特集

今アラサーが着てる人気『ジャケット』コーデ18選【紺ブレ・ベージュ系ジャケット・個性派ジャケット…etc】

ファッションのマストアイテムと言えば「ジャケット」。そこで今のアラサー女子のリアルなジャケットコーデをSNAP!お仕事シーンから休日まで、リアルに参考になるコーデを集めたので、ぜひ参考にしてくださいね!

「紺ブレ」がオシャレ女子に今、超絶人気!

石井里奈さん 通信会社勤務・30歳の「モロコバーの紺ブレ」

今アラサーが着てる人気『ジャケット』コーデ18選【紺ブレ・ベージュ系ジャケット・個性派ジャケット…etc】

シンプルワンピにさらっと羽織るだけで今っぽくサマになります
通勤コーデがもの足りない時は紺ブレがぴったり。フラットでシンプルな金ボタンは華やかだけどきちんと感があるし、テーラードジャケットもネイビーならオシャレ感が出ます。また、コンサバになりやすいワンピやスカートの合わせとして、さらに休日のカジュアルまで大活躍しています。今日はベージュのニットワンピとカーディガンに合わせて。通勤時は小物までベージュで統一して大人っぽくします。(石井里奈さん 通信会社勤務・30歳165cm)
ジャケット:MOROKOBAR ニット&カーディガン:FRAY I.D バッグ:LOEWE パンプス:DIANA

黒島秀佳さん マスコミ会社・29歳の「グリーンレーベルの紺ブレ」

トレンドコーデを一瞬でオフィス仕様に変えてくれます!
このジャケットはトレンドを押さたゆるシルエットですが、大きすぎず仕事にも着ていきやすいのがポイント。袖を折り返して抜け感やバランスを整えました。ビビットカラーのパンツにピンクベージュのパンプスで繋がりを意識しつつ、ボーダーをボトムスインしてスタイルアップ効果も狙いました。(黒島秀佳さん マスコミ会社・29歳 161cm)

ジャケット:UNITED ARROWS green labelトップス:ADAM ET ROPE’ パンツ:FONCE バッグ:FURLA パンプス:kate spade new york

立川沙也香さん 広告代理店勤務・30歳の「アルアバイルの紺ブレ」

甘党派こそ、この春は紺ブレのカッコよさに頼れます
甘めなスカートやワンピースが大好物ですが、紺ブレを羽織ると見た目もシュッとして見えるし、気持ちも引き締まるのでコーデの調整役として重宝しています。特にダブルボタンのボックスシルエットなら今っぽいロング丈スカートやワイドパンツともバランスがぴったり。今日は春らしいミントカラーのフレアスカートと合わせました。(立川沙也香さん 広告代理店勤務・30歳 167cn)

ジャケット:ANAYI トップス&スカート:Loungedress バッグ:import 靴:Odette e Odile

佐藤匠さん・ファッション関連 29歳の「クチュールドアダムの紺ブレ」

この春はいっそう軽快に! 白を意識したジャケットスタイルが気分
毎年定番の紺ブレ×デニムスタイルも、今年は白を取り入れてきれいめなフレンチスタイルに。このジャケットは軽めの素材で肩パットも無いのでカーディガン感覚で着られるうえ、白ボタンでマリン風にコーディネートできるのが特徴。白ブラウスと合わせつつ、足元も白のローファーで軽さを出しました。(佐藤匠さん・アパレル関係 29歳・172cm)

ジャケット:COUTURE D’ADAM トップス:HUGO BOSS デニム:Levi’s バッグ:CELINE ローファー:Wisteria Fujiwara

冨張 愛さん ファッション関連・29歳の「INED‘の紺ブレ」

裏地の赤がポイントになったジャケットでデニムコーデを大人っぽく
流行感のある白ボタンとアクセントになる赤の裏地に一目惚れしたジャケットは、デニムでカジュアルに着ます。今年らしくウォッシュの強い水色デニムに足元も抜け感のある白のミュールをコーディネート。仕上げにスカーフやバッグで色や柄を取り入れて華やかさを出しました。(冨張 愛さん ファッション関連・29歳 157cm)

ジャケット:INED’ トップス:REDCARD×Hanes デニム:YANUK バッグ&靴:HERMES

中村麻美さん・アパレルディレクター 24歳の「イレーヴの紺ブレ」

アクセントを省いたジャケットで華やかなスカーフがいっそうサマになります
ボックスシルエットでメンズライクだけどボタンがべっ甲素材なので、きれいめに着られるのがお気に入りのジャケット。かっちり感が出やすいアイテムなのでTシャツでカジュアルダウンしつつ、スカーフでアクセントをつけました。スカートもシルクのツヤ感と色味が上品なデザインを選んで大人っぽく。足元はなじみのいいベージュのスクエアサンダルを合わせました。(中村麻美さん・アパレルディレクター 24歳154cm)

ジャケット:YLEVE トップス:ebure スカート:YLEVEバッグ:eb.a.gos靴:Bottega Veneta

松田衣里菜さん・商社勤務 30歳の「DHOLICの紺ブレ」

コットン素材の涼しげジャケットはオンオフ気軽に羽織れて大活躍
紺ブレに大好きなボーダーを合わせたお気に入りの通勤コーデです。ボトムスはアンクル丈パンツとスリッポンでマニッシュな雰囲気に仕上げました。大きめバッグでハズしたのもポイント。顔まわりが重たくならないようにポニーテールにしたのもポイントです。(松田衣里菜さん・商社勤務 30歳 161cm)

ジャケット;DHOLIC トップス:basement パンツ:ENFOLD バッグ:CELINE 靴:韓国で購入したノーブランド

「茶・ベージュ系ジャケット」は即、今年っぽくなれると人気急上昇中!

桐 嵯梨さん 宝飾関係・28歳の「ROPEのブラウンジャケット」

ベージュのワントーンにスカーフでワンポイント添えて
もともとベージュ系の大人っぽい雰囲気が大好きなんですが、今シーズンはより大人っぽい着こなしがテーマ。そこでスカートではなくセンタープレスパンツをコーディネート。白とブラウン系でトレンドのワントーンにしつつ、ワイドシルエットでリラックス感も演出できるのでジャケットでも固く見えすぎないようにしました。(桐 嵯梨さん 宝飾関係・28歳 157cm)

ジャケット&スカーフ:ROPE’ トップス:UNIQLOバッグ:LOEWE 靴:FENDI

吉村 奏さん 自営業・27歳の「ユナイテッドアローズのボックスシルエット」

フェミニンなベージュジャケットはあえてデニムonデニムでカッコよく
アローズのジャケットはメンズっぽいボックスシルエットや丈感、無駄のないデザインまでパーフェクトな一枚。カジュアルにもきれいめにもハマるのでオンオフ重宝しています。今日は思い切りカジュアルにデニムでスタイリング。足元もパイソン柄のパンプスで辛口に仕上げました。(吉村 奏さん 自営業・27歳 165cm)

ジャケット:UNITED ARROWS トップス:POLO RALPHLAUREN デニム:UNIQLO バッグ:MARCO MASI  パンプス:ZARA

稲田梨乃さん 商社勤務・27歳の「ZARAのベージュジャケット」

ワンピとスニーカーのミスマッチをベージュJKが絶妙にまとめてくれます
ワンピースと楽チンなスニーカーのコンビが好きなのですが、カジュアルすぎるのも苦手なのでベージュのジャケットがぴったり。少し長め丈のメンズっぽいシルエットなので、程よくカジュアル出て甘めのワンピースと相性バツグン。足元は上品なカラーリングにひと目ぼれしたダットスニーカーを合わせました。(稲田梨乃さん 商社勤務・27歳 161cm)

ジャケット:ZARA ワンピース:ZARA バッグ:LOEWE スニーカー:D.A.T.E

夏目頌子さん・フリーデザイナー 29歳の「スタニングルアーのグレージュジャケット」

素材と色合いがライトなジャケットで通勤もOKなきれいめワントーンに
スタニングで見つけたジャケットはリネンっぽい素材やSサイズでも着やすい丈感や袖が気に入って購入。センタープレスのワイドパンツを合わせつつ、トップスはカジュアル感のあるTシャツをインして。モノグラムのバッグとポインテッドトゥのパンプスで、印象を引き締めました。(夏目頌子さん・フリーデザイナー 29歳 158cm)

ジャケット:STUNNING LURE トップス:UNIQLO パンツ:PLST バッグ:LOUIS VUITTON 靴:PELLICO

井上友美さん 外資系金融関係 30歳の「H&Mのベージュジャケット」

七分袖ジャケットでモノトーンコーデにこなれ感をプラス
H&Mで見つけたジャケットは袖がクシュっとした7部丈がポイントで肩掛けした時もバランスよくまとまります。シンプルなモノトーンコーデにラフに肩掛けして、きれいめカジュアルにしました。ちょっと派手柄のバッグと厚底ローファーでさりげなくアクセントも加えて。(井上友美さん 外資系金融関係 30歳 162cm)

ジャケット:H&Mトップス:DHOLIC パンツ:GUバッグ:FURLA 靴:EVOL

中瀬古ゆきなさん・フリーランスPR 27歳の「ラスタルのベージュジャケット」

白とベージュの中間色とオーバーサイズが今っぽくて着こなしやすい
通販で見つけた約9千円のプチプラジャケットなんですが、色やサイズ感が絶妙で愛用中。ジャケットコーデは無難になりやすいので王道の黒スキニーを合わせつつも、カゴバッグや真っ白なパンプスなど、小物でトレンド感をさりげなく更新しました。(中瀬古ゆきなさん・フリーランスPR 27歳)

ジャケット:Rustal トップス:kate spade パンツ:Lagnamoonバッグ:LE VERNIS 靴:Kurun Tokyo

一歩先行くオシャレなアラサーの「個性派ジャケット」

金城華乃子さん PR/ライター・28歳の「HIGAのシルクジャケット」

ジャケット×デニムの王道カジュアルはツヤ感でひねりを加えて
コンサバがハマりすぎてしまう顔立ちなので、少しカジュアルだったり変化球なアイテムを心がけています。今日は質のいいシルク素材がお気に入りのジャケットをヴィンテージデニムとコーディネート。透け感デザインがさりげなく入った白Tシャツと合わせてぬけ感も出しました。バッグと靴はきれいめにまとめれば、通勤からちょっとしたパーティまで対応できるジャケットスタイルに。(金城華乃子さん PR/ライター・28歳)

ジャケット:HIGA トップス:OPENING CEREMONY デニム:RE/DONE バッグ:Chloe’ 靴:JIMMY CHOO

鈴木詩織さん IT関連勤務・29歳の「エマタイラーの白ジャケット」

リネン素材のダブルジャケットはトリコロールでフレンチカジュアルに
真っ白なリネンジャケットにあえてロゴが可愛いルベーシックのTシャツを合わせました。バッグも白で統一して引き算を効かせて。ボトムスはウォッシュがきれいで今っぽいハイウエストの切りっぱなしのブルーデニムを合わせることでカジュアル感をアップ。足元はサンダルでぬけ感を出して全体のバランスを整えました。(鈴木詩織さん IT関連勤務・29歳161cm)

ジャケット:Emma Taylor トップス:Les Petits Basicsデニム:Shinzone バッグ:ZARA サンダル:PIPPI CHIC

光沢真実さん IT関連勤務・28歳の「エクランのショートジャケット」

Sサイズなのでワンピースにはショートジャケットでバランスアップ
休日はジャケット×ワンピースの楽ちんコーディネートがお気に入り。カーディガン感覚で着られるのにきちんと感があるし、ショート丈で腰位置も高く見せられるのがポイント。足元はタッセル付きのローファーできちんと感をキープすれば、お散歩からレストランまでどんなシーンも対応してくれるカジュアルに。(光沢真実さん IT関連勤務・28歳 156cm)

ジャケット:ECLIN トップス:UNIQLO ワンピース:JOURNAL STANDARD relume バッグ:ZARA 靴:DIANA

桶谷綾乃さん・秘書 30歳の「ZARAのブラックジャケット」

カラーパンツと黒ジャケットでエレガントな通勤スタイルに
今年らしいイエローのパンツを主役にテーラードジャケットでカッコよくコーディネートしました。真面目すぎる印象になりすぎないようにジャケットを肩掛けしたり、ダテメガネでカジュアル感をプラスしたのがポイント。さらに黒のトップスをインすることでボトムスとのコントラストが生まれて、脚を長く見せる効果も。(桶谷綾乃さん・秘書 30歳 161cm)

ジャケット:ZARA トップス:ZARA パンツ:COLLAGE GALLARDAGALANTE バッグ:CELINE 靴:TSURU by Mariko Okikawa

李雨瀟さん・自営業 33歳の「ルクールブランのセットアップ」

チェック柄がマニッシュなセットアップを着崩すのが気分です
春っぽいベージュと普段づかいできるシンプルなデザインの格子柄がお気に入りのセットアップはロングTシャツと肩掛けでカジュアルダウン。足元は黒のブーツで印象を引き締めます。バッグまでベージュで統一したのがポイントです。(李雨瀟さん・自営業 33歳 160cm)

ジャケット&パンツ:Le.ceurblanc トップス:ZARA バッグ:CELINE 靴:ZARA

撮影/中田陽子 ヘアメーク/小松胡桃(ROI)取材/佐藤かな子 構成/CLASSY.ONLINE編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE