恋愛

コレは使える!彼ママに好印象を残す発言4選

恋愛は自分と彼の間だけで成立しますが、“結婚”は双方の家族も巻き込むもの。「結婚したい」と思ったとき、“彼ママをどう攻略するか”は、最も重要な課題でしょう。

彼ママに気に入ってもらえたら、結婚は決まったも同然。そのためには、好印象を与える発言を意識してみましょう。

今回は、“彼氏の母親にさりげなく好印象を残す発言”を4つご紹介します。

「まだ他人」を意識して、礼儀正しく

彼氏の親が、息子の妻となる女性に好印象を抱くきっかけはさまざま。結局は、彼ママの性格や、息子の結婚にどんな印象を抱くかによるので、事前に彼からご両親の人柄を聞きだしておくことは必須。

ただ、どんな親にも共通するのは、“礼儀正しい女性に好感を抱く”ということ。そして、自分の息子が何よりかわいく、“妻となる女性にはかなり厳しい目を向ける”ということです。

彼とはもう夫婦になったかのような気持ちでいても、彼ママからすれば、あなたはまだ赤の他人。笑顔でウェルカムな態度を見せていても、シビアな目でジャッジしていることを忘れずに。

そのため、彼の両親に挨拶する段階で夫婦ヅラをするのは、彼ママからすれば面白くありません。むしろ、「彼にはいつも良くしてもらっているんです。ありがとうございます」という、一歩引いたスタンスを取ると好印象です。

また彼のことはニックネームや君づけではなく、下の名前で『○○さん』と呼び、「初めまして」「ありがとうございます」「よろしくお願いいたします」などの挨拶はキチンとすること。そして、聞かれたこと以外を無用に喋らないようにしましょう。

彼ママを喜ばせる!「手伝いましょうか?」

彼の自宅で食事をごちそうになるなど、彼ママが立ち働くようなシチュエーションでは、すかさず「手伝いましょうか?」と声掛けをすると好印象を持たれます。それも、ただ言うのではなく、必ず腰を浮かせたり、立ち上がったりして『今すぐにでも動けます』という積極アピールをすることが大事。

結婚すれば、お盆やお正月には家族が集まり、彼ママは食事の支度などにてんてこ舞いの状態になるはず。その中で、息子の妻がキビキビ動いてくれることは、かなり心強く、高ポイントなのです。

筆者には兄がいて、いとこも男が多いのですが、母や叔母が息子の嫁について語る様子は、なかなか戦慄モノです。身内が集まる場での「嫁が動かない」という愚痴は、必ずといっていいほど聞きます。

おとなしくしていても「気が利かない子」と思われるだけ。積極的に彼ママを助けるようにしましょう。

さりげなく「家事はちゃんとできます」発言を

料理などが得意な人はもちろん、そうでない人も、彼の両親には“家事が一通りできて、生活をともにするパートナーとして申し分ない”ことを匂わせる発言を心がけましょう。

今は夫婦共働きが当たり前で、「夫は外で働き、妻は主婦として家を守る」という昔ながらのスタイルが崩れつつありますが、親世代ではまだそうした価値観を持つ人がたくさんいます。あるいは、彼の出身地によっては、亭主関白が当たり前というところも少なくないはず。

また、彼ママからすれば、嫁はぶっちゃけ「自分の代わりに息子の世話をしてくれる人」というイメージです。キャリアウーマンタイプや家事が苦手なタイプは、まだまだ歓迎されないこともあるでしょう。ママとしては、ロクに家事もできない嫁をもらったばかりに息子が苦労する……という状況を絶対に避けたいのです。

そのため、実際の結婚生活がどうなるとしても、彼ママには「料理が好き」「掃除にはこだわりがあって」といった発言をさりげなくしておくと、好印象に。

もし「彼と家事育児を分担して、結婚後もバリバリ仕事したい」と思っていても、彼ママに本音を話すのは時期を見計らったほうがいいようです。

顔合わせの前後はフォローをしっかり!

例えば、男性と食事に行く際は、前もって「今日はよろしくね」といった内容のLINEを送り、当日はお別れした後に「ありがとう!」とメッセージを送りますよね。

彼の親に会う時も同じで、会うことが決まったら彼を通じて「お会いできることを楽しみにしています」というコメントをまず伝えてもらいます。そして、顔合わせの後は、彼から電話をかけてもらってお礼を口頭で伝えるか、LINEかメールで「お忙しいところお時間を作っていただき、ありがとうございました」と送ってもらうことを忘れずに。

結婚すれば、彼ママとは少なくとも年に2~3回は会うことになり、干渉しがちなママであれば、月に数度は顔を合わせることになるはず。この縁は、離婚でもしない限り生涯続きます。

自分のこれからの人生を左右するかもしれないキーパーソンにもなり得るので、本来のキャラとは少し違っても、「礼儀正しく、従順で慎ましやか」な発言が安全。「始めが肝心」というように、やはり最初は丁寧にしておいて損はないでしょう。

 

彼ママに好印象を残す発言の数々、いかがでしたか? これから彼ママとの顔合わせを控えている方々はぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

文/沙木貴咲 画像/Shutterstock(Photographee.eu、YAKOBCHUK VIACHESLAV、Kzenon、VGstockstudio、Roman Samborskyi)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE