旅作家が推薦!「日本随一の玉露の村でお茶を嗜みたい」【福岡(星野村)編】|いつか行きたいアラサー女子旅

旅に出る一つのきっかけになるのが、「○○したい!」という想い。思い切りショッピングがしたい?大自然を満喫したい?CLASSY.世代の旅作家・小林 希さんが、希望を叶える旅先を紹介します。コロナが落ち着いたら、こんな所にぜひ行ってみたい!

実際どこまでお得!?Go To トラベルキャンペーンを使って事後還付申請してみた!

大人の旅時間で、しっとり心を潤わせる

  • 茶の文化館の周囲はとくに紅葉が見事でした!

    茶の文化館の周囲はとくに紅葉が見事でした!

  • 伝統本玉露を嗜みました。玉露カレーや茶そばもおすすめ

    伝統本玉露を嗜みました。玉露カレーや茶そばもおすすめ

  • 茶の文化館では、茶の歴史や文化を学ぶこともできます

    茶の文化館では、茶の歴史や文化を学ぶこともできます

  • 「日本の里100選」にも選ばれている星野村

    「日本の里100選」にも選ばれている星野村

  • 旅に出る一つのきっかけになるの

    今年、紅葉は愛でたい!お天気なら夜の星空観賞もぜひ

秋の香り漂う季節になりました。今年は桜をゆっくりと観賞できなかったので、紅葉こそは楽しみたいですよね!おすすめは、筑後地方・八女市の山あいにある、星野村です。
標高約400メートルに位置し、名前の通り夜空に瞬く星が美しく九州最大の天体望遠鏡がある天文台もあります。
一方で、筑後地方は八女茶の産地で、星野村は「奥八女」と呼ばれるうちの一つ。豊かな自然と清流などによって、最高に美味しいお茶が作られるそう。星野村にある「茶の文化館」によれば、室町時代からお茶の生産が始まったと伝えられています。明治以降は積極的に高品質なお茶の生産に取り組み、京都の宇治から玉露の製法も学んで、星野玉露が作られるようになったとか。
八女市内から車で約40分。清々しい空気の星野村に着くと、山の斜面に段々畑があり、民家の近くにも茶畑が広がっています。木々の葉は赤や黄に染まり静寂な村を華やかに彩っています。足元に落ちる紅葉の絨毯を歩きながら「茶の文化館」へ。
ここでは、伝統本玉露を嗜んでみることにしました。綺麗な緑色の玉露をまずは一口。濃厚な香りがふわりと鼻に抜け、深い味が口に広がります。その後、二煎、三煎、四煎と少しずつお湯を足して、移ろう風味を楽しみました。
最後に、残った茶葉に出汁醤油をかけて食べるようすすめられました。栄養価が高いだけでなく、柔らかくて少し渋みのある茶葉は、しっかり噛み締めても美味しいということに衝撃!なんて奥深いお茶の世界…。
窓から外を眺めると、紅葉した木々が美しく佇み、風流で優美な和を感じる時間に、しばし陶然と過ごしました。
紅葉とお茶を愛でて楽しむ、落ち着いた秋の大人旅。素敵だと思いませんか?

紹介してくれたのは…小林 希さ

紹介してくれたのは…小林 希さん(旅作家)
元編集者。29歳で会社を辞めて世界一人旅へ。一年後帰国して旅作家に転身。旅、島、猫をテーマに著書多数。世界60カ国、日本の島80島をめぐる。近著『週末海外』(ワニブックス)。インスタグラム:@nozokoneko 旅するオンラインサロン「しま、ねこ、ときどき海外」

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus