするようになったり、メッセージの反応が明らかによくなったりするらしい。

価値があるものはたくさんの人に評価される。それが反転して、価値がなくとも、たくさんの人が評価していれば価値があると錯覚してしまう、そんな人間が多い。
お前の目は節穴なのか。物の良し悪しくらい自分で判断しろよ。その考えはごもっともだが、世の中がもうそうなってしまっている以上、そこで生き抜くには自分を適応させていく他ない。

インスタにおけるフォロワー数は、マッチングアプリでいう「いいね」の数だ。フォロワーが多ければ多いほど価値のある人間だとみなされ、DMをシカトされなくなる。
フォロワーなんてその人に魅力があれば勝手についてくるもので、自分からフォロワーを増やそうとするなんて本末転倒、なんて虚しく浅ましい行為だと思っていた。インスタ映えなんて興味ありません、と色味の悪い写真を数カ月に1回アップして無骨な男を気取っていた。

私が間違っていた。世間を知らない甘ちゃんだった。現在フォロワーの多い男がDMを送りまくってうまくやっている状況で、私は指を咥えて傍観しているしかできない。それが答えだ。

以前は不自然にフォロワーが多い男のフォロワー欄をチェックしては、謎の海外アカウントばかりなのを見て「あいつフォロワー買ってんぞ」と友人に言いふらすなどしていたこともあった。だが、金でフォロワーを買うのも一つの現実的で賢明な選択である。最近はそう思うようになった。フォロワーが100人ならフォローしないけどフォロワーが1万人だったら信用できるからフォローしよう、という発想の人はけっこういる。最初に偽物でもなんでもフォロワーを増やしておけば、勝手に信用度が上がって通常のフォロワーが増えやすくなる。フォロワーが増えればさらに信用されフォロワーが増えるという正のスパイラルが生まれる。

フォロワーが多いとDMが返ってきやすくなるだけでなく、仕事も増える。テレビや出版などメディア系の仕事のオファーを出す人は、候補者のSNSフォロワー数をチェックするのが最近では常識らしい。フォロワーを買っていないせいで来なかった仕事が私にもきっとたくさんあっただろう。

人を数字で捉える考え方は醜い。そういうのは一旦置いといて、今はフォロワーを増やしたい。これを読んだ方は、何かの縁だと思って私のinstagram(@yasunao_yoshida)をフォローしてもらえると幸いである。そして、私のフォロワーが不自然にいきなり1万人とか増えていても「あいつフォロワー買ってんぞ」などと周りに言いふらさないでいただきたい。


吉田靖直 よしだ やすなお

1987年4月9日生まれ。香川県出身。バンド「トリプルファイヤー」ボーカル。音楽活動の他、映画やドラマ、舞台、大喜利イベント等にも出演。コラム執筆も。

イラスト/谷端 実

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup