特集

スキニーデニムはもう古い?その理由は色選び!【アラサーのデニムコーデ】

〝デニム=インディゴスキニー〟一択のひとは薄色に挑戦するのが手。スキニー気分で穿ける細身テーパードを選べば今っぽいゆったり感も出ます。今どきのゆるっとしたTシャツが苦手な人も袖が長めを選べば、コンパクトでも今っぽい雰囲気に。

七分袖T× 水色デニムの軽快さが トレンド感を高めてくれる

スキニーデニムはもう古い?その理由は色選び!【アラサーのデニムコーデ】

淡いトーンでまとめればちょっと小粋なフレンチシックに

Tシャツ¥17,000(スリードッツ/スリードッツ青山店)デニムパンツ¥21,800(サージ/ショールームセッション)ベルト¥22,000 (アンダーソンズ/ビームスハウス丸の内)サングラス¥36,000(アイヴァン/アイヴァンPR)バッグ¥15,500パンプス¥19,000(ともにシップス有楽町店)スカーフ¥12,000(マニプリ/フラッパーズ)イヤリング¥11,000(ドミニクドゥネーヴビジュー/エリオポール代官山)時計¥10,900(クルース/ズーマ)ブレスレット¥8,000(フィリップオーディベール/メゾンイエナ)

読者もインディゴスキニー→水色デニムに挑戦!

  • Before
    白Tシャツ× 濃い色デニムからずっと抜け出せません
    入江史織さん(30歳·人材関係勤務)

  • After
    「袖が長いだけでTシャツ一枚でサマになるので安心。しかもデニムにウォッシュが効いているのにインディゴ以上に簡単に着られて驚きです」
    足元は淡いトーンにつながるくすみカラーのフラットがお似合い。Tシャツ¥8,500(セントジェームス/セントジェームス代官山店)デニムパンツ¥25,000(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)キャスケット¥1,490(GU)バッグ¥24,000(ルーニィ)パンプス¥9,800(ルタロン/ルタロンプリュ有楽町マルイ店)ネックレス¥7,855バングル¥3,628(ともにアビステ)

撮影/中田陽子(MAETTICO) モデル/鹿沼憂妃 ヘアメーク/秋山瞳(PEACEMONKEY) スタイリング/大島愛 取材/佐藤かな子

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE