特集

【スタイリストの超収納術】一番着たい服はクローゼットの外!①大野千歩さん

ファッションのプロであるスタイリスト。さまざまなアイテムを華麗に使いこなす彼女たちのワードローブは、バラエティに富んでいる分、きっと膨大なのでは…?と想像します。服、バッグ、小物たちをどんな風に収納して日々セルフスタイリングをしているのか、こだわりを教えてもらいました!第1回目は、ベーシックとトレンドの絶妙なバランスが大人気の大野千歩さん編です。

1.「今季の一軍」ラックで着たい服を明確に

【スタイリストの超収納術】一番着たい服はクローゼットの外!①大野千歩さん

「クローゼットの外にラックを一台用意して、新しく買ったアイテムやその時々で一番着たいアイテムを左から順にセットにして並べています。すぐ手に取れて便利だし、相性がいいものを集めておけばコーディネートが決めやすく時短です」クローゼットに全部収めようとしないで、お気に入りこそ外に出しておく。自然と活躍の機会を増やせる目からウロコのテクニックです!ちなみに、クローゼットの中は、アイテムごと、さらに季節ごとに分けて掛けているそう。

2.トップスは「畳んで収納」が基本

「数が多いTシャツやニットは、大きさをきちんと揃えてたたみます。1段目には厚手ニットやカーデ。今は春夏シーズンなのでTシャツとノースリーブカットソーを一番取りやすい2段目に。ここでも、特に着たいアイテムだけに絞って、棚をぎゅうぎゅうにしないのがポイント。3段目には、よく着るトップスとバッグや、毎日使う手元の小物を集めています。4段目は、薄手のニットです」出し入れがしやすいよう畳む幅を計算し、規格を揃えることの大切さを再確認。見た目のスッキリ感がお見事です!

3.靴はグループ分けをして機能的に収納

  • 「まず、年間通して使うスニーカーの箱は処分。取り出しやすいよう、ザクっとオープンの棚においておきます。型崩れしないビーチサンダルなどは、カゴバッグに入れて収納」

  • 「一方、ハラコのパンプスや繊細なサンダルなど、季節感のあるチームは衣替えの時に入れ替えるので箱をキープ。シーズンオフ時は納戸行きです」なるほど、靴の箱って捨てるかどうか迷いがちですが、こんな風にルールを明確に決めればスッキリ片付きそう!

4.デニムやストールは「くるくる」収納が便利!

  • 「棚が足りないので、よく履くデニムはくるくる巻いてカゴバッグへ。デニムもつい増えがちなアイテムなので、厳選してこちらに」

  • 「大好きでつい増えてしまう大判のストールも、くるくる巻いて蓋つきの大きなカゴにしまいます。外に出しておいても気にならないのでオススメです」

  • インテリアに溶け込むオシャレなカゴ使いはスタイリストならでは!さっそくマネしたいですよね。

5.「2軍バッグ」で定期的に断捨離を敢行

「クローゼットを満杯にせず、常にスッキリさせておくためには、この工夫が必要不可欠。“今、一番着たい”から漏れてしまったアイテムは、100円ショップで購入したこのバッグに一時収納。そこから部屋着になったり、思いがけず復活したり。1年様子を見て、やっぱり着ないようだったら処分します」こまめにアイテムを見直し、分別する習慣!これこそ、見習いたい大野さん流極意です。

今回のスタイリストは…
大野千歩さん
ベーシックなアイテムを主役にした、上品でこなれ感のあるカジュアルに定評のある人気スタイリスト。メンズっぽい服やスポーティな要素を今っぽく取り入れる達人です。

いかがでしたか?大野さんのテクニックをさっそく取り入れて、「いつでもお気に入りにすぐ手が届く」ご機嫌なクローゼット作りを目指したいものです!

構成/CLASSY.編集部

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE