手土産にぴったり!「高知県・幡多半島」の絶品お取り寄せグルメ5選

長い年月をかけて、波や風の浸食を受けて形成された砂岩の海岸。竜山りゅうざんに沿って広がるたつくし海岸は、日本初の海域公園である竜串海域公園内に位置し、1700万年前の地層が自然の造形美のもとにあるといわれています。ほかにも、日本最後の清流といわれる四万十川しまんとがわや、足摺あしずりみさき大堂おおどう海岸など、手つかずの自然が残された高知県・幡多半島地域。四国の南西端に位置し、高知市内から車で約100~150㎞もの距離があります。アクセス至難な地域だからこそ守られた雄大な自然、古の姿を残す絶景。森、川、海の生態系は、豊かな海産物、農産物を育む食材の宝庫で、素朴だけれど豊かな食文化が今も根付いています。今回は、この地に数ある特産品のなかからCLASSY.ONLINEが厳選した「お取り寄せグルメ5選」をご紹介します!

1.「宿毛冷菓[小夏、直七、文旦]セット」¥1,836(送料別、箱代込み)

タン・プル・タン

高知県宿毛市で開業31年を迎える洋菓子店「タン・プル・タン」。地元の農家や自治体と協力し、地産地消地産外商を目指し、地場産品を使ったスイーツを全国に届けています。「宿毛冷菓」は、宿毛産、高知県産の果汁を使い、ひとつひとつ手作業で充填したゼリー。同じ柑橘素材でも、それぞれに違う味わいを表現するために、柑橘の種類に応じて寒天の量を微妙に変えています。特に『直七』は、宿毛市でしか生産されていない貴重な“幻の柑橘”。酸味に特徴がありますが、その持ち味をしっかりと味わえます。シールや懸け紙のデザインも宿毛市在住のデザイナーに依頼し作った、地域の魅力が詰まった商品です。

2.「きびなごフィレ」¥1,180(送料別)

有限会社土佐佐賀産直出荷組合

「旬の時季に大量に水揚げされた魚や市場に出回らない魚を無駄にしたくない」と、幡多郡黒潮町の浜町明恵さんが立ち上げた土佐佐賀産直出荷組合。創業から20年、漁師やその家族、大学生など、地域の幅広い人々を巻き込んだ加工品製造を通じ、若い漁業者を育てながら、そのプロダクトを全国に発信しています。組合を代表する商品のひとつが「きびなごフィレ」。宿毛産の新鮮なきびなごを一尾一尾三枚におろし、黒潮町天日塩で約3カ月間塩漬けし、チュニジア産有機エキストラバージンオリーブオイルで漬け込みます。シンプルですが、惜しまぬ手間暇妥協のない素材選びが味を決める一品。絶妙な塩加減でお酒が進みます! きびなごは骨がきれいに取りのぞかれていて、そのままでも最高のごはんのおともに。オイルごとサラダに混ぜたり、パスタソースに加えたりしてもとても味わい深く、まるでレストランのような味が自宅で簡単に楽しめます。

3.「ケンボロー豚のフランク」¥1,320(送料別)

山本畜産

清流・松田川が流れる山間にある家族経営の養豚場、山本畜産。「宿毛のきれいな水と空気で育てる安全な豚肉を届けたい」という思いのもと、繁殖・飼育を一貫して手がけています。育てているのは、ケンブリッジ大学エジンバラ大学の協力を得て交配されたケンボロー豚。肉質は柔らかく、あっさりとした旨味と甘味がバランスよくジューシーな味わいで、お年寄りから小さな子どもまでファンの多い豚肉です。もちろん、ストレスなく健康で過ごせる環境や安全な飼料など、豚を第一に考えた山本さんの育て方があってこそ。2020年には農林水産大臣賞を受賞した、高知県が誇るブランド豚です。そのケンボロー豚100%でつくるフランクは、「脂が甘くておいしい」「冷めてもジューシー」と評判。パリっとした歯ごたえで、肉汁がじゅわっとあふれだします。豚肉の旨味が詰まっているので、まずは何もつけずに。パンにもごはんにも合い、ちょっと贅沢なバーベキューにもぴったりの一品です。

4.「土佐の清水〆さば 3枚セット」¥4,380(送料込)

Taiju

高知のブランドさば「清水さば」。四国西南端、足摺半島沖に棲息する瀬付きのごまさばで、伝統の立縄漁法で一本釣りされ清水港に水揚げされるものだけをそう呼びます。その中でも、入札時に目利きし、鮮度と身質のいい「清水さば」のみを仕入れ、その日のうちに加工。出荷まで超低温で保管するなど、鮮度にこだわり、一貫して迅速かつ丁寧に。地元・土佐清水で食べる刺身のような新鮮さを味わえる〆さばを目指しています。鮮度が良く、フレッシュな味わいは一食の価値あり。生姜醤油につけて食べたり、さば寿司にするのもおすすめ。

5.「羊羹ぱん5種類セット」¥1,188(送料別)

菱田ベーカリー

創業70余年、宿毛市「菱田ベーカリー」の看板商品「羊羹ぱん」。発売開始から半世紀を超えるロングセラーで、高知県民のソウルスイーツとして、近年、話題再沸騰中の商品でもあります。羊羹コーティングをしたあんぱんは、菓子パンのような和菓子のような上品かつ満足感のある味で、子どもからお年寄りまで幅広い層に愛されています。定番の5種に加え季節限定のフレーバーもあり、商品バラエティの豊富さも魅力。食べてみれば、なぜか不思議と懐かしい気持ちになれるはず。あんこも羊羹も甘さ控えめで、ぱくぱくとあっという間に食べてしまう美味しさ。一度食べたらやみつきに。

【半島は日本の台所】


日本全国の半島の食文化を新発見するために誕生した、“半島応援メディア”。新鮮で、美味しくて、おしゃれ…いままで知らなかった半島の食の魅力を、多方面からたっぷりお届けします。
もっと幡多半島のこと知りたい人はこちら
twitter @japan_hanto(https://twitter.com/japan_hanto)
Instagram @japan_hanto(https://www.instagram.com/japan_hanto/)
公式Twitterからは、毎週木曜日に各半島の特産品が当たるプレゼントキャンペーンを開催中です!

構成/CLASSY.ONLINE編集室

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup