マナー

「今大丈夫ですか?」って言えてる?職場の人間関係がよくなる言葉4つ

たくさんの人と関わらないといけない職場では、仕事よりも人間関係に悩む人が多いかもしれません。それぞれ性格や得意不得意が違うので、合わない人がいるのは仕方のないこと。しかし、仕事を円滑に進めるためには、肌が合わない人とも上手に付き合っていくことが大切になりますよね。そこで今回は、そんな職場の人間関係を円滑に進めるための一言をご紹介。ぜひ日頃から相手を労わる言葉を発するように心がけて、ストレスフリーな人間関係を目指しましょう。

■忙しいときこそ丁寧に感謝の気持ちを伝える

当たり前のことですが、何かを教えてもらったときや助けてもらったとき、ミスをカバーしてもらったときなどに「ありがとう」とお礼の言葉を言うことが大切です。忙しいときこそおざなりになってしまいがちですが、この一言があるだけで、職場の人間関係はぐんとよくなることもあります。また、意外と多いのが、忙しいときに気持ちがこもってないと思われるような言い方になってしまうこと。相手は意外と敏感に感じているので、お礼は丁寧に言うことを心がけてください。

■「頑張っているね」「勉強になります」と相手を褒める

上司や先輩、部下や後輩と立場に関係なく、褒められたり、労われた一言はやはり嬉しく、仕事に対するモチベーションを上げてくれるものです。部下ならば「すごいね」や「頑張っているね」と言われると上司が自分を認めてくれているという安心感や達成感を感じることができますし、先輩や上司には「勉強になります」や「尊敬しています」などと言うと部下からの信頼を感じることができます。相手の優しさも感じることができるので、ぜひ頑張っている方には声をかけてあげましょう。

■「大丈夫?」と声をかける

仕事をしていれば、辛いことや大変なことが必ずありますよね。そんなとき、職場の人から「大丈夫?」と声をかけてもらい、救われた経験がある方も多いのではないでしょうか。仕事が大変そうなときや、疲れていそうなとき、何か悩みがあるのかなと感じたときこそ、ぜひ「大丈夫?」と一言かけて話を聞いてあげてくださいね。

■相手に話しかけるときはまず確認を!

分からないことを上司や先輩に質問したり、部下や後輩に何か確認をするとき、いきなり話しかけてしまうことはありませんか? 急に話を始められると、しっかりと聞き取れなかったり、対応中の仕事が中途半端なところで打ち切られてしまう場合もあります。相手に何かを聞くときは、「今話しかけても大丈夫?」と確認をしてあげると親切です。

 

人間関係を良好にするためのポイントは、相手の立場に立った言葉をかけてあげられるかどうか。人とのコミニケーションが大切な職場で、なかなか上手くいかない……と悩んでいる方は、ポイントを意識して、今回紹介した一言を職場の方にかけてみてください。

 

文/桜井美穂子 画像/Shutterstock(fizkes、Nattakorn_Maneerat、Photo_DDD、Stock Media)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE