特集

お盆休みに再点検!大人女子の「スタイルアップ通勤服」8選【痩せ見えアイテムで残暑を乗り切る】

「ほっそり、ちょっとでも痩せて見せたい」。これ、女性たちの永遠のテーマです。特に夏は露出が多く、体型のごまかしが利かないから、アイテム選びは真剣にのぞみたいところ。

ほっそり見せたいなら、「トップス」は、コンパクトなサイズ感で、ノースリやリブ「ボトムス」は、ハイウエスト、Iライン、センタープレス入りなどのアイテムがおすすめです。

そんなアイテムを使った通勤コーデ、CLASSY.本誌の人気コーデの中からチェックしていきましょう!

スタイルアップできる「夏の通勤コーデ」8選

  • お盆休みに再点検!大人女子の「スタイルアップ通勤服」8選【痩せ見えアイテムで残暑を乗り切る】

    ベルト効果で細見え&目線をアップ

    ウエストマークができるベルトをプラスするなら、共布がベター。共布なら、ベルトの横ラインで上下を分断することなく、脚を長くスタイルアップしくれます。センタープレスのパンツも細見えを後押し!

    『CLASSY.』2019年6月号P.171掲載

  • ネイビー×白のメリハリコーデで見た目もイメージもすっきり

    着るだけできちんと感が出るネイビー×白は通勤服の鉄板! 膨張しがちな白ワンピもネイビーで引き締めることでほっそり見せを叶えます。

    『CLASSY.』2019年6月号P.49掲載

  • ノースリ×センタープレスパンツは細見え最強セット

    旬のややワイドなパンツを選ぶなら、センタープレス入りを。縦が強調されるので、ほっそり確実です。さらにノースリで縦ラインを強化すればもう完璧! セットアップはコーデの時短にも。

    『CLASSY.』2019年6月号P.178掲載

  • 今ドキなハイウエストで脚長効果を期待

    ハリ感のあるAラインのチェックスカート。ハイウエストタイプのスカートなら、ウエスト位置を高く見せられるので脚長に。トップスをコンパクトにまとめれば、縦感も強まってほっそり。

    『CLASSY.』2019年6月号P.195掲載

  • Iラインが自然と生まれるタイトスカート

    仕事ができそうなパンツスタイルもいいけれど、女らしさが際立つタイトスカートも通勤には◎。腰回りからつま先までをながーく見せたいので、高めのヒールパンプスでかっこよく、スマートに決めてほっそり見せて。

    『CLASSY.』2019年6月号P.144掲載

  • ドレーピーで女らしいワイドパンツなら
    トップスは小さくしてIラインを印象付けて

    靴にかぶさるぐらい長めのワイドパンツは、ローファーと合わせてかっこよく着こなすと通勤服に。ヒール合わせによる縦長効果を見込めないので、トップスや重ねアイテムですっきり感を強調! もちろんトップスはウエストインですっきり!

    『CLASSY.』2019年8月号P.86掲載

  • リブニットTシャツも細見せ効果が狙える要チェックアイテム

    縦ラインを強調するのに、ついパンツや長め丈のスカートに頼りがちですが、今年も人気のリブニットでこっそり縦強調もあり。ニットTシャツなら今から初秋まで重宝します。

    『CLASSY.』2019年8月号P.104掲載

  • ネック周りのヌケで視線アップに成功!

    通勤服として好感度の高いシャツワンピ。清潔感があるから、ネック周りを少し大胆に開けてもOK。このテクで目線がアップして全身のバランスをよく見せてくれます。

    『CLASSY.』2019年9月号P.83掲載

いかがでしたか?
夏は着る洋服の枚数自体が少ないから、アイテムで勝敗が決まります。縦ラインが強調できるアイテムをうまくコーディネートに取り入れて、通勤中もスマートな女性を目指しましょ!

※この記事は「CLASSY.」本誌の内容を再編集したものです。
アイテムに関するショップへのお問い合わせはご遠慮ください。

構成/植木麻里子

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE