特集

「ジャケット」コーデが無難に見えないアラサー世代の「名品Tシャツ」3選【前編】

カジュアルな着こなしが増えてきた今シーズン、ジャケットINの必需品といえば〝Tシャツ〟。だからこそ、ただ無難なインナーとしてではなく、1枚でもオシャレに見えるものを選びたいもの。今季なら、美シルエットな無地、ニュアンス漂うロゴ、今どきなフォトTの3タイプが○。大人も満足する名品Tシャツが勢揃いしました!

さりげなく主張する“フォトT”をイン

  • 「ジャケット」コーデが無難に見えないアラサー世代の「名品Tシャツ」3選【前編】

    ジャケットを脱いでもオシャレ度をキープできるモノトーンのフォトT。褪せたプリントやユニセックスなゆとり感も、いいあんばい。ジャケット¥45,000(ハウント/ハウント代官山/ゲストリスト)Tシャツ¥9,000(スリードッツ/スリードッツ青山店)デニムパンツ¥21,800(SERGE de bleu/ショールーム セッション)バッグ¥98,000(ピエール アルディ/ピエールアルディ 東京)ネックレス¥190,000(サンメイヤ/ロンハーマン)リング¥15,000(アンセム フォー ザ センスズ/ビームス ライツ 渋谷)サンダル¥54,000(ペリーコ/アマン)サングラス¥34,000(モスコット/モスコット トウキョウ)

  • ほどよいプリントのおかげで、ジャケットを脱いでも物足らないコーデになるのを回避。

  • カチッとしたジャケットスタイルに旬の抜け感が加わり、今年っぽくアップデート。

今どきのジャケットインに必要なのはこの3タイプ!

①無地Tシャツ

左:旬の配色にマッチする茶系のニュアンスカラー【BRACTMENT】
右:太めの袖と短め丈が絶妙バランスの白【AULAREEfor Ron Herman】

ジャケット¥59,000(アンフィル/スピック&スパン ルミネ有楽町店)Tシャツ(左)¥7,000(ブラクトメント/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店)Tシャツ(右)¥12,000(オーラリー フォー ロンハーマン/ロンハーマン)

②ロゴTシャツ

左:古着っぽい生地感とレトロな書体がこなれ見えする【MOTHER】
右:キレイめに着られる“パリっぽい”書体が気分【LES PETITS BASICS】

ジャケット¥79,000(ユニオンランチ/サザビーリーグ)Tシャツ(左)¥14,000(マザー/サザビーリーグ)Tシャツ(右)¥5,800(LES PETITS BASICS/スピック&スパン ルミネ有楽町店)

③フォトTシャツ

左:さらりとした風景写真ならカラーでもコーデしやすい【JANE SMITH×MikeO’Meally©】
右:オシャレな人物のモノクロプリントが◎【GOOD ROCK SPEED】

ジャケット¥24,000(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)Tシャツ(左)¥11,000(JANE SMITH×MikeO’Meally©/UTS PR)Tシャツ(右)¥4,500(グッドロックスピード/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店)

>>>【後編】では、このTシャツを使ったコーディネートを紹介します。

撮影/須藤敬一〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉 モデル/河北麻友子 ヘアメーク/森 ユキオ(ROI)スタイリング/平沼洋美 取材/横山理恵

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE