特集

磯村勇斗さん初主演映画『ビリーバーズ』「土に埋まったり…普段ない体験の連続でした」

テレビで見ない日はないほど活躍している、若手人気俳優の磯村勇斗さん。先日はカンヌ国際映画祭でレッドカーペットを歩き、上映後はスタンディングオベーションを受けました。そんな磯村さんの初主演映画『ビリーバーズ』が7月8日(金)に公開。本作にかける意気込みを余すところなく答えていただきます!

磯村勇斗さん人気記事

カンヌで話題の映画『PLAN 75』|磯村勇斗さんは脚本にひとめぼれだった

初の主演映画を受けたときの気持ち

——初の主演映画を受けたときの

——初の主演映画を受けたときの気持ちを教えて下さい。
主演ということは特に気にしていなかったのですが、『ビリーバーズ』の原作と脚本を読んだときに刺激的で面白そうだなと感じたんです。演じている自分を想像したときに、先が見えない感じもあり…。やりがいがありそうだと思ったのでお受けしました。

——原作と脚本を読んだときの感想はいかがでしたか?
まず原作を読んだのですが、カルト的集団の信者3人が無人島で暮らすうちに人間の本性や素の部分がむき出しになる姿が描かれていて…。これを漫画の絵や文字だけにしておくのはもったいない、映像化したらどんなに面白いだろう!と思いました。
原作を読んだあとは脚本を読む込むようにしているのですが、宗教的な話なので気持ちを理解するのが難しかったですね。でも、全体を引いてみた時に、この3人の話はここだけのことではないのではないか?と思ったんです。これは自分たちの世界でも同じようなことが起きていると思ったとき、理解することができました。

実際に演じてみて、印象に残ったシーン

——実際に演じてみて、どうでし

——実際に演じてみて、どうでしたか?
現場に入ったら、そんなに難しさを感じませんでした。読んでいるときは、このシーンはどう展開するんだろうと思っていましたけど。現場で3人揃ってやってみると、不思議と成立していくんです。これは初めての感覚でした。原作の山本直樹さんの台詞の面白さを、そのまま城定秀夫さんが脚本に落とし込んでくれているからなんだなと思いましたね。

——特に印象に残っているシーンを教えてください。
どのシーンも濃かったので…、どれも印象に残っていますが。議長役の宇野祥平さんがおかしくなっていく姿を傍観しているのは、個人的に好きなシーンです。副議長役の北村優衣さんと2人で絡み合っていき、最後の方は濡れ場もありますけど。自然の中だったのですごい開放的な気持ちになれて、いい経験でした。土に胸元まで埋められるシーンもあるのですが、普段体験できないことなので面白かったです(笑)。

現場の雰囲気、ファンへの声

——現場の雰囲気はどうでしたか

——現場の雰囲気はどうでしたか?
3人のシーンが多かったですが、現場でも仲良かったですし、今も仲いいです! 宇野さんと北村さんがいなければ成立しなったと思うくらい、息が合っていました。初日は3人でテーブルを囲んで話すシーンから始まったんですけど、皆が同じように呼吸しているのを感じて、大丈夫だって思ったのを覚えています。この作品は演者だけでなくスタッフも全員が同じ方向を向いていた気がします。そうはいかない現場もあるんですけど、今回は本当に恵まれていたと思います。結局は現場で生まれるものがすべてですから。

——この映画を観たいと思っているファンの方に一言お願いします。
カルト集団の話なので、共感するかどうかは観てくださった方の考え方でいいのですが。彼らは俗世間といわれる汚れた世界から逃れるために無人島で生きているんです。それは世界的にいろいろな争いがある今の世界から逃れたい気持ちと共通するところがあるなと感じています。この時代に『ビリーバーズ』を公開できることに意味があると思っているので、皆さまそれぞれに何かを感じていただくことができたら嬉しいです。

磯村さんの「ウェルビーイング」

——CLASSY.では、無理の

——CLASSY.では、無理のない範囲で自分を高め、自分だけでなく周りも幸せに生きる「ウェルビーイング」な暮らしを理想としています。磯村さんが心掛けている「ウェルビーイング」な行動を教えてください!
自分は何しているだろう……「深呼吸」をすることだと思います!
小さなストレスでも溜まってくると、態度に出てしまいますよね。イヤな感情が顔に出たり、言葉がきつくなったりして、相手を傷つけてしまうと思うんです。そんなことにならないように、深呼吸をして心に一回余裕を持つようにしています。まずは、朝起きたときに思いっきり深呼吸を。仕事中はあまり人がいないところで、はーっと。現代人は呼吸が浅いと言われているので、しっかりと肺に空気を送って血流を高めることが大切です。心と体が健康になりますよ!

プロフィール

磯村勇斗
1992年9月11日生まれ。静岡県出身。『仮面ライターゴースト』で注目を集め、連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロインの夫を演じ、脚光を浴びる。多くの話題映画やテレビドラマに出演し、去年一年間だけでも17作品となる。2020年にはWOWOW開局30周年プロジェクト「アクターズ・ショート・フィルム」の監督として参加し、短編映画『機械仕掛けの君』を手掛け、新境地を切り開く。2022年には『ヤクザと家族The Family』『劇場版 きのう何食べた?』の2作品で第45回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

2022年は『前科者』『ホリック xxxHOLiC』『PLAN 75』に続き、映画初主演となる本作『ビリーバーズ』など、8月までに6作品の劇場公開作品がある。

磯村さん 主演映画詳細

『ビリーバーズ』汚れた俗世よ、さようなら―
宗教的団体に所属し、無人島で共同生活を送っている男女三人。瞑想や夢の報告など、不可解な指令を実行しながら、最低限の食糧でギリギリの生活を送っている。これらは俗世の汚れを浄化して安住の地へ出発するための修行なのだが…。僅かなほころびから三人は徐々にお互いの本能と欲望を暴き出してゆき…。人気若手俳優No.1の磯村勇斗が映画初主演を務める話題作が、今夏上映される。

●2022年7月8日(金)よりテアトル新宿ほか全国順次公開
原作:山本直樹(「ビリーバーズ」小学館「ビックスピリッツコミックス」刊)
監督・脚本:城定秀夫
音楽:曽我部恵一
出演:磯村勇斗 北村優衣 宇野祥平
©山本直樹・小学館/「ビリーバーズ」制作委員会

【衣装】ジャケット ¥71,500〈Sasquatchfabrix.〉パンツ ¥35,200(ともにビームス 原宿︎03-3470-3947)、シャツ ¥28,600(DISCOVERED/ディスカバード︎03-3463-3082)、シューズ ¥10,450(OPPOSITE OF VULGARITY/ヘムトPR ︎03-6721-0882)
撮影/平井敬治 ヘアメーク/佐藤友勝 スタイリング/齋藤良介 取材/よしだなお 編集/鈴木日向(CLASSY.編集室)

あわせて読みたい

カンヌで話題の映画『PLAN 75』|磯村勇斗さんは脚本にひとめぼれだった

【長谷川博己&綾瀬はるか】話題の映画で「泳げない男」と「水泳コーチ」に!【特別インタビュー】

【注目若手俳優!豊田裕大さんインタビュー】「映像を通して動きの中で色艶が出せるような役者を目指したい」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus