特集

【宿泊プレゼントあり】まるで別荘!「ホテルインディゴ軽井沢」でのウェルビーイングなワーケーション体験記

コロナ禍からついに3年弱、リモートワークをしながらホテルステイや旅を楽しむ「ワーケーション」が、新たな旅のスタイルとして浸透しつつあります。編集Hもその虜になったうちの1人ですが、そんな私が先日利用したのは、「ホテルインディゴ軽井沢」のワーケーションプラン。今回は、東京から新幹線で1時間ほどで行ける別荘地での、至福の宿泊体験をレポートします。プレゼント情報もあるので、最後まで要チェック!

宿泊券プレゼントあり!アウトレットにも近い【ホテルインディゴ軽井沢】女子旅宿泊記②編集K編

「ホテルインディゴ軽井沢」ってどんなホテル?

軽井沢のぬくもりと歴史に触れられる特別な別荘体験を提供

「ホテルインディゴ」は、その土

「ホテルインディゴ」は、その土地ならではの文化や歴史を取り入れた、ライフスタイル・ブティックホテル。日本では軽井沢のほか、箱根強羅、犬山有楽苑の3カ所に展開されており、それぞれの「ネイバーフッドストーリー」に合わせて雰囲気やコンセプトを差別化しているのが特徴です。「ホテルインディゴ軽井沢」のコンセプトは、“別荘時間”。浅間山の雄大な自然と、文化や芸術が満ち溢れた軽井沢を舞台に、まるで別荘のような体験が叶います。

ホテルの詳しい魅力は、こちらの宿泊レポートから!

宿泊券プレゼントあり!どこを撮ってもオシャレ【ホテルインディゴ軽井沢】女子旅・宿泊記①ライターS編

今回宿泊したのは…「スタンダード ツイン リバービュー(ビューバスタイプ)」

自然を間近で感じられるラグジュアリーな宿泊空間

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    スタンダードルームは、32平米とゆったり。ブルーをポイントで効かせた、オシャレなインテリアに心躍ります。部屋の奥には、自然を一望できる大きな窓があり、開放的。

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    軽井沢在住の木版画家、テリー・マッケーナ氏によるウォールアートにも注目です。館内にもいたるところにアートが散りばめられており、素敵なインスピレーションが生まれそう。オンラインミーティングの背景としてもばっちり映えます。

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    午後のひと時は気分を変えて、雄大な自然を一望できるバルコニーでリモートワーク。東京では味わえない、木々の香りとひんやりとした風が心地よく、リフレッシュできました。

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    ガラス張りの浴室に、大きな女優ミラー……まるで洋画に出てくるようなバスルームに、テンションが上がります。

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    アメニティは、オーストラリア発の自然派スキンケアブランドのもの。細部までセンスのよさが光ります。

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    個人的にテンションが上がったのが、「illy」のコーヒーメーカーです。イタリア老舗の味がお部屋で楽しめます。さらに「BOSE」のBluetoothスピーカーが設置されていたりと、ホテルステイを満喫するためのこだわりが、家電の数々からも感じられました。

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    「illy」のコーヒーと、サービスの焼き菓子(これまた絶品)、そして音質ばっちりのBGMという、最高の空間でのワーケーション。あまりに快適かつ仕事が捗るため、「もはやこの部屋に引っ越したい…」と何度も思いました。

ワーケーションをさらに素敵なものにする、共有施設の数々

ラウンジからリラクゼーションスポットまで、1日中ホテルにいたくなる魅力がたっぷり

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    こちらは、レストラン棟2階にあるプライベートダイニング。11時〜16時の間はワーケーションサロンとして開放されているので、ここでのリモートワークもおすすめです。サロン文化が花開いた軽井沢らしく、その場で居合わせた方とのコミュニケーションの場としても活用できます。

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    ワーケーションプランには、バンブータンブラーの特典が。こちらを1階のオールデーダイニング「KAGARIBI」やロビーラウンジへ持参すると、コーヒーや紅茶を無料でいただけるという嬉しいサービスつきです。

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    宿泊者が24時間使用できるフィットネスセンターは、木を使用したマシンが特徴的。座りっぱなしになりがちなリモートワークの合間に、身体を動かしてみては?

     

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    ジムでのワークアウトのあとは、炭酸泉露天風呂や、サウナが併設された大浴場へ。疲れた身体と頭を、“サ活”でととのえることができます。

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    こちらは、タイ発の人気ライフスタイルスパ「ザ・スパ by HARNN」。世界最高のアロマテラピーブランド「HARNN」のエッセンシャルオイルを使用した、プロのボディマッサージを受けられます。アロマの豊かな香りに包まれながら、頭から爪先まで全てがほぐれる感覚は、まさに天国にいるような気持ちよさ。仕事を頑張った自分へのご褒美になりました。

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    ホテルは、ロビーラウンジ、スパ、ダイニング、客室3棟の計6つの棟で構成されており、その真ん中には焚き火を楽しめるフォレストガーデンが。ひんやりとした外の空気に、パチパチとゆらめく炎が温もりを与えてくれます。景色、温度、音、香り…五感で癒されるスポットです。(※今後も開催予定はありますが、常設ではなく、天候や季節により異なります)

     

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    ファイヤーピッドに併設されたバーカウンターでは、ドリンクの注文が可能。焚き火を囲みながら、ディナー前の1杯としてホットワインをいただきました。コクのあるブドウとシナモンの香りが、冬の夜にマッチします。(※常設ではなく、天候や季節により異なります)

ディナー&モーニングは、軽井沢の新鮮食材に舌鼓を

薪の炎でダイナミックに調理された、地元の魅力溢れる美食を堪能

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    食事は、オールデイダイニング「KAGARIBI」にて。地元の食材を活かした、「薪き火イタリアン」をいただけます。吹き抜けが開放的な店内は、木を使用したアートワークが見どころです。

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    「KAGARIBI」の自慢といえば、薪火で焼き上げた肉料理や野菜料理。大きな窯で焼き上げるピザも、人気のメニューです。シェフとの距離が近いオープンキッチンは、ライブ感満載!

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    まずは、季節で変わるシグネチャーカクテルで乾杯。下はりんごとぶどう、上はグリーンルイボスティの2層構造になっており、トッピングのりんごチップスとハーブを含め、まるっと信州の味を楽しめる1杯となっています。

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    この日は、「ディナー4コース」をいただきました。肉・魚を選べるメインには、信州ポークの肩ローストをセレクト。ハーブのみじん切りとにんにくを塗って巻いた肉を2時間かけて低温調理し、切った断面を薪でグリル。仕上げにピザ窯で焼き目つけるという、手の込んだ調理が施されています。ジューシィな豚の旨味と香ばしさは絶品で、添えられた白インゲンペーストとの相性も抜群でした。

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    メインの他にも鮮魚のカルパッチョや、きのことパルミジャーノチーズのパスタなど、美味しい料理の数々に思わずお酒が進みますが、ドリンクの豊富さも「KAGARIBI」の魅力。フード&ビバレージマネージャー・安藤さんこだわりのリストは、約150種類に渡ります。信州ワインももちろんのこと、とくに感動したのはこちらのグラッパ。ワインを造ったあとの搾りかすでできた蒸留酒で、イタリアでは食後酒として愛されています。日本では置いているお店が少ないので、ここで出合えるとはラッキーでした。

  • 「ホテルインディゴ」は、その土

    朝食は、こちらのダイニングでビュッフェを満喫。和洋豊富なラインナップで、ピザ釜で焼いたモッツァレラチーズの目玉焼きや、ブリオッシュをキャラメリゼしたフレンチトーストなど、ここでしか食べられないメニューが並びます。朝からカロリーオーバー覚悟で、ついつい何周もしてしまいました。

ワーケーションと聞くと、「ホテルに缶詰めで、あまりその土地の雰囲気は感じられない」というイメージを持つ人も多いかもしれませんが、「ホテルインディゴ軽井沢」はホテルの至るところに軽井沢の風情が散りばめられており、宿泊を通して軽井沢の魅力をたくさん発見することができました。広々とした自然に丁寧なサービス、そしてオシャレな空間と、まさに「現実逃避」ともいえるワーケーション旅を、ぜひ体験してみませんか?

ホテルインディゴ軽井沢

〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉字屋敷添18番地39
☎︎0267-42-1100(代表)

1組2名様に宿泊券をプレゼント!

自然に囲まれたコンフォート空間で、素敵なワーケーションを

宿泊条件:1泊2日 ※夕朝食つき
人数:1組2名様
客室タイプ:スタンダードルーム
有効期間:2023年2月1日~2023年6月30日
(除外日:2023年4月29日/5月3日 ~5月6日)
※応募には「CLASSY.Plus」への登録が必要です。
※締め切りは1月8日正午までです。

※ご応募にはCLASSY.Plus会員への登録が必要です。
※このプレゼントはCLASSY.Plus会員限定のプレゼントです。
※ご登録の情報に基づいて、抽選・発送等の手続きを行います。応募前にご登録情報が最新のものであることを必ずご確認ください。
※全応募者の中から厳正な抽選のうえ当選者を決定します。当選発表は、メールにてお知らせさせていただきます。(2023年1月中旬〜2023月2月上旬頃の発送予定)
※賞品(宿泊チケット)はご登録の住所にお送りします。登録情報の不備、転居、長期不在等でお届けできなかった場合は、当選の権利は無効となりますのでご了承ください。
※ご応募いただいた方の個人情報は、この企画の遂行およびCLASSY.Plusの進行運営のために使用し、その他の目的では利用いたしません。個人情報の管理については、光文社が責任を負い、これを厳重に保管・管理いたします。

編集/平賀鈴菜(CLASSY.ONLINE編集室)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus