スタッフの自腹買い名品

CLASSY.スタッフの自腹買いアイテムを紹介! ~5月号編~

CLASSY.スタッフが、最近買った名品とは…? カジュアルにはけるマーチンブーツからリモーとワークを快適にしてくれるエッセンシャルオイルまで、幅広い9点をドドンとご紹介します。

  • CLASSY.スタッフの自腹買いアイテムを紹介! ~5月号編~

    styling/のオールインワン

    細身の黒のⅠラインワンピースが大好きなのですが、この春はよりハンサムな雰囲気のオールインワンをゲット。今ならジャケットを羽織って、夏は1枚でサラリと、季節をまたいで楽しめるのもポイントです。

    (ライター/広田香奈さん)

  • HAUNTのセットアップ

    黒にも合わせやすい、濃いめのベージュがお気に入り。マニッシュに着たかったので、ジャケットはいつもよりワンサイズ上げて購入しました。ゆるっとしたスーチングスタイルも気分です。

    (編集/西脇治子)

  • TSURU by Mariko Oikawaのフラットシューズ

    ワンピの日もスカートの日もワイドパンツの日もここ最近足元はもっぱらぺたんこ派。フェミニンなデザインが魅力のツルでは、甲浅のバレエシューズと透け感のあるチュールパンプスをオーダーしました。

    (スタイリスト/乾 千恵さん)

  • Dr.Martensの8ホールブーツ

    念願のDr.マーチンは、スタイリスト荒木里実さんにおすすめしてもらった白ステッチの8ホールを。靴紐を白に替えることも可能で、まずは黒でショートブーツ風に、その後白にしてワンピと合わせたいです。

    (編集/前田章子)

  • LOEWEのエレファントチャーム

    占いエディター青木良文さんによると、今年のラッキーアイテムは「丸い」「ピーチピンク」が当てはまるもの。どちらも兼ね備えたロエベのエレファントはまさに買い!可愛い姿で、目に入るだけでハッピーに。

    (ライター/棚田トモコさん)

  • LOUIS VUITTONのポシェット

    セレクトショップで見つけたヴィンテージのルイ・ヴィトンは、ボディバッグのように使えるコンパクトなサイズ感。久しぶりなモノグラムを、今っぽいカジュアルな着こなしに合わせるのが可愛いな、と!

    (スタイリスト/大野千歩さん)

  • knit barのシアーニット

    とっても薄手ですが、じつは「肉を拾わず体を細く見せる」とても優秀なリブニット。透け感のあるシアーな素材がドレッシーな印象を作ってくれるので、ちょっとオシャレしたい夜のお出かけにも最適です。

    (編集/水澤 薫)

  • GOOSSENS Parisのイヤリング

    もともと大ぶりイヤリングが好きで集めています。クリアな花びらが可憐なこちらは、ロマンティックなデザインに惹かれました。マニッシュなビッグアウターやヴィンテージ風ワンピースにもマッチします。

    (スタイリスト/三好 彩さん)

  • PANACEA Pharmaのイムネオール

    ヘアメーク川村友子さんに教えてもらった、肌につけられるエッセンシャルオイル。数滴を馴染ませてマッサージすると…硬くなった首や肩がスーッと軽くなるんです。ユーカリの爽やかな香りも心地いい!

    (編集/陣内素実)

撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE