恋愛

あなたは訴えられるタイプ?不倫に向いていない女性の特徴3つ

雰囲気に流されて始まるケースからお互いが好きで始まるケースまで、不倫のきっかけは人それぞれですが、きっと始めは「辛いだろうけど耐えられる」「きっと割り切れるはず」と思っている方が多いのでは? しかし、不倫は想像以上の辛さを伴う恋。その辛さによって、自分自身を見失ってしまう人もいます。そして、タイプによっても、不倫に向いている人と向いていない人がいるのです。

では、不倫に向いていない人はどんなタイプの人なのか、その特徴をご紹介します。

1.依存してしまう

不倫の恋は、会いたいときに会えるわけではありません。どんなに寂しくても、耐えなければいけない時間がかなり多いのです。そのため、恋愛体質で恋人に依存してしまうタイプの人は、不倫の恋をより辛く感じてしまいます。

不倫での連絡の取り方はかなり注意が必要ですが、寂しさに耐えられず「寂しい」「会いたい」なんて連絡をしてしまったら、バレる危険性大。物理的にも精神的にも依存を許されない不倫には、手を出さないほうが身のためです。

2.自分に自信がある

男性側が不倫相手をどんなに好きでも、優先順位の1番にしてもらえることはありません。不倫はバレてはいけない秘密の恋愛。男性側は、自分の生活を壊さずに女性と付き合っていたいと思っている人がほとんどなはずです。

自分に自信がある人は、「どうして私が彼の都合のいい恋人にならなきゃいけないの?」と次第に怒りの感情が沸いてしまうかもしれません。大切にされていないとも感じてくるでしょう。その怒りで派手な行動をとってしまう可能性もあるので、不倫には不向きといえます。

3.嫉妬深い

不倫は嫉妬との戦いです。そしてその相手は奥さん、絶対に勝てることのない相手です。不倫を始めたころは「家庭を大切にしてね」「私のことが一番好きだってわかっているから大丈夫」なんて言っていても、相手を好きになればなるほど、その気持ちは薄れていきます。

きっと彼から奥さんの話が少し出たり、奥さんにたわいもない連絡をしているだけで、嫉妬心が沸き上がってくるはずです。そして嫉妬から、自らバラしてしまったり、バレるような行動をとるケースもあるので、かなり危険。

そもそも愛人を続けている限り、奥さんに嫉妬することはお門違いなこと。それを理解できるからこその葛藤もあるので、嫉妬深い人にとって不倫の恋は難しいでしょう。

 

向いているタイプと不向きなタイプがあるにせよ、不倫は選ぶべきではない恋です。今回ご紹介した特徴が当てはまった人は、不倫に走ることがないよう特に注意してくださいね。

 

文/桜井美穂子 画像/Shutterstock(areebarbar、kittirat roekburi、4 PM production、fizkes)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE