CLASSY.

特集

今すぐできる!オシャレの小技テク①「シャツの袖、正しく折れる?」

オシャレな人と、そうでない人との違いは細部に宿ります。例えば裾を半分出したり、袖を半分折ったり、帽子を半分斜めにかぶったり。身近なところにたくさんあったオシャレのひと手間テクをご紹介します。今この瞬間から使える実用テクニックがぎっしりです!
第1回目は、「シャツの袖」「タートルネックの首元」の折り方です。CLASSY.の人気スタイリスト平沼洋美さんに、ポイントをうかがいました。

シャツの袖、オシャレに折れていますか?

正しくは【半分ずつ折ることを3回繰り返すだけ】

  • これが「オシャレな人のシャツの腕まくりスタイル」です!

  • 袖はこんな感じになっています

袖の折り方はこちらをチェック


  • シャツの袖をすべて伸ばして着た状態です。ひじの位置が、これからのガイドラインです。


  • シャツの袖とひじの中間地点まで、一度、外側から半分に折り返します。


  • 折り返したシャツの袖を、さらにまた半分になるように外側から折り返します。


  • これまでに折り返した部分を、半分だけ斜めのラインで折り返して完成です。

続いて、タートルネックの首元の今風の折り方を紹介します

正しくは【半分だけ折ったら、さらに小さく半分折る】

  • くしゅっとたゆませたような旬のタートルネックに

首元の折り方はこちらをチェック


  • タートルニットの衿を半分だけ外側に折ります。残り半分は折らず内側に倒れた状態に。


  • 倒れている衿の、上部分のみを外側に少しだけ折ります。これで絶妙なニュアンスが出せます。

Point
ざっくりタートルこそニュアンスを!

薄手のタートルニットではなく、冬になるにつれて登場頻度が高くなるざっくり系のタートルニットこそ衿元の印象がオシャレの要。衿は何重にもきっちりと折ったりせず、ラフに半分だけを折るのがルールです。ぜひ冬に向けてマスターして。

他にもまだある!オシャレの小技テクはこちらから

shatsusode

inn

boushi

教えてくれたのは…
スタイリスト平沼洋美さん
読者目線のリアルな感覚をもち、カジュアルなアイテムを効果的に使った大人っぽくてトレンド感のあるスタイリングが人気。

撮影/福本和洋(MAETTICO) モデル/加納奈々美 ヘアメーク/森川 誠(PEACE MONKEY) スタイリング/平沼洋美 取材/田村宜子

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE