CLASSY.

特集

大人カジュアルな「フーディ」と相性のいいボトムス一気見せ!

スポーティなムードが色濃かった先シーズンから一変、今季のフーディはより大人っぽく着るのが気分。スタイリングのバランスやボトムスの更新など、ほんの少しの変化で差がつきます。

  • ワンピレイヤードは
    ゆる×ゆるが成功のカギ

    ロマンティックな花柄ワンピにぶかっと大きなメンズサイズのフーディを重ねた、旬のミックスコーデ。肩の力を抜いたこなれ感たっぷりの着こなしに、大人の余裕が漂います。フーディ¥34,000(エイトン/エイトン青山)ワンピース¥37,000(サクラ/インターリブ)バッグ¥5,000(アーバンリサーチ ドアーズ/アーバンリサーチ ドアーズ 銀座マロニエゲート店)ブーツ¥27,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)イヤリング¥1,780(アネモネ/サンポークリエイト)リング¥76,500(ププティエ/フォーティーン ショールーム)

  • ワイドパンツ×「前だけイン」で
    誰でも即、脚長に

    ボリューミィなワイドパンツでもバランスがいいのは、前身ごろを少しだけインして、腰から下の見え方を調整しているから。フロントのもたつきを片付けることで、細見え効果も。フーディ¥7,000(フォークアンドスプーン/アーバンリサーチ ドアーズ 玉川髙島屋SC店)パンツ¥46,000(イレーヴ/アングローバル)バッグ¥23,000(ヴィオラドーロ/ピーチ)シューズ¥28,000(FABIO RUSCONI for ANAYI/essence of ANAYI)サングラス¥38,000(アイヴァン/アイヴァン PR)ピアス¥11,800(ガス ビジュー/ビヨンクール 大阪髙島屋店)

  • いつものフレアスカートも
    「異素材」を選べば新鮮

    ほっこり甘くなりがちなフレアスカートをレザー素材にすることで鮮度がアップ。シンプルなアイテム同士でも、素材を変えるだけで印象が大きく変わります。フーディ¥19,000(サンスペル/サンスペル 表参道店)スカート¥49,000(SAYAKADAVIS/ショールーム セッション)バッグ¥54,000(ボルドリーニ/シップス 有楽町店)ストール¥27,000(ドゥースグロア/GALERIE VIE 丸の内店)ブーツ¥47,000(ツル バイ マリコ オイカワ)ピアス¥28,000(ソフィー モネ/RHC ロンハーマン)バングル¥2,680(アネモネ/サンポークリエイト)

  • テーパードパンツは
    ワントーンがこなれます

    「ラフなフーディ×キレイめテーパード」のミックス感がオシャレ上級者を作ります。白シャツのレイヤードもこなれ度アップに貢献。フーディ¥16,000(ネル/シップス プライマリーネイビーレーベル)パンツ¥17,000(ボッシュ/サンエー・インターナショナル)シャツ¥39,000(ビューティフルピープル/ビューティフルピープル 銀座三越)バッグ¥42,000(ムーニュ/GALERIE VIE 丸の内店)スニーカー¥13,000(バンズ/ピルグリム サーフ+サプライ)イヤリング¥2,900(mimi33/サンポークリエイト)時計¥22,000(コモノ/コモノ東京)

  • ブルーデニムをやめて
    黒スキニーに

    ボリューミィなワイドパンツでもバランスがいいのは、前身ごろを少しだけインして、腰から下の見え方を調整しているから。フロントのもたつきを片付けることで、細見え効果も。フーディ¥7,000(フォークアンドスプーン/アーバンリサーチ ドアーズ 玉川髙島屋SC店)パンツ¥46,000(イレーヴ/アングローバル)バッグ¥23,000(ヴィオラドーロ/ピーチ)シューズ¥28,000(FABIO RUSCONI for ANAYI/essence of ANAYI)サングラス¥38,000(アイヴァン/アイヴァン PR)ピアス¥11,800(ガス ビジュー/ビヨンクール 大阪髙島屋店)

  • タイトスカートと
    スリット入りフーディで細見え

    今季注目のサイドスリットが入ったデザイン。スタイルアップと同時に、着こなしに旬なムードを与えてくれます。フーディ¥2,990(ユニクロ ユー/ユニクロ)スカート¥19,000(GALERIE VIE/GALERIE VIE 丸の内店)バッグ¥16,000(ビューティフルピープル/ビューティフルピープル 銀座三越)ストール¥15,000(CITRUS/essence of ANAYI)ブーツ¥22,000(アプローチ/アースマーケティング)メガネ¥34,000(アイヴァン/アイヴァン PR)ピアス¥3,100〈mimi33〉バングル¥3,600〈アネモネ〉(ともにサンポークリエイト)

大人気!フーディに関する記事はこちら

トレンドの「フーディ」の日の正解アウターはコレでした!4選

大流行「フーディ」をもっと素敵に着る方法、教えます!

撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE)〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/有末麻祐子 ヘアメーク/神戸春美 スタイリング/栗尾美月 取材/宮沢裕貴子

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE