CLASSY.

特集

最新肩掛けコーデの正解③「ケープ掛け」【2019年秋、あなたの肩掛けは時代遅れかも!?】

コーディネートに何か足りないな…と思ったときに役に立つのが肩掛け。アラサー女子のなかではすでに定番となっている着こなしだけど、実は少しずつ進化しているって気づいていましたか? あなたがやっているその肩掛け、実はちょっと古かったりするかも!?

第3回目では、ただ羽織るだけ…と侮ってはいけない「ケープ掛け」を紹介します。

ざっくりと肩に掛けるだけで、着こなしにこなれ感が

ケープのように肩をしっかり覆えば大人の余裕がふわり

無造作に羽織ったように見えるケープ掛けでファッション上級者風に。カーディガン¥19,000(カリテ/カリテ スケープ コレド日本橋店)カットソー¥10,000(ロンハーマン)パンツ¥23,000(アッパーハイツ/ゲストリスト)バッグ¥15,000(ミュラー オブ ヨシオクボ)イニシャルネックレス¥58,000(プラウ/フラッパーズ)チョーカー¥27,000(ココシュニック)

ケープ掛けのやり方はこんな風に

  • 使用するのはこんなタイプ!
    一人一枚は常備しているコンパクトカーデが程よい

    クルーネックカーディガンやパーカなど、定番のアイテムが最適。

  • ①まずはボタンを全部はずします。その後、両袖の脇を持ち、内側にひと折りします。

  • ②うなじに肩掛けするものの上部をあてながら行うと、肩がすっぽり覆われます。

  • ③袖は下ろしたままでもいいし、軽く結んでもOK。コーディネートのバランスを見て選んで。

他にはこんなコーデもオススメ!

  • パーカを肩に掛けるだけで全身のバランスがUP

    端正なパンツをパーカの肩掛けでカジュアルダウン。カットソー¥8,900(エイトン/エイトン青山)パンツ¥21,000(スタニングルアー/スタニングルアー 青山店)バッグ¥18,000(TOFF&LOADSTONE/T&L)靴¥17,000(ピシェ ビアン/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店)ブレスレット¥17,000(マユ/マユアトリエ)

  • 肩掛けアイテムはこちら
    パーカ投入でぐっと華やか。パーカ¥26,000(デンハム/デンハム・ジャパン)

  • 甘めなコーデもデニムシャツのケープ掛けで微糖に

    ケープ掛けでコンサバな着こなしに抜け感が。スウェット¥17,000(ロンハーマン)スカート¥19,000(ルージュ・ヴィフ/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店)バッグ¥23,000(メゾン ヴァンサン/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店)靴¥52,000(ネブローニ/アルアバイル)サングラス¥12,800(コモノ/コモノ東京)イヤリング¥15,000(ヴァンドームブティック/ヴァンドームブティック 銀座三越店)

  • 使用した肩掛けアイテムはこちら
    デニムシャツも女らしく。デニムシャツ¥8,500(リー/リー・ジャパン カスタマーサービス)

おしゃれは細部にこそ宿る!ということで、肩掛けひとつ取っても、テクニックに気を付けてみてはいかがでしょうか。

撮影/中田陽子(MAETTICO)〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/河北麻友子 ヘアメーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) スタイリング/三好 彩 取材/棚田トモコ

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE