特集

「また着てる(笑)」って思われない!【ベージュジャケット】アレンジ5選

この春のジャケット流行の中でも、注目カラーといえば断然「ベージュ」。このシーズンならではの爽やかなキレイ色と相性抜群な上、黒やネイビーほどかしこまり過ぎない雰囲気も魅力。ヘビロテ確実のベージュジャケットのアレンジ方法を押さえておきましょう。

着回すのはこのジャケット!

「また着てる(笑)」って思われない!【ベージュジャケット】アレンジ5選

リラックス感漂う素材と優しげなベージュカラー
気負わずに着られる、優しげなベージュのジャケット。 裏地のない一枚仕立てだから、カーディガン感覚で初夏まで活躍してくれそう。ジャケット¥27,000(イエナ ラ ブークル)

ジャケットプラスαで自在にイメージチェンジ

  • 春気分がUPする蛍光イエローのカーディガンは、ベージュとの相性抜群。薄軽な素材感だから、通勤バッグに忍ばせておきたい。肌寒いときに、さらっと〝プロデューサー巻き〟。これだけで、顔周りが華やかにこなれて見えます。ジャケット/上と同じ カーディガン¥15,000(エリオポール/エリオポール代官山)シャツ¥30,000(イレー ヴ/アングローバル)スカート¥33,000(エイトン/エイトン青山)バッグ¥61,000(ア ヴァケーション/アマン)パンプス¥27,000(オーリック/ハヤシゴ)

  • 古着のような色落ち感がこなれたグレーのスウェット。味のある一枚は、キレイに肩がけせず、テキトーに巻きつける感じでOK。実はショート丈でスッキリ。ジャケット/上と同じ スウェット¥15,000(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)Tシャツ¥9,000(マイカ アンド ディール/マイカ アンド ディール 恵比寿本店)パンツ¥8,990(Gap/Gapフラッグシップ 銀座)バッグ¥28,000(サマンサタバサ/サマンサタバサ ルミネ新宿店)パンプス¥13,000(ダニエラアンドジェマ)

  • 肩がけした時は、その後ろ姿がポイント。特に、女性らしいニットやプリーツスカートのコーデなら、適度な品を保ちたい。ニットのネック部分を畳むように折り返すと、スマートな印象に。肩にジャケット/上と同じ ニット¥36,000(デミリー/サザビーリーグ)バッグ¥12,800(ヤーキ/ショールーム セッション)スカート¥6,100(Isn’t She?)サンダル¥42,000(ロランス/ザ・グランドインク)サングラス¥48,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)

  • INに着るとシンプル、肩がけするとスクール風のラインがアクセントになる ニットは、今買い足したいアイテム。その日の予定や気温次第でアレンジが楽しめそう。ジャケット/上と同じ ニット¥16,000(スピック&スパン/スピック&スパン ルミネ有楽町店)カットソー¥9,000(スリードッツ/スリードッツ青山店)パンツ¥21,000(アウターノ ウン/RHC ロンハーマン)バッグ¥30, 000(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)パンプス¥23,000 (かねまつ/銀座かねまつ6丁目本店)

  • ふんわりと軽やかなカシミヤストールは、季節の変わり目に重宝。ピュアな白だから、ベージュジャケットが春らしい雰囲気に早変わり。顔を包み込むように巻くと、優しい肌触りがクセになる。ジャケット/上と同じ ストール¥48,000(ベグ アンド コー/ボーダレス) ワンピース¥32,000(バウム・ウンド・ ヘルガーデン/アルアバイル)バッグ ¥132,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)シューズ¥18,000(タラントン by ダイアナ /ダイアナ 銀座本店)

撮影/小川久志 モデル/里海 ヘアメーク/小松胡桃(ROI) スタイリング/児嶋里美 取材/横山理恵

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE