マナー

履歴書とは違うって知ってた? 転職にマストな「職務経歴書」のつくり方

キャリアアップを始め、さまざまな理由で転職を決意する人も多いはず。そんななか、応募企業の採用担当者から「履歴書と職務経歴書をお持ち下さい」と言われ、何を用意したらいいのかわからない、そんな経験はありませんか?

実は転職する場合は履歴書だけでなく「職務経歴書」が必要になります。今回は、マナー講師である筆者が「職務経歴書」の書き方を伝授します。

■「職務経歴書」って何?

アルバイトや新卒のときは履歴書のみの提出で問題ありませんが、転職となると履歴書とは違う「職務経歴書」が必要になります。履歴書が学歴や適正、コミュニケーション能力に問題はないかを判断する書類だとすると、「職務経歴書」は応募企業にとってどれだけ戦力になるかを判断する書類ともいえます。

応募者からすれば自分の能力や実績などをアピールする絶好のプレゼン書類になりますので、「職務経歴書」をどう書くかは合否をわける重要なポイントになります。

■「職務経歴書」のフォーマットは?

履歴書のように決まったフォーマットがあるわけではありません。A4用紙1~2枚程度の書類に、今までの職歴などを自由に記載します。ネット上に「職務経歴書」のフォーマットをダウンロード出来るサイトもありますのでそれらを活用するのがいいでしょう。

まず最初の見出しは【経歴要約】とし、応募先企業でいかせるであろう自分の経歴を強調した要約文を作成します。その次は【会社概要】で、前職の会社概要を記載するとよりわかりやすくなります。そして【職務内容】と続きます。

営業だったのか、日々の業務はどんなものだったのかなど、前職の職務内容をまとめます。営業実績があればここにまとめてもいいでしょう。最後にアピールポイントを記載しますが、ここはプレゼンのメインになるポイントですので力を入れましょう。

■職歴の書き方とは?

次は職歴を記載します。そのときに注意したいのが、「編年体型式」と「キャリア形式」のどちらの形式で書き始めるかということ。

「編年体型式」は時系列に沿ってその時々の業務内容をまとめたもので、過去から現在まで積み重ねてきたキャリアを効果的に伝えることができます。

「キャリア形式」は職務経験を内容やプロジェクトごとにまとめた方法で、専門的な職業や技術職などに向いています。応募先企業に合わせ、どちらの記載の仕様がいいのか選ぶようにしましょう

転職での書類は今までの経歴をどれだけ効果的に伝えることが出来るかがポイントです。よくわからないまま、なんとなくやりすごしてしまってきた方も、改めて「職務経歴書」をつくることでしっかり自分をアピールできるようにしていきましょうね。

 

参考文献
阿部開道『必携!ビジネスマナー』(西東社)

文/前濱瞳 画像/Shutterstock(Mangostar、Africa Studio、Africa Studio、SFIO CRACHO)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE