【離婚の現実】30代離婚女子がぶっちゃけトーク「独身に戻って嫌だったことは?」

離婚する人がもっとも多いのは30代前半のCLASSY.世代なのを知っていましたか?それくらい「離婚」は誰にでも起こりうる人生の選択肢の一つです。同世代の離婚の体験談や法律やお金の話、最新の離婚事情やパートナーシップの変化まで、離婚のリアルをお届けします。

離婚するまで、そして独身に戻ってから…みんなどうだった?座談会

実際に離婚となると何が大変?離婚した後にはどんな生活が待っている?離婚を経験した30代女性3人に離婚「するまで」「してから」の体験談を語っていただきました!

「離婚」の現実を語ります!

世間体を気にする必要はないけれど離婚しなくてもいい道も探ってみてほしい

K:今思うと最初の結婚は無意識に年収や家柄とか、ルックスとかスペックで相手を選んでいたと思う。自分に本当に必要なものが自分自身でわかっていなかったなー。
A:わかる!私もエネルギッシュに深夜までバリバリ働く人がカッコよく見えていた時期があった。元夫も恋愛中は刺激的で楽しい関係だったけど、結婚になるとしんどい相手だった。「こんな思いをしてまで、収入が高い人と一緒に暮らすことが幸せにはつながらない!」と思っちゃった。
M:私はもはや結婚はムリ!って感じで…。一人暮らしが快適すぎて、二度と誰ともリズムを合わせることができない気もしてます。
N:夜中に1人で自分の好きなDVDを爆音で見られる環境が楽しくてしょうがなかったな。いつ寝てもいいし。
M:わかる。いつ寝てもいいし、いつ食べてもいい!
A:あとは離婚直後はお誘いが増えてモテている感覚を味わってた。飲み歩いて第二の青春を謳歌して、めちゃくちゃ楽しかった!
K:私もいろいろなところに一人旅できて、自由で解放感があって楽しかったけど、一生続けばいいとは思わなかったかな。
A:私も一年くらいで寂しくなってきたな〜。家に帰っても暗いし、家賃も全部自分で払わなきゃだし、日常のささいなことを話せる相手もいない。
M:最近は「一生1人なの?」という気持ちがある。今の私には子どものいない男女が一緒に住むメリットがわからないから、もし再婚するモチベーションになるなら子どもかな。
K:確かに私も再婚したのは、子どもがほしかったからもある。日本で子どもを育てるなら、事実婚だとどちらの姓にするのかとか、いろいろな問題が出てくるし。
A:私も40歳までに子どもがほしいと思って再婚したから、子どもは大きいよね。
K:今は幸せだけれど、私の離婚は子どももいたし簡単じゃなかったから、離婚を考えている人には、まずは離婚せずにいられる道も探ってみてほしいと思う。
M:私の場合、本人どうしは彼氏と彼女が別れるくらいの簡単さで離婚したけど、親が寝込みそうになるほどショックを受けていたので、離婚は親を悲しませるというのはありますよね。あとは、彼のお母さんがすごくいい人だったので、もう会えないのは大きな心残り。
A:私は離婚してよかったし、もし世間体を気にして離婚を迷っているなら、離婚して後ろ指をさされる時代でもないよと言いたい。周りでも彼と何年も同棲していても籍を入れていない事実婚状態の人もいたり多様化しているし。子どもがいないなら、一緒にいて自分の気持ちが下がるとか、マイナスのほうが多いなら、離れたほうがお互いにとっていい人生になると思う。ただし、女性に経済力があることは前提で!

イラスト/二階堂ちはる 取材/加藤みれい 再構成/Bravoworks.Inc

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup