特集

アラサーがやりがち「老け見え」NGコーデ3選

「定番服なのに、なんかダサい…」「何を着ても、買い物中の主婦にしか見えない…」なんて悩み、ありませんか? そう感じたらアイテム選びやコーデ術を見直すべきタイミング!そこで今回は、アラサー世代が「やりがちなNGコーデ」をテーマに、おばさん見えしない定番アイテムの着こなし方をご紹介します。

主婦っぽく見えちゃう「あるあるNGコーデ」3選

1. 「ボーダー」コーデ

「ほっこり」見えちゃう原因と、その解決策は?

  • アラサーがやりがち「老け見え」NGコーデ3選

    【こんなコーデしてませんか?】
    世代問わず愛されるボーダー。それだけに着こなしによっては子どもっぽく見えたり、おばさんっぽく見えてしまう恐れも。つい合わせがちなブルーデニムで作るワン・ツーコーデは、ほっこり感が出て主婦感を増してしまうから要注意!特にボーダーのピッチが太いタイプは避けた方が無難かも。

  • 【Point】
    ・白黒ボーダーでほっこり感をセーブ
    ・きれいめに見える白のネックライン

    カラースカートを投入して華やかに一発逆転!
    キレイ色の力を借りて、ボーダーの着こなしも女らしく華やかに。白黒ボーダーならカラーボトムスとも相性抜群。Tシャツ¥10,000(アニエスベー)デニムジャケット¥31,500(AGOLDE/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)スカート¥9,800(スピック&スパン/スピック&スパン ルミネ有楽町店)バッグ¥101,000サンダル¥74,000(ともにピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)

     

他のコーデ例もチェック!

アラサーのあるあるNGコーデ図鑑❶「ボーダー着たら主婦っぽさMAX」

2. 「デニム」コーデ

ご近所着っぽくなっちゃう原因と、その解決策は?

  • 【こんなコーデしてませんか?】
    私たちのワードローブに欠かせないデニム。未だに何年も前のデニムを履き続けていませんか?一昔前のデニムでは、Tシャツ合わせのシンプルコーデも古く見えたり、ご近所感満載になって台無し…。永遠のベーシックアイテムだけに、定期的な見直しが不可欠です!特に、股上が浅めのローライズのスキニーデニムや、ダメージ加工が強めのデニムパンツは少しトレンドから外れているのでご注意を。

  • 【Point】
    ・股上は少し深めのミッドライズが今っぽい

    ・履くだけで美脚になれるスリムテーパード

    ピンクをパートナーにデニムコーデを女っぽく♡
    シャツ×デニムのシンプルな組み合わせも、色の力を借りるだけで女っぽさ倍増。デニムと一緒ならピンクも甘くなりすぎず、ラフなムードに。ハイライズデニム¥25,000(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)ブラウス¥12,000(ブラクトメント/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング オンラインストア)ジャケット¥23,091(バナナ・リパブリック)バッグ¥35,000(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)サンダル¥9,500(ル タロン/ル タロン 渋谷パルコ店)

他のコーデ例もチェック!

アラサーのあるあるNGコーデ図鑑❷「デニムコーデがめっちゃ主婦」

3. 「セットアップ」コーデ

参観日っぽく見える原因と、その解決策は?

  • 【こんなコーデしてませんか?】
    今年見逃せないセットアップ。地味色のジャケット×パンツのセットアップを選んでしまうと、リクルート感が出てしまったり、保護者会コーデに見えてしまったり。特にネイビーを選ぶのは、今はちょっと危険かも。また、サイズがタイトなジャケットやクロップト丈のパンツは特に保護者見えしてしまうので要注意。アラサー女子は、「真面目すぎない」が今っぽく着こなすキーワード!

  • 【Point】
    ・暗い色はNG! 今年らしいベージュを
    ・ジャケット+スカートのセットアップで新鮮に

    フォトTやバックパックでカジュアルに着崩して、脱・真面目!
    カジュアル度高めのアイテムをMIXして真面目に着ないことが、さらに今っぽく仕上げる秘訣。色を入れず、ベージュ・白・黒でまとめてラフな着こなしもカッコよく。コットンリネンジャケット¥15,000コットンリネンスカート¥9,900(ともにN.O.R.C)Tシャツ¥9,000(スリードッツ/スリードッツ青山店)バックパック¥27,000(ナナミカ/ナナミカ 東京)サンダル¥18,000(ドクターマーチン/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)サングラス¥32,000(EYEVAN/EYEVAN PR)

     

他のコーデ例もチェック!

アラサーのあるあるNGコーデ図鑑❸「セットアップが参観日の保護者」

少しの差で「オシャ見え」か「主婦見え」か、明暗が分かれてしまう定番コーデ。正しい選び方と着こなしをチェックして、このおうち期間の隙にアップデートをはかってみて。

撮影/草間智博(TENT) イラスト/室木おすし スタイリング/田臥曜子 取材/坂本結香 再構成/CLASSY.ONLINE編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE