独身アラサー女性マンション購入の罠【新築か?中古か?】ー編集M、家を買うvol.4ー

約1年前、コロナ禍で突然「マンションを買おう!」と思い立ち、購入に踏み切った編集M。その内容は本誌でも紹介しました。ところが想定外の落とし穴にはまり、購入を一度断念。なぜ断念したのか?そしてついにたどり着いた新居は…? 編集Mが再び発起し、マンション購入に至るまでの過程を、事細かに紹介します!

独身アラサー女性マンション購入の罠【新築か?中古か?】ー編集M、家を買うvol.4ー

実物を見られる中古か?ぴかぴかの新築か?

ライターY(以下Y)「住宅ローンの審査や控除制度についてはわかったけど…とはいえ肝心のマンション選びをもう一度やったんだよね。絶対に大変! 何からやった?」

編集M(以下M)「まずはネットで探して、気になったら内覧、を繰り返していました。約1年前から探していたので、新築も中古も合わせて実際に足を運んだのは全部で10件くらい。最初は実際の部屋を見ることができた中古マンションが気に入りました」

Y「実際の部屋を見られるのは中古マンションのいいところだよね」

M「そうですね。でも、もう一度マンションを探したとき、実際に見られないことが多い新築でもブランドマンションはアリだなって思ったんです」

Y「それはどんなところによさを感じたの?」

M「マンションって大手不動産会社の建てた“ブランドマンション”と、そうじゃないマンションがありますよね。ブランドマンションは不動産会社がやっているだけあり、内装の質がある程度は担保されていたり、マンション管理もグループ会社がやっていてしっかりしていることが多かったので、それだけで十分安心感があったんです」

Y「なるほど。ノーブランドでもちゃんとしているマンションはあるんだろうけど、出合わなかったんだね」

M「はい、私がいいなと思ったのはだいたいブランドマンションでした…。新築マンションだと買うときにモデルルームしか見られないことがほとんどですが、ブランド名がついていると、すでに建っているマンションやサイトを見て、建物やエントランスなどをイメージすることができる!って思ったんです」

Y「街を歩けばブランドマンションが見つかるから、比較して自分が住むならって考えるの楽しそう! ブランドはどう決めたの?」

M「服と同じ様にマンションのブランドもそれぞれイメージや価格帯があるんですよね。私は実際に調べていていくつか気になるブランドがあったので、そのブランドに絞って探そう!と決めスタートを切りました」

Y「ちなみに値段はどうだったの? 新築の方が高いイメージがあるけど…」

M「私もそう思ってたんです。広告費とかあるから、絶対中古が得だ!って。でも実際に見ていくと、中古は結局水回りのリノベとか必要なことがあるから、かかる金額にそこまで差がない気がしました」

Y「そうか、築浅ならともかく、10年くらい経ってたら水回りはリフォームしたいよね!」

M「すでにリフォーム済みの中古物件もありましたが、ピンとくるものがなく…。結局、そこまで金額的に大きな差がないなら、中古にこだわらなくてもいいな、と私は感じました」

Y「今はマンションの値段も上がってると聞くから、余計に中古=安いとはならないのかもしれないね」

イラスト/菜々子 取材/よしだなお 構成/CLASSY.編集室

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup