恋愛

DV・ヒモ・モラハラ男に捕まる女性の共通点4つ

ヒモ男、DV男、浮気男、モラハラ男……。そんな危険なタイプの男性を渡り歩いてしまう女性がいます。

自分が幸せになれない恋愛はトラウマになるだけで、何のメリットもありません。わかっていてもなかなか回避できない女性には、危ない恋にハマってしまう共通点があったのです!

今回はそんな女性たちの特徴と共通点をご紹介。あなたは大丈夫ですか?

■自己評価が低く「どうせ私なんて…」が口癖

ダメ男との危ない恋にハマる女性は、自己評価が低い傾向があります。

幼少期の体験や親との関係性などが原因で、自分がどうしても価値ある人間だと思えない。そんな人は、魅力的であるにもかかわらず、「どうせ私なんてダメ」「私なんかが愛されるわけない」と思い込みがち。悲観的で自虐的な発言が多いため、男性には面倒くさい人と思われてしまいます。どんなに美人でも、モテることがあまりないのです。

それだけに、卑屈な面倒くささも含めて受け止めてくれる男性が現れると、身も心も捧げてのめり込んでしまいます。彼氏に依存することで自分の存在意義を見出すため、「彼氏が絶対」と服従してしまう傾向に。

ヒモ男やモラハラ男にとって、自己評価が低い女性は、自分の思いどおりになる絶好のカモ。「どうせ私なんて」が口癖の女性は、ひそかに狙われているはず。自信をつけて自己評価を高めないことには、危ない恋を回避できないかもしれません。

■「彼に捨てられたら、誰からも相手にされない」と思っている

精神的に自立できず、恋愛依存や彼氏依存が激しいタイプは、「彼に捨てられたら生きていけない」と悲観しがち。ひとりになることを極端に恐れる寂しがり屋な女性、彼氏に求められることで存在意義を見出す女性は、ダメ男に狙われやすく、危険な恋にハマってしまうでしょう。

このタイプは、恋愛を拠り所としていて、ひとりの時間を楽しめないことが多いようです。視野が狭く、しっかりとした自分を持っていないために、たとえ彼に暴力を振るわれても「私を愛してくれるなら……」と依存してしまうのです。

見捨てられてひとりになるよりは、ダメ彼氏がそばにいるほうが幸せだと思うのかもしれません。でも、仕事や趣味などに恋以外の楽しみを見出せれば、「なぜ、あんなダメ男に時間を費やしていたんだろう? 」と不思議に思えてくるはずですよ。

■愛情と同情を見誤りがち

お金を取られたり、自分の本心を押し殺して彼氏の言いなりになったりする女性は、愛情と同情を見誤っていることがほとんど。

「お金がないからかわいそう」「仕事がうまくいかなくて無職の彼が不憫」などと考えるのですが、ダメ彼氏が貧乏でニートなのは、すべて彼のせい。「かわいそう」と思うこと自体が間違いだと気づいていないのです。

「かわいそうな彼を愛せるのは私だけ」と、彼にとって特別な存在になったつもりでも、実際にはATM扱いされたり、モラハラで憂さ晴らしをされたりするだけ。ダメ男との恋愛に幸せな未来はないでしょう。

■優しさと甘やかしの区別がつかない

危ない恋にハマってしまい、不幸になってしまう女性は、彼氏を甘やかしていることが多いもの。しかも、それを優しさと勘違いしている人もいます。彼氏を甘やかして、やりたい放題させることを、まるで『彼女のつとめ』でもあるかのように感じているはず。

ですが、浮気されて「しょうがない」と許したり、働かない彼にお小遣いをあげたりするのは、愛でも何でもありません。彼女を悲しませ、不安にさせるダメ彼氏には、甘やかさず厳しい態度をとるべきでしょう。

 

いかがでしたか? 危ない恋にハマりがちな女性は、基本的に視野が狭く、自分を粗末に扱いすぎる傾向にあります。「私はもっと幸せになれる」「もっと素敵な男性に愛される魅力がある」と自信をもってください。卑屈は謙遜とは別物で、幸福を遠ざけるもの。良かれと思って「私なんて、どうせ……」と言っているなら、今日から改めてみて。ネガティブ思考をポジティブ思考に変えて、自分を褒めることに慣れることからはじめてみましょう。

 

文/沙木貴咲 画像/Shutterstock(BlueSkyImage、Aleshyn_Andrei、Africa Studio、Dean Drobot、WAYHOME studio)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE