【舞台『刀剣乱舞』】七海ひろき&瀬戸かずやインタビュー「2人が作品のために一緒に準備したことは…」

大人気シリーズ舞台『刀剣乱舞』、’23年2月から上演される最新作は宝塚歌劇団のOGたちが出演! 全4回にわたりお届けしているキャスト・スペシャルインタビュー第3回は、七海ひろきさんと瀬戸かずやさんのお二人に登場していただきました。

――シリーズとして舞台化されコ

――シリーズとして舞台化されコアなファンも多い舞台『刀剣乱舞』ですが、今回の舞台のお話しがきた時の率直な感想をお聞かせください。
七海 まずは驚いて! 次に喜びました! 私は「舞台『刀剣乱舞』綺伝 いくさ世の徒花」に細川ガラシャ役で出演させていただいたのですが、今回は刀剣男士なんだ!という驚きです。そして、じわじわと憧れの刀剣男士になれる!という喜びが湧いてきました。時間が経って落ち着いてきた今は、事の重大さにプレッシャーを感じているところです。
瀬戸 人気も歴史もある舞台『刀剣乱舞』に、自分が参戦できることを光栄に思いました。そして、出演するメンバーが宝塚のOGだと聞いてとても嬉しかったです。組や期が違う皆がこうやって集まり、舞台『刀剣乱舞』に挑める奇跡に感謝しております。

――舞台『刀剣乱舞』にはどんな印象をお持ちですか?
七海 初めて舞台『刀剣乱舞』の公演を観たとき、一番印象に残ったのは殺陣のすごさです。スピード感と迫力に圧倒されました。また、演者の皆さまを観て「ゲームのキャラクターが生きている!」と感動したのも覚えています。
瀬戸 たくさん拝見させていただき、舞台『刀剣乱舞』の沼にずぶずぶとハマっているところです。今、私の頭は舞台の世界観や刀剣男士のことでいっぱいで…! ふとした時にも思い出しますし、夢にも出てきそうなくらい夢中になっています(笑)。

――殺陣のお話が出ましたが宝塚

――殺陣のお話が出ましたが宝塚での経験を活かせそうですか?
七海 宝塚での経験は少し役に立つと思いますが、殺陣をつけてくださる先生によって体の流れや刀をどこで止めるかなどがまったく違うんです。舞台『刀剣乱舞』のアクション監督を務める栗田さんに指導していただきますが、お稽古を重ねて舞台『刀剣乱舞』ならではの殺陣を身につけたいと思っています。
瀬戸 私は剣は握ったことはあるという程度ですし、なかでも日本刀の経験はほとんどありません。日本刀のさばき方は難しいですね。さらに、私は光源氏を演じるので体をあまり上下させないで流れるように動いたほうがいいとか、新たに身につけないといけないことがたくさんあって…。冷や汗をかきながらお稽古しています。

――作品のビジュアル撮影で印象

――作品のビジュアル撮影で印象的だったことはありますか?
七海 私は(彩凪)翔ちゃんと一緒でしたが、翔ちゃん扮する大倶利伽羅がカッコよくて「キャー!」となっていました(笑)。殺陣も少し見られたのですが、ただ切っているのではなく滑らかな線を描くのが素敵でした!
瀬戸 雪組さんは日本物が多かったので、刀を持つだけで決まりますよね! カイさん(七海さんの愛称)の歌仙兼定もカッコよかったです!
七海 細川ガラシャとして見ていた歌仙兼定に今度は自分がなるんだというのが、最初とても不思議で。自分が歌仙兼定になるために、たくさんのイラストを見て挑みました。あきら(瀬戸さんの愛称)の光源氏は板についている感じだったね!
瀬戸 本当ですか? ありがとうございます! 在団中に平安のお着物を着たことがありましたが、久しぶりだったので緊張しました。着せていただいている時に着付けや所作にいてだんだん思い出してきて。撮影するときは「お袖がきれいに見えるように、腕を少し広げよう」と立ったのですが、この時にしか使わない筋肉を何年か振りに使ったので、懐かしかったです (笑)。

――お稽古が少しずつ始まってい

――お稽古が少しずつ始まっているようですが、この作品に向けて準備されていることはありますか?
七海 上野の東京都美術館で源氏物語に関する展覧会が催されていたので、二人で行って来ました。あきらは花組で源氏物語に出ていたので詳しいと思うのですが、私はそこまで詳しくないので源氏物語を勉強したいと思っています。
瀬戸 源氏物語をテーマにたくさんの作家の方々の作品が展示されていたのですが、同じ源氏物語でもいろいろな視点と表現の仕方があるのだなと感じました。私は宝塚時代に源氏物語に出ていましたが、頭中将を演じていたんです。今度は光源氏の目線になるので、どんな世界が広がるのか楽しみだなと思いました。
七海 上野に行ったのでパンダにも会いに行ったのですが、動物園がお休みで会えなかったんだよね。
瀬戸 残念でした。リベンジしましょう!

――舞台を楽しみにされているお客様へメッセージをお願いします。
七海 私は過去の舞台『刀剣乱舞』作品をすべて拝見しましたが、どれも熱意と情熱がすごいんです!皆さまの思いを引き継いで、私達も誠心誠意務めて参ります! お客さまの期待に応えられるような舞台にしたいと思いますので是非観にいらしてください!
瀬戸 コロナ禍でもくじけることなくファンの皆さまに愛されて続けている、歴史のある舞台『刀剣乱舞』。この舞台に挑戦できることに感謝して、全力でぶつかっていこうと思っています。お客様には私達が作る世界観をしっかりと見届けて頂きたいです!

七海ひろき
‘03年、宝塚歌劇団に89期として入団。宙組に配属。若手時代から美しい容姿で注目される。後に星組に配属され、’17年に『燃ゆる風』で初の単独主演を務める。’19年に退団。退団後は、舞台にとどまらず活動しており、声優としてはアニメ『かげきしょうじょ‼︎』里美星役などに出演。’22年には、ドラマ『合コンに行ったら女がいなかった話』蘇芳役で主演として映像作品にも挑戦。

瀬戸かずや
‘04年、宝塚歌劇団に90期として入団。花組に配属され、色気のある大人な男役として2番手スターとなる。’21年7月退団。同年、花組・月組100周年を祝う『Greatest Moment』、ディナーショー『瀬戸かずやChristmas Dinner Show』、‘22年には初のソロコンサート『The ALSTROEMERIA』を開催。

舞台『刀剣乱舞』禺伝 矛盾源氏物語
原案 「刀剣乱舞ONLINE」より(DMM GAMES/NITRO PLUS) 脚本・演出 未満健一 出演 歌仙兼定:七海ひろき 大倶利伽羅:彩凪 翔 一文字則宗:綾 凰華 山鳥毛:麻央侑希 姫鶴一文字:澄輝さやと 南泉一文字:汐月しゅう/藤壺女御:皆本麻帆 六条御息所:梅田彩佳 葵上:橘 二葉 空蝉:井上怜愛 末摘花:永田紗茅 若紫(Wキャスト):山城沙羅、岡田六花/小少将の君:兵頭祐香/光源氏:瀬戸かずや 他【東京】TOKYO DOME CITY HALL 2月4日(土)~2月12日(日)【大阪】オリックス劇場 2月16日(木)~2月19日(日)●2月4日(土)にライブ配信、2月19日(日)にはライブ配信とライブビューイングが決定!

撮影/木村 敦 ヘア/塩田勝樹(七海さん分)、LISA(瀬戸さん分) メーク/武田サオリ(瀬戸さん分) 取材/よしだなお 構成/中畑有理(CLASSY.編集室)

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup