特集

体型カバーできる「レギンス×ロングトップス」コーデ6選|スキニーより今っぽい

withコロナ時代に突入し、今やワードローブは「着心地の良さ、動きやすさ」重視にシフトしつつあります。中でも、レギンスはこの夏大注目のアイテム。ラフだけどほっこりしないためには、ロングトップスを合わせるのがおすすめです。オシャレに着こなせる「レギンス×ロングトップス」コーデをチェックして!

ラフだけどオシャレな「レギンス×ロングトップス」コーデ6選

  • 体型カバーできる「レギンス×ロングトップス」コーデ6選|スキニーより今っぽい

    1. ナチュラル配色のチェックをレギンスでスポーティに
    優しい色合いのマドラスチェックは、大人にぴったりの柄。レギンスを重ねてスポーティにまとめることでリラックスムードに。ワンピー¥29,000(デミルクス ビームス/ビームス ハウス 丸の内)レギンス¥6,800(ルーニィ)キャップ¥6,800(CA4LA/CA4LA ショールーム)ピアス¥3,800(JUICY ROCK)サンダル¥14,000(テバ/デッカーズジャパン)バッグ¥42,000(FURLA JAPAN)

  • 2. ゆるワンピ×レギンスのラフさを渋色サンダルで引き締め
    ネイビーやグレーのシンプルカジュアルなら、しっかり質感のある小物使いが相性抜群。渋い光沢が大人なブロンズのサンダルなら、辛口に締まります。サンダル¥10,500(ビルケンシュトック/ビルケンシュトック・ジャパン カスタマーサービス)ワンピース¥19,000(エイトン/エイトン青山)レギンス¥15,000(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)手に持ったジャケット¥75,000(タトラス アールライン/タトラスインターナショナル)バッグ¥13,000(バッグズインプログレス/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)キャップ¥6,800(CA4LA/CA4LA ショールーム)ピアス¥4,000(アビステ)バングル¥16,000(フィリップ オーディベール/スローブ イエナ 自由が丘店)リング¥35,000(サンズ サンズ/RHC ロンハーマン)

  • 3. 白Tに黒レギンスのベーシックさに、ひとクセ小物が映える
    「ゆる×ぴたシルエット」が今っぽいシンプルなモノトーンコーデ。フリンジバッグやレオパードサンダルを加えて、地味見えを回避して。サンダル¥39,000〈アヴェック・モデレーション〉バッグ¥64,000〈メゾン・ボワネ〉(ともにアルアバイル)ワンピース¥9,000(ハチイチブランカ/UTSPR)デニムパンツ¥26,000(カレント エリオット/サザビーリーグ)キャスケット¥2,900(センスオブプレイス/センスオブプレイスバイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店)サングラス¥48,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)

  • 4. レギンス×スニーカーならダッド風デザインがハマる
    ボリュームたっぷりのダッド風スニーカーは、スタイリッシュなレギンスと好相性。差し色カーデを肩掛けすることで、一気にオシャレに。スニーカー「ディスラプター2」¥9,500(フィラ/フィラ カスタマーセンター)Tシャツ¥5,800(Mila Owen/Mila Owenルミネ新宿2店)カーディガン¥29,000(イレ―ヴ/アングローバル)パンツ¥25,000(エージー/エージー ジャパン)バッグ¥2,800(アウトドアプロダクツ/アウトドアプロダクツカスタマーセンター)キャップ¥6,500(CA4LA/CA4LA ショールーム)ピアス¥4,000ブレスレット¥6,000(ともにアビステ)

  • 5. 白でまとめた足元が大人ネイビーに爽やかさをプラス
    ネイビーのシャツワンピに白レギンスの爽やかさが映える。同じく白のヒールサンダルを合わせれば、脚長効果抜群のキレイめコーデに。ワンピース¥26,000(カリテ/カリテ スケープ コレド日本橋店)レギンス¥15,000(アダワス/ショールーム セッション)バッグ¥44,000(ペリーコ/アマン)サンダル¥26,000(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ヴィオ 福岡店)イヤリング¥21,900(セシル・エ・ジャンヌ)バングル¥160,000(アトリエ ニノン)

  • 6. 柄レギンスでワークアウトコーデも都会っぽく
    他の人と差をつけたいなら、フェミニンな柄レギンスがおすすめ。さらっとロングシャツを羽織ることで、甘すぎず都会風の装いに。シャツ¥13,000〈エミ アトリエ〉タンクトップ¥7,600レギンス¥8,600ヨガマット¥9,200シューズ¥11,000〈すべてエミ ヨガ〉(すべてエミ ニュウマン新宿店)ピアス¥7,560(パズ コレクティブ/ZUTTOHOLIC)

※『CLASSY.』2019年6月、8月、2020年6・7月合併号より
※本記事は過去の『CLASSY.』を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。

再構成/CLASSY.ONLINE編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE