CLASSY.

恋愛

あなたはいくつ当てはまる?マンネリカップルがやりがちなNG行動4つ

付き合い始めたころはラブラブだったのに、いつの間にか関係がマンネリ……。そんな経験はありませんか。

実はそのマンネリ、行動を変えることで解消できるかもしれません。そこで今回は、恋愛ライターの筆者が“マンネリカップルがやりがちな4つの行動”についてご紹介いたします。

■いつも同じデートプラン

お昼過ぎに集合して、いつもの街をブラブラして、お決まりのお店で食事をして解散……。最初のうちは楽しいかもしれませんが、いつものデートプランに飽きてマンネリ化してしまうケースは少なくないようです。

たまには集合時間を変えてみたり、いつもと違うお店で食事をしてみたり、ちょっと遠出してみたりするといいでしょう。新鮮な気持ちになり、付き合い始めたころのアツアツムードがよみがえるかも。

また、いつも自分または相手ばかりやデートプランを組んでいる場合、たまには相手に任せたり、自分がプランを考えてみるのも◎。

■お互いの趣味に無関心

マンネリカップルの特徴として、お互いの趣味に興味・関心がなく共通の話題が少ないことが挙げられます。共通の話題が少ないと、ふたりの会話も自然と減ってしまいがちに。

ちょっと変わった趣味でも、相手が好きなことには興味をもってみるといいかもしれません。筆者自身、自分では絶対に聴かなかった音楽を「いいなぁ」と思えたり、インドアだったのがスポーツも楽しいと思えたり、さまざまな発見がありました。

また、自分が詳しくないことは相手に教えてもらったり、話題が増えたりするなど、相手との関係に新しい刺激が生まれるのもポイントです。

■記念日やクリスマスなどの「イベント」をスルーする

記念日やクリスマス、お互いの誕生日といった“イベント”をスルーするカップルも、マンネリになりがちな傾向があります。

この場合、日々に刺激がなくてつまらなく感じてしまうのかもしれません。記念日や誕生日というのは、そうした日常に刺激を与えてくれるでしょう。

相手のことを考えてプレゼントや下準備をする時間も、お互いの愛をより深めるきっかけになるはずです。

■愛情表現をしない

キスやハグといったスキンシップをしなくなったり、「好き」の言葉を言わなくなったりすると、“ただ一緒にいるだけの関係“になり、マンネリ化を感じてしまうかも。少し恥ずかしいかもしれませんが、普段自分から相手に愛情表現をしないという方は、勇気を出して「好き」と言葉にしてみるのもいいかもしれません。

もし、いつも恋人との別れのパターンが“恋人に飽きた”という理由だとしたら、相手まかせではなく、関係を長続きさせる努力をすることが大切です。せっかくの恋を長続きさせるためにも、今回ご紹介したような行為をしていないか、ぜひ振り返ってみてください。

 

文/大内千明 画像/Shutterstock(fizkes、wavebreakmedia、fizkes)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE