特集

OWV・佐野文哉くん|「夢を掴むためには、仲間の存在が必要不可欠」

「PRODUCE 101 JAPAN」で注目を集めた4人により結成されたボーイズグループOWV(オウブ)。長い下積み経験によるパフォーマンス力と、吉本所属ならではのお茶目なキャラで話題を呼んでいるホットな4人組が、CLASSY.ONLINEに登場! 「PRODUCE 101 JAPAN」での挑戦を経てグループを結成した彼ら。山あり谷ありでも夢を諦めなかった理由について、根掘り葉掘り聞いてみました。今回は、OWVの機動力こと佐野文哉くんが登場!

◆あわせて読みたい

期待の新生グループ「OWV」に聞く、新生活のあるあるお悩み対策!【本田康祐&佐野文哉】

下積みを経てデビューへ。夢を掴めた秘訣って?

絶対に必要なのが、「目標を立て

絶対に必要なのが、「目標を立てて、それに必要なことを逆算する力」。僕は芸能界に入るまで、何事も要領良く過ごしてきたタイプで、ゴールに向けてどんなステップを踏むのが最短距離なのかを考えるクセが子どもの頃からついていたんです。大学二年生からダンスを始めたとき、周りには僕よりダンスが上手い人ばかりで。その人たちとの差を埋めるためには、真面目にレッスンに通っているだけじゃダメ。ダンサーとして活躍するために、誰と関わって、今なにをすべきなのかというのを常に逆算して行動していました。努力している姿を隠さず周りに見せていくのも重要。見てくれている人って絶対いるんです。自分の意思や気持ちを、態度で示すって大切ですよね。

「PRODUCE 101 JAPAN」では伸び悩み、早々に脱落してしまったけれど、それをバネに自分には何が足りなかったのか、これからどうしていきたいのかをずっと考えていました。そんなときに支えてくれたのは、お世話になったスタッフさんや番組内で一緒に切磋琢磨してきたOWVメンバーや練習生本田くんとは番組が終わってからも「一緒に何かできたらいいね」と夢を語り合ってきました。そんなメンバーとOWVとしてデビューすることができた。夢を掴むためには、お互いを高め合えて、自分を引き上げてくれる仲間の存在も必要不可欠だと思います。

もうすぐデビュー1年。 印象に残った出来事は?

コロナ渦の厳しい時期にも関わらず、オンラインライブができたこと。これまでダンサーとしてたくさんのステージに上がってきたけれど、ファンの方に僕らのステージを観ていただけて、今まで感じたことがないくらい感動しました。この状況が収まって、リアルライブができる日が待ち遠しいです。

実はもう一つ、黒歴史的な意味で印象に残っている出来事があって…。GYAO!さんで放送されている僕たちの冠番組『OWV道 弐』で卓球の総当たり戦をやって、全敗したこと。自分ではスポーツ万能なタイプだと思っていたのに、圧倒的な敗北感だった! あの日の出来事は忘れられないです(笑)。

3rdシングル『Roar』の注目ポイントは? 制作裏話はある?

3rdシングルは、“上がる”が

3rdシングルは、“上がる”がコンセプト。デモでは100曲弱の候補があって、そのなかから選び抜かれたテイストの違う“上がる”3曲を楽しんでもらいたい! ダンス面では、ワイルドな“ライオンダンス”に是非注目してほしいです。野獣味あふれるライオンを思わせる振り付けは、自分たちがこの世界で“のし上がっていく”んだという強い意志を込めたもの。『Ready Set Go』に引き続き、韓国の振付師チーム・LOOKさんに振り付けをお願いしました。個人的にお気に入りなのは、MV冒頭のメンバー同士呼吸を合わせたフォーメーションダンス。かなりダイナミックに仕上がっているので必見です!

裏話でいうと、落ちサビ部分で僕がジャンプして獲物を狩るような表現をするダンスシーンがあるのですが、そのシーンでプチ事件が発生。練習のときはスニーカーを履いてジャンプしていたので問題なかったのですが、MV衣装はヒールブーツ。ヒールということを忘れて、スニーカー時と同じテンションでジャンプしたところ、お尻から着地してしまい、本当に痛かった…。もちろん、2度目は完璧に決めましたよ。制作の裏で起きたプチ事件ですね(笑)。

OWV(オウブ)って?

人気オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」に出演した元練習生4名によるグループ。キャッチーでキレのあるパフォーマンスと、吉本所属ならではのお茶目なキャラで、各方面から注目の的に。’21年からジバンシイ ビューティの日本公式アンバサダーに就任。https://owv.jp/

2021年3月31日リリース!

2021年3月31日リリース!3rdシングル「Roar」

“上がる”を楽曲コンセプトに、さまざまな“上がる”3曲を収録。表題曲「Roar」は、“のし上がってやる”という強い意志を荒々しいサウンドに乗せた、挑戦的なダンスナンバー。韓国の人気振付師チームLOOKによる、ライオンをイメージしたダイナミックな振付にも注目!

<衣装>
シャツ ¥30,000/GalaabenD その他スタイリスト私物

<問い合わせ>
GalaabenD 03-6455-2065

撮影/谷口 巧〈PygmyCompany〉ヘアメーク/Kohey、大貫希代美 スタイリング/塚本隆文 取材/亀井友里子、大塚悠貴 編集/宮島彰子(CLASSY.ONLINE編集室)

OWV・中川勝就くん|「オーディション出演時の金髪は失敗でした…」

期待の新生グループ「OWV」に聞く、新生活のあるあるお悩み対策!【浦野秀太&中川勝就】

シーズン2からでも大丈夫! PRODUCE 101 JAPANを存分に楽しむための“プデュ用語”を総復習。

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE