特集

着回し力抜群の7枚でできる「大人フェミニンなコーデ」9選

着回しの〝命〟と言えるのがワードローブの構成力!トップスとボトムスの枚数、色や素材のバリエなど、しっかりポイントを押さえることがポイントです。
今回は、「フェミニン派」におすすめの7つのアイテムを使った、デイリーの着回しにぴったりなコーデ9パターンをご紹介します。

1.「フェミニン派」におすすめの着回しやすい7着

トップスは「どこか女らしさを感じさせる色・シルエットを選ぶ」

  • 着回し力抜群の7枚でできる「大人フェミニンなコーデ」9選

    ❶ノースリニット
    ボリュームスカートもバランスよく決まる、コンパクト感。ノースリで肌見せする分、首元は詰まったものに。¥15,000(ANAYI)

  • ❷キレイ色Tシャツ
    顔の血色感がUPするコーラル系カラー。ボディラインに沿う細リブが女らしい。¥13,000(スリードッツ/スリードッツ青山店)

  • ❸とろみブラウス
    透け感でトレンド要素をIN。デザイン性があるので、色は定番色を選ぶのがポイント。¥16,000(ウィム ガゼット ルミネ新宿店)

ボトムスは「スカート多めの着こなしに黒スキニーで変化を」

  • ❹タイトスカート
    カジュアル素材をチョイス。¥39 000(トラディショナル ウェザーウェア/トラディショナル ウェザーウェア 二子玉川ライズ店)

  • ❺Aラインスカート
    スカートもシルエットを変えることが重要。ボリュームのあるロング丈のAラインスカートも、白なら軽やか。¥32 000(ルーニィ)

  • ❻黒スキニーデニム
    フェミニン系のワードローブの中で、辛口な黒スキニーが引き締め感をプラス。レイヤードコーデでも活躍。¥3 990(UNIQLO)

ワンピースは「羽織としても有効活用できる小花柄ワンピがおすすめ」

  • ❼花柄ワンピ
    ボタンが全部開けられて、羽織りになるものを選ぶのが正解。¥25,000(ルージュ・ヴィフ/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店)

2.「7枚のアイテム」で完成するフェミニンコーデ9選

旬 なレイヤードを駆使して視覚的に変化をつける!

トップスとボトムスの組合せだけだと間違いなく限界があるので、ワンピースを活用してレイヤードコーデを極めましょう!

  • ❷+❹
    夏の定番であるTシャツコーデもフェミニンに攻略
    Tシャツもスカートもタイトなシルエットなら、女らしく。バッグ¥9,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)サンダル¥6,900(マミアン/マミアン カスタマーサポート)イヤリング¥10,000(マージョリー・ベア/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店)

  • ❸+❺
    ふんわり優しげな素材と色合いでディナーデートへ
    今回の全コーデの中でも〝甘さ〟のレベルが高いので、特別なデートの日にこそ着たいコーデ。ふんわりしたシルエットですが、軽やかな素材と色合いなので重く見えません。バッグ¥9,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)パンプス¥26,000(ツル バイ マリコ オイカワ)

  • ❶+❻+❼
    前開きワンピの袖を腰で巻いてスカート使い!
    ここまでやるのが着回し!まずボタンの上半分だけを開けたら、袖部分を腰巻きしてスカートに。さらにスキニーで感度高めなカジュアルコーデに。バッグ¥115,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン青山店)サンダル¥39,000(ブレンタ/アルアバイル)

  • ❶+❹+❼
    通勤コーデもワンピを羽織れば別物に見違える
    通勤コーデとして使えるノースリ×タイトスカートを、ワンピのレイヤードと小物使いで休日仕様にチェンジ。帽子¥7,200(CA4LA/CA4LA ショールーム)バッグ¥115,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)シューズ¥29,000(プリティ・バレリーナ/F.E.N.)

  • ❶+❻
    甘さ控えめなシンプルコーデは女っぽ小物で盛って
    洋服が極めてシンプルなときは小物で華やかに。スカーフで顔周りをトーンアップ。スカーフ¥13,000〈エネス〉サンダル¥39,000〈ブレンタ〉(ともにアルアバイル)バッグ¥115,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)イヤリング¥7,364(アビステ)

  • ❷+❺+❼
    レイヤードコーデを白のロンスカとスニーカーで軽快に
    ワンピを羽織りとして活用。ワンピとロンスカを合わせると一見重く見えがちですが、白スカートなら風になびいて爽やか! 足元もスニーカーでラフに。バッグ¥17,000(CELFORD)スニーカー¥5,800(コンバース/コンバース インフォメーションセンター)

  • ❸+❹
    知性としなやかさを感じる通勤コーデで夜は合コンに参戦
    ふんわりブラウスとタイトスカートで、メリハリのある組合せ。まろやかな色使いで、初対面の合コン相手もすぐに心を開いてくれそう。バッグ¥45,000(FURLA/FURLA JAPAN)スカーフ¥13,000〈エネス〉サンダル¥39,000〈ブレンタ〉(ともにアルアバイル)

  • ❸+❻+❼
    女友達と会う日はカジュアル度高めがちょうどいい!
    花柄で十分フェミニンなので、黒スキニーとワンピのレイヤードでカジュアルさをプラス。バッグ¥17,000(CELFORD)サンダル¥14,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)イヤリング¥10,000(マージョリー・ベア/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店)

  • ❷+❻
    ポイントを押さえた小物使いで一気にパリジェンヌ風♡
    キャスケット・赤バッグ・バレエシューズの小物3点セットで、パリっぽく。帽子¥7,200(CA4LA/CA4LA ショールーム)バッグ¥15,800(ヤーキ/ショールーム セッション)シューズ¥29,000(プリティ・バレリーナ/F.E.N.)イヤリング¥7,364(アビステ)

撮影/魚地武大(TENT) スタイリング/児嶋里美 取材/広田香奈

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE