恋愛

私、だまされてた…?遊び目的のチャラ男が女性に送る口説きLINE3つ

「好きだよ」と言われてお互い両思いで付き合えると思ったら、彼はただの体目的だった! こんな遊び人の男性に騙されないためには、何に気をつけたら良いのでしょうか。

今回は、遊び目的の男性から送られてきたLINEについて、女性の体験談をもとにご紹介します。

1.「付き合うなら○○ちゃんみたいな子がいい」

「知り合ってから毎日LINEを何十通もやり取りしていて『君みたいな子と付き合えたらいいのに』『彼女になってほしい』って言われたことがあるから、いい感じなんだなって思っていたんです。でも、友達経由で『あいつ婚約者いるよ』って情報が入ってLINEで問い詰めたら『そう思った気持ちは本当』と平然と返されてキレました」(24歳・受付)

「付き合いたい」と言っているからといって、彼女がいないとは限りません。実は既婚者だったり、彼女がいる人だったりするので甘い言葉には要注意です。

事前に共通の知り合いにそれとなく確認するなど、防御策をとっておきましょう。

2.「一目惚れした」などの大胆な口説き文句

「以前街コンで知り合った男性で、出会ったその日から『一目惚れだった』『どうしても、一度でいいから会ってほしい』など熱烈にLINEで毎日口説いてきた人がいて。そこまで褒められるとこっちも悪い気はしないじゃないですか。で、会ったらやっぱりお持ち帰りされちゃったんですけど、ぴったりLINEが止まりましたね」(26歳・カフェ勤務)

「かわいい」「好み」など、たくさん褒められるとうれしくなってしまうもの。でも、会えるまではガンガンLINEを送って、体の関係を持ったら連絡が途絶えてしまうというのは完全に遊び目的の行動ですね。

こういうケースでは、いきなり関係を持たずに時間をかけましょう。遊び相手の男性なら「面倒だからもういいや」となっていつの間にか消えていきます。体目当ての相手にされないためには、いきなり体を許してしまわないことも大事ですよ。

3.お酒好きかどうか確認する

「仕事関係で知り合った男性とLINEでたまにやり取りをしていて、お酒が好きって話で盛り上がっていたんです。ある時『打ち合せで御社の近くに行くので飲みませんか』と連絡が来て会うことに。散々飲んで酔っ払って気がつくと家にあげてしまっていました。それからも関係は続いているんですが『そっちに用事がある』という時しか連絡が来ないんですよね」(29歳・PR職)

お酒を飲まない女性に比べると、どうしてもお酒好きの女性は男性から見て「酔った勢いでお持ち帰りできそう」と思われがちなのかもしれません。LINEでは口説いてこなくても、“どのくらいで酔うのか”“酔うとどうなるか”などをさりげなく会話の中でチェックされていたら、下心アリかもしれませんよ。

 

遊び目的の男性の場合、「別に断られたらさっさと他の女性に行けばいいや」と考えています。だからこそ大胆に口説いたり“好き”とにおわせて女性をハマらせることができます。

逆に、真剣に好きになった相手に対しては「振られたらどうしよう」「断られたら嫌だ」と臆病になるので、自分の都合よりも相手の都合を優先させる傾向があります。

だから、グイグイ大胆に押してくる男性の場合は「私のことを第一に考えた誘い方をしてくれているかな?」という視点でみてみましょう。それが遊び目的の男性を避けるポイントですよ。

 

文/上岡史奈 画像/Shutterstock(4 PM production、Marjan Apostolovic、sakkmesterke、Jacob Lund)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE