特集

うわ!ダサすぎ!「メールアドレス」黒歴史あるある4選【前編】

ガラケー時代を過ごしてきたアラサー女子にとって、「メール」はハズせないコミュニケーションツールでした。LINEが主流となった今、キャリアのメールアドレスを使わないまま眠らせている人も多いはず。でも実は、メールアドレスは黒歴史の宝庫。元カレとの記念日や、キラキラ英単語など…今誰かに見られたら恥ずかしすぎる!「イタいアドレスあるある」を振り返っていきます。

◆あわせて読みたい

「やっちまった~…」家族に送った誤爆LINE4つ

1. フルネーム+生年月日で個人情報ばらまきがち

うわ!ダサすぎ!「メールアドレス」黒歴史あるある4選【前編】

メールアドレスの中でも王道なのが、自分の名前と生年月日を組み合わせたもの。未だにビジネス用のアドレスではこのタイプが普通ですが、若い子からすると「芸能人アカウント名気取り」「個人情報が割れそうで怖い」「年齢が割れるのが嫌」という意見も。プライベート用のアドレスや、SNSのアカウント名にしている人は要注意!

2. 壮大な英単語を使いがち

「love」「dream」「peace」「sky」「miracle」など、キラキラ感の強い英単語をアドレスに入れるという黒歴史もあるあるのひとつ。当時はオシャレだと思って使っていたキラキラ単語も、今見ると「覚えたての英単語を使いました」という感じが前面に出てしまい、恥ずかしいことに…。

3. 彼氏の名前や記念日をアピールしがち

黒歴史No.1といっても過言ではないのが、元カレの名前や記念日をアドレスにしているもの。当時、友人からアドレス変更メールが送られてくるたびに「あ、彼氏が変わったんだろうな」と察した経験はありませんか?彼氏の苗字の後にファミリーを意味する「fam」をつけたり、記念日を表す「since〜」を使ったりした人も多いはず。

4. 青臭いメッセージを乗せがち

「never giveup」や「time will tell」など、英語の歌詞やことわざを使ってアドレスにメッセージを込めるのも 、若気の至り。また、「i will be a rich woman 」など野心剥き出しの夢を語り出すパターンも。アドレスだけでなく、LINEの「ステータスメッセージ」やSNSのプロフィールにこのような英文を書いてしまうのも危険です!

今はほとんど使わないからといって、昔のアドレスをそのまま使っておくのはとっても危険!ぜひ一度、眠っているアドレスを掘り起こしてみて。思わぬ黒歴史が隠れているかもしれません。後編も近日公開!合わせてチェックしてみてくださいね。

構成/CLASSY.ONLINE編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE