特集

祝メジャーデビュー!注目グループ「BE:FIRST」を紐解く10のキーワード【前編】

デビュー前から勢いが止まらない7人組ボーイズグループ「BE:FIRST(ビーファースト)」がいよいよ11月3日(水・祝)にメジャーデビュー。初々しさを残しつつも快進撃が止まらない彼らって、一体どんなグループなの? “SKY-HIさん”“富士山合宿”など「BE:FIRST」にまつわるキーワードをフックに、ボーイズトークを展開!前編は【SOTAさん&RYUHEIさん&JUNONさん&LEOさん】の4人が登場です。

デビュー前から話題「BE:FIRST」って?

祝メジャーデビュー!注目グループ「BE:FIRST」を紐解く10のキーワード【前編】

SKY-HIが立ち上げたマネジメント/レーベルBMSG主催のボーイズグループオーディション“THE FIRST” から生まれた7人組ダンス&ボーカルユニット。オーディションの様子はHulu、スッキリで配信され、仲間とともに奮闘しアーティストとして成長していく姿に日本中から声援が集まる。8月に配信リリースされたプレデビュー曲『Shining One』は各種配信サイトで1位を獲得し、話題を席巻。11月3日(水・祝)にデビューシングル『Gifted.』のリリースを控え、11月5日(金)には初のワンマンライブを開催予定。

https://befirst.tokyo/

「BE:FIRST」を紐解く10のキーワード

今回トークするのは…【SOTAさん&RYUHEIさん&JUNONさん&LEOさん】の4人!

キーワード❶「SKY-HIさん」

— 改めて皆さんから見た、SKY-HIさんはどんな方でしょうか?

LEO「メンバー全員感じていると思うんですが、SKY-HIさんはとにかく愛に溢れた人だなと。どんなに忙しい時でも愛を持って接してくれるので、オーディション中も安心してパフォーマンスに集中することができましたし、気軽に相談できる環境も作ってくれました。懐が大きくて、アーティストとしても人としても尊敬できるところがたくさんあります」
RYUHEI「誰しもが憧れる理想の人で、まさにパーフェクトヒューマンというか」
JUNON「非の打ちどころがないよね」

— YouTubeの企画で、SOTAさんとLEOさんは『SKY-HIに物申す!』というトークテーマを引き当てたこともありましたよね

LEO「本当にあれはないんですよ!絞り出しましたけど…ないので、しょうがないです」
SOTA「普通に生きていく中で、近くにいる大人に今の言葉ちょっと嫌だったな…とか絶対に経験としてあるじゃないですか。でもSKY-HIさんに対して、これ嫌だったなって思ったことが一切ないんですよ」
LEO「物申す内容が全然なくて…。実際、何を言えば良かったんだろうね(笑)」
JUNON「俺、あのお題だけは引きたくなかったもん(笑)」

— SKY-HIさんの完璧でカッコいいところは日々実感していると思うんですが、逆にこんな可愛い一面を見た!など、SKY-HIさんの意外な一面を見た経験はありますか?

RYUHEI「お化け屋敷かな。富士急のお化け屋敷にみんなで行った時に」
LEO「意外とビビってた?」
RYUHEI「ビビってたのはビビってたんだけど、社長いわく驚くっていうスリルを楽しんでいたらしくて。MANATOくんが強すぎたっていうのもあるんだけど(笑)」
SOTA「へー! お化け屋敷一つでその考えに辿り着くのすごくない?」
RYUHEI「もともとお化けとか怖くないタイプだから、お化け屋敷も平気だし楽しいよ!っていう感じではなくて、すごい怖いけどそれが面白いよね!みたいな。そういう考えなんだ…ってびっくりしました」
LEO「社長の可愛いところであり素敵なところでもあるんですけど、僕らがたわいもない話で盛り上がっている時に『なになに?』って輪の中に入ってきて、一緒に盛り上がってくれるんですよ。僕たちが勝手に大喜利を始めた時も、自らお題を言ってお題に答えてみたいな。少年の心を持っている人で、可愛いなと思いました!」

キーワード❷「日本発」

— THE FIRSTというオーディションが始まるきっかけに「日本の新しいカルチャーを作る」という大きなテーマがありました。皆さんが「日本」にこだわった理由や、「日本」にかける思いを教えてください。

LEO「SKY-HIさんもおっしゃっていたと思うんですけど、今まで日本から海外に向けて発信しようとする環境があまりなかったんですよね。僕も韓国でトレーニングしていたことがあって、日本人ですごい上手い子はたくさんいても、そういう子が集まったグループはあまりないなと痛感していました。そんな中SKY-HIさんのプロジェクトが始動して、最初の一歩を踏み出した感はありましたし、THE FIRSTを受けた人は『やっときた!』って思ったと思います。僕も日本発っていう環境に、二番煎じじゃない雰囲気があって惹かれました。BE:FIRSTは日本の音楽業界にとっても大きな一歩になるんじゃないかなと思うので、そのためにも自分たちはもっと頑張らなきゃいけないなと思います」
RYUHEI「SOTAくんどうですか?」
SOTA「日本発はSKY-HIさんが誰よりも早く叶えたい夢として、オーディション募集時からずっと掲げられていたものですし。そのテーマに惚れ込んで集まって、最終的に厳選されたのがBE:FIRST。やっぱり日本発っていうところには強い思い入れがありますし、僕ら自身も意識しているところではあります。今後はカルチャーを作るっていう意味で、BE:FIRSTの音楽がいわゆる日本っぽい音楽だよねってなったらいいなと思います。K-POPといわれれば、BTSさん、BIGBANGさんというような。今の日本の音楽シーンは、他の国で惚れ込んだカルチャーを応用する形が多くて、日本独自のカルチャーって少ないように感じるんです。だからこそ今度は真似される側というか、唯一無二の太い音楽の形を僕らが作り上げて、海外に広めていきたい。カルチャーを作るってすごく大きいことで口だけに感じるところもあるかもしれないんですけど、BE:FIRSTにはそれを叶えなきゃいけない使命があるので。そのために結成されたグループなんだっていうことを忘れずに、このまま頑張っていきたいなと思います」
LEO「100点じゃないですか。素晴らしいですよ、SOTAくん」
RYUHEI「いや、1,000点です!」
LEO「やればできる子。YDK!」
JUNON「漢字を変えて日本初っていう意味でも『日本のアーティストで初めてこれをやりました!』みたいなことをたくさんしていきたいですね。色々なシーンで快挙といわれるものを多く成し遂げたい」
RYUHEI「日本初っていう言葉をたくさん聞けたら良いですね」
LEO「初って後にも先にもないからね」
JUNON「初って言われたらその後は初じゃないから。自分たちで、その初になる項目を消していきたいです」
SOTA「日本初って、世界初にも結びつくと思うんですよ。最近インドの音楽とか映画が話題になっていますけど、いわゆるインドっぽいって言われるものはインドのスタイルとして確立されたものなので、世界初としても通じる。日本もインドと同様に文化的なカルチャーがしっかりしている国なので、日本の持つ繊細さとかを武器に音楽に結びつければ日本っぽいものが生まれますし、世界的にも新しいものとして注目される気がします」

キーワード❸「アーティシズム」

— 常に皆さんの近くにあった「アーティシズム」という言葉に対して、どんな印象を持っていますか。

RYUHEI「アーティシズムはそれこそ一番最初からあった言葉。SKY-HIさんからアーティシズムって初めて聞いた時はぶっちゃけどういう意味か分からなかったんですけど、THE FIRSTっていうオーディションで一番大事にしていた言葉なんじゃないかなと」
LEO「僕はアーティシズム=各々の個性だと思っていて。それぞれの個性が光り合うことで、アーティシズムが完成するというイメージがあります。RYUHEIも言ってくれたようにこのオーディションでは個性を殺さないっていう意図がありましたし、それぞれの個性と音楽が結びついて色々なアーティシズムが生まれていた気がする」
JUNON「未だにアーティシズムって明確に言うとどういうことなんだろうって思う時もあるんですけど、アーティシズム自体はみんな持っているものなんじゃないかなと思っていて。個性はみんな持っているものだし、それをどう光らせられるかが審査での基準にもなっていたんだと思います」
SOTA「SKY-HIさんがアーティシズムはステージ上で自分が何者かということを証明できる力って言ってたんですけど、本当にその通りだと思います。JUNONくんが言ったように原石は誰もが持っていて、それを自分でどう磨けるかっていうところですよね。アーティシズムにおいて強い人は、自分の好きなものや得意なものを努力の過程でとことん磨き上げて、自分のスタイルを確率させている人なんじゃないかなと思います」

キーワード❹「モチベーション」

— オーディション中は常に時間との戦いだったと思いますが、忙しい中でそれぞれどのようにモチベーションを保っていたんでしょうか。

RYUHEI「初めの頃は本当にキツかった…」
JUNON「俺は合間合間のバーベキューとか、ちょっとしたご褒美で息抜きすることでモチベーションを保てていました。合宿中はほぼ携帯も触れずに、一日中音楽のことを考えていたので。あとはお風呂の時間。お風呂から出た後にみんなでジュースを飲みながら喋るみたいな時間も生きがいになっていました」
RYUHEI「朝から19時過ぎまで練習した後に、食堂に行って座った時の満足感がすごい」
SOTA「はぁ…って椅子に座ってね。すごい分かる」
LEO「個人的には一回つらいって考え始めると、そっちに気分が流れやすくなっちゃうタイプなので。つらくても、つらいって考えないようにはしてました。ちょっとネガティブになりそう…って思ったら、スタジオに行って誰かメンバーに会うとか。特にSOTAは同じチームになることが多かったんですけど、まぁこういうキャラなので(笑)。いい意味でアホだから一緒にいると楽しくて、嫌なことも忘れられるんです。他のメンバーも同じようにみんなから元気をもらえますし、それと同時に常に高みを目指すっていう向上心もキープできる。そこがBE:FIRSTの強みだなとも思います。すごく仲も良いですし、衣食住を共にしたメンバーだからこそお互いのことを分かっているんじゃないかな」

キーワード❺「バーベキュー」

—キーワード❹「モチベーション」のところでJUNONさんが触れられていましたが、次のトークテーマは「バーベキュー」でお願いします!

JUNON「(食い気味に)バーベキューしたいです!」
SOTA「久しぶりにやりたいよね」
JUNON「できるならすぐにやりたいです!メンバー全員で」
LEO「あのバーベキューでより一層仲が深まったし、音楽以外でもグッと距離が縮まったよね」
SOTA「僕は合宿中に別れるメンバーが出ると、必ず落ち込むんですよ。その中でのバーベキューはSKY-HIさんの最大限のフォローというか。精神的にバーベキューの気分じゃないよって思っていても、無理矢理でもその場にSKY-HIさんが連れ出してくれることで、自然と次の練習までに気持ちを切り替えられるんですよね」
RYUHEI「バーベキューをやると、絶対に次の日疲れちゃうって頭の中で分かってるんですよ。でもいざバーベキューが始まると楽しくて、とことんはしゃいじゃうっていう(笑)。本当に心から楽しめたなって思います」
SOTA「単純にこの合宿を通して、バーベキューというものがすごく好きになりました。バーベキューをするとTHE FIRSTのことを思い出すし、これがバーベキューじゃなかったとしても、SKY-HIさんが僕らの大事な節目に用意してくれた行事っていうことで大きい存在になっていたと思います」

◆あわせて読みたい

【スッキリ&Huluで話題】BE:FIRSTってどんなグループ?【SOTA編】

【スッキリ&Huluで話題】BE:FIRSTってどんなグループ?【RYUHEI編】

【スッキリ&Huluで話題】BE:FIRSTってどんなグループ?【JUNON編】

【スッキリ&Huluで話題】BE:FIRSTってどんなグループ?【LEO編】

フォトギャラリー(全4枚)

デビューシングル『Gifted.』11月3日(水・祝)リリース

2021年、約半年にわたって実施されたSKY-HI主催のオーディション「THE FIRST」から誕生した7人組ボーイズグループ「BE:FIRST」。「天賦の才能がある」という意味のタイトルが付けられた「Gifted.」には、BE:FIRSTのメンバーによる「俺たちはギフテッドだ」という強いアティチュードに加え、「生まれてきた誰もが皆ギフテッドだ」というメッセージが込められている。BE:FIRSTが圧倒的なパフォーマンス能力を世の中に提示する楽曲であるのと同時に、この混沌の時代に居場所や輝ける場所を探す人々を励まし、勇気づける為の楽曲。タイトルの最後に付けられているドットは、これまで「BMSG」の4文字を頭文字にあしらった曲名が付けられた「THE FIRST」4部作が締めくくられることを意味する。

【SOTA】アウター¥70,400シャツ¥39,600パンツ¥35,200(すべてBlack Weirdos/Comcode showroom tel.03-6804-3108)その他/スタイリスト私物
【LEO】ジャケット¥36,300パンツ¥24,200(ともにSHINYAKOZUKA/MATT.<INFO@THE-MATT.COM>)シャツ¥28,600(Black Weirdos/Comcode showroom tel.03-6804-3108)その他/スタイリスト私物
【SHUNTO】コート¥74,800パンツ¥37,400 (ともにBlack Weirdos/Comcode showroom tel.03-6804-3108)トップス¥18,700(SHAREEF/Sian PR tel.03-6662-5525)その他/スタイリスト私物
【RYOKI】アウター¥85,800(LITTLE BIG/PR01 tel.03-5774-1408)スウェット¥42,000パンツ¥33,000(ともにkenichi/sakas PR tel.03-6447-2762)その他/スタイリスト私物
【JUNON】コート¥77,000(LAD MUSICIAN HARAJUKU tel.03-3470-6760)トップス¥15,400パンツ¥28,600(ともにLITTLE BIG/PR01 tel.03-5774-1408)その他/スタイリスト私物
【MANATO】ジャケット¥53,900ニット¥28,600パンツ¥35,200(全てFUJI/PR01 tel.03-5774-1408)その他/スタイリスト私物
【RYUHEI】ジャケット¥91,300タートル¥29,150(ともにSYU.HOMME/FEMM/SEEING co.,ltd.<syuofficial32@gmail.com>)ベスト¥27,500パンツ¥44,000(ともにkudos/MATT.<INFO@THE-MATT.COM>)

撮影/伊藤元気(symphonic)ヘアメーク/久慈愛(LUCK HAIR) スタイリング/安本侑史 取材・文/所 優里 取材協力/石津愛子 構成/宮島彰子(CLASSY.ONLINE編集室)

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus