特集

綾瀬はるかさん |自分の体で好きなところは?という質問にまさかの回答!

現在放送中のドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』で演じている、中身がサイコパス殺人鬼と入れ替わってしまった女性刑事役がスゴい!と話題の綾瀬はるかさん。3月19日公開の映画『奥様は、取り扱い注意』ではも抜群の身体能力を生かしたアクションを披露。CLASSY.4月号掲載の綾瀬さんインタビューのこぼれ話を未公開カットとともにお届けします。

綾瀬はるかさん「この年齢だからこうしなきゃ、なんて考えはいらない」【CLASSY.特別インタビュー】

綾瀬はるかさん「理想はストイックすぎない体」【CLASSY.特別インタビュー】

「自分の体で好きなところは?」という質問の答えは…

CLASSY.には久々にご登場

CLASSY.には久々にご登場いただいた綾瀬はるかさん。取材させていただいたのはまだ寒さの厳しい冬の時期でしたが、スタジオに綾瀬さんが現れただけでその場が明るく、温かくなるような優しいオーラが全開! メーク中は仲良しのヘアメークさんやスタイリストさんとのおしゃべりが弾み、楽しそうな笑い声が続出。撮影前のスタンバイでは「笑いすぎて顔がテカっちゃった!(笑)」というひとコマも。
女性らしい柔らかな印象の綾瀬さんですが、アクション技術の高さは『奥様は、取り扱い注意』や『精霊の守り人』でもおなじみ。今回は『奥様は、取り扱い注意』のイメージに合わせて、カッコいい大人の女性のイメージで撮影をお願いしましたが、カメラマンからの動きのリクエストにも柔軟に応えていただき、本誌掲載ページではいつもとはまたひと味違う表情を見せてくれました。
インタビューでは「カッコいい大人の女性について」というテーマで内面のカッコよさ、フィジカルなカッコよさについてお話を伺いました。「いつでも動ける体にしておきたい」と日常的にトレーニングしているという綾瀬さん。「自分の体で好きなところは?」という質問には――「うーん…首の付け根に2つホクロがあるんですけど、そこの皮を引っ張るとゾウさんになるのでそのホクロかな!」というまさか(?)のお答え! 圧倒的な美しさと透明感、そして気取りのないキャラクターが最高に素敵な綾瀬さんでした。

待望の主演映画『奥様は、取り扱い注意』もいよいよ公開。綾瀬さんのカッコよさ全開なアクションシーン、ぜひ劇場で確かめてみてください。

 

撮影/樽木優美子(TRON Management) ヘアメーク/中野明海 スタイリング/西 真由美 構成/中畑有理(CLASSY.編集部) 撮影協力/AWABEES
<写真上>ジャケット¥62,000 (テラ/ティースクエア プレスルーム)トップス¥10,000(チノ/モールド)パンツ¥54,000(スタジオ ニコルソン/キーロ)イヤリング¥14,000(TEN.)バングル¥55,000<タプレイ>ブレスレット¥59,000<ソフィー ブハイ>(ともにエスケーパーズオンライン)<写真下>コート¥239,000バッグ¥139,000(ともにザ・ロウ/ザ・ロウ・ジャパン)ニット¥21,000(CABaN/CABaN Daikanyama)デニムパンツ¥24,000(イレーヴ/アングローバル)イヤリング¥42,000(ポンテヴェキオ/ポンテヴェキオ 銀座並木通り本店)※価格はすべて税抜き表記です

綾瀬はるか

85324日生まれ 広島県出身 血液型B型●主な出演作はドラマ『 精霊の守り人』『奥様は、取り扱い注意』『義母と娘のブルース』、映画『映画 ホタルノヒカリ』『海街diary』『本能寺ホテル』『今夜、ロマンス劇場で』など。主演ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』(TBS系/日曜21時~)が放送中。

綾瀬さんのカッコよさ全開の最新主演映画は要チェック!

「奥様は、取り扱い注意」

(C)2020「奥様は、取り扱い注意」製作委員会

(C)2020「奥様は、取り扱い注意」製作委員会

17年に放送された大ヒットドラマの映画化。元特殊工作員だった過去を持つ専業主婦・伊佐山菜美(綾瀬はるか)と実は現役の公安警察であり菜美を監視する優しい夫・伊佐山勇輝(西島秀俊)。二人は名前を変えて地方都市で新しい生活を始めていた。実は半年前、ある出来事がきっかけで菜美は記憶喪失になっていた……。監督/佐藤東弥 原案/金城一紀●319()公開

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus