特集

防寒とスタイルアップを両立!アラサー女子のための「着痩せアウターコーデ」4選

2019年もあと少し。仕事にデート、忘年会や女子会など年末はとくに多忙を極めるアラサー世代。お出かけのときに忙しくても気をつけたいのが「防寒対策」ですよね。けれどしっかり防寒すると逆に着太りして見えてしまう、なんてことも。今回は普段からオシャレに厳しいCLASSY.リーダーズの皆さんに、とっておきの防寒対策と着痩せして見えるテクニックを教えてもらいました。これで年末年始の寒さも怖くありません!

着痩せしてみえる、オススメの防寒コートスタイルをチェック!

1.ボリューミィなコートはウエストベルトでメリハリをプラス

  • 防寒とスタイルアップを両立!アラサー女子のための「着痩せアウターコーデ」4選

「ウエストマークできるので、スタイルアップして見えるボリュームコート。ゆるいシルエットの袖なのでインナーダウンも仕込めます。中のコーディネートはシャツワンピースで着膨れしないように注意!」(鈴木詩織さん・29歳 IT関連勤務)
ワンピース:moussy コート:CITY バッグ:J&M Davidson 靴:ZARA

  • 「ゆるく縛るだけだと寸胴に見えがち。少しキツいかな、ぐらいに縛るだけでくびれを強調できます」

  • 「毎年欠かせないユニクロのウルトラライトダウンを挟みます。数年前に購入したダークなカーキの色味のものを愛用しています」

  • 「薄手のブーツやフラットシューズではなく、靴用ホッカイロを仕込んでもバレない編み上げブーツにしました。コートの丈感ともバランスが良いんです」

合わせて読みたい!

冬の大本命「オーバーサイズコート!」 アラサーおしゃれ読者の着こなし3選【パンツ編】

2.落ち感のあるチェスターコートはIラインシルエットを徹底する

「スマートな印象のチェスターはスラッとして見せやすいコートだと思います。コートの中身は、タイトスカートにタートルネックをインして、Iラインシルエットを強調。ウエストインが分かりやすい配色にしたところも着痩せテクニックの一つです」(夏目頌子さん・28歳 IT関連勤務 159cm)
トップス:UNIQLO スカート:LE CIEL BLUE コート:STUNNING LURE バッグ:GIANNI CHIARINI 靴:ZARA 

  • 「コートを着たときにも、タイトなシルエットが一目で分かるタートルネックをイン。首元を冷やさない効果も」

  • 「肌が弱いので、インナーには無印良品のオーガニックコットンインナーが大活躍。990円とは思えない暖かさです」

  • 「暗いトーンが増える今の季節にぴったりのシルバーバッグで華やかさをプラス」

  • 「背が159cmとSサイズなので、ゆるっとしたオーバーサイズめのコートを着るときはヒール必須です」

合わせて読みたい!

スタイリストが考えると定番がこんなに変わる!チェスターコート着こなし7選

3.ストレートコートは下半身にゆとりを持たせない着こなしが正解

「真冬は重ね着が多くて着膨れしがちですが、ストレートコート×スキニーパンツ&ストレートブーツで、特に下半身のIラインシルエットを徹底します。スキニーにブーツINしたコーデはスタイルアップして見えやすいんです」(李 雨瀟さん・32歳 PR会社経営 161cm)
トップス:riana ボトムス:titivate コート:united arrows バッグ:CELINE 手袋:HERMES マフラー:ACNE 靴:Daniella&Gemma

  • 「首元&手元の防寒はしっかりと。肌見せを許しません」

  • 「秋冬出番が増えるセリーヌのラゲージ。グレージュの色がクラス感を与えてくれます」

  • 「かっちりしたシルエットが気に入っている乗馬ブーツ。パンツをインするだけでぐっとスタイルアップに」

合わせて読みたい!

【冬アウター】キレイめコート×レイヤードでカジュアルがグッとこなれる!

4.ゆるノーカラーコートは締め色ワントーンで着痩せの視覚効果を演出

「ブランケットのようなゆるふわ感のあるブラウンのノーカラーコートは、インナーに白やベージュを選ぶとうっかり着膨れしがち。引き締め効果も兼ねてオールブラックコーデに決めました」(中瀬古ゆきなさん・27歳 フリーランスPR 165cm)
トップス:ZARA スカート:Ameri vintage コート:ottilie バッグ:arm in arm 靴:Maison Margiela

  • 「長め丈のタートルネックなら、いつもよりもっと風を通しにくい。ZARAのタートルネックです」

  • 「前を閉めて着るときは、ベルトをしっかり閉めて、よりタイトにぴたっと着こなします」

  • 「ショルダーバッグはストラップを短めにして、胸下あたりの位置で掛けると目線が上にいくのできゅっとまとまって見える効果も」

  • 「つま先がスマートなシルエットのブーティは変型ヒールがポイント。NOTコンサバコーデになります」

合わせて読みたい!

2019年、秋冬アラサーが押さえておきたい「エコファーコート」5選

撮影/中田陽子 ヘアメーク/久保フユミ、後藤若菜、小松胡桃(すべてROI)取材/角田枝里香 構成/CLASSY.ONLINE編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE