特集

夏の「スポサンとビーサン」を街でオシャレに履く秘訣は?【CLASSY.スタッフ編】

歩きやすくて楽ちんでいいことずくめのスポサン&ビーサン。この夏はビーチやリゾートだけでなく、街で普段使いした方がオシャレなのを知っていましたか? 一方で、カジュアルすぎたり子供っぽく見えるのは嫌ですよね。そこで普段からスポサン&ビーサンを愛用しているCLASSY.スタッフを直撃スナップ。使えるデザインから上手な取り入れ方、スタリング術まで教えてもらいました!

履くとエレガントなTEVAの「VOYA INFINITY」はきれいめ派にオススメ

  • 夏の「スポサンとビーサン」を街でオシャレに履く秘訣は?【CLASSY.スタッフ編】

    歩きやすいスポサンはずっと気になっていたのですが定番のマジックテープタイプはカジュアルすぎて苦手だったんです。でもVOYA INFINITYはスポサンの履き心地や使い勝手の良さはそのまま、ゴム部分が細いのでヌーディーなサンダル気分で女らしく履けるんです。シックなブラウンワンピースと合わるだけでエレガントな印象はそのままに、絶妙に今っぽいカジュアル感を演出してくれます。
    ワンピース:RonHerman バッグ:green label relaxing サンダル:Teva イヤリング:LUCAS JACK

    野田春香さん ライター 160cm

  • 私の大好きな配色、黒×ゴールドのスポサンは人とかぶりにくいのも選んだ理由の一つ。複雑そうに見えるデザインですが、さっと足を入れることができて玄関でも履きやすいところも密かなお気に入りポイントです。

TeVaのスポサンを履くときは柄ワンピでパリジェンヌ気分に

  • ハードなスケジュールの日や長時間のロケ撮影などで重宝するスポサンですが、履くときは少年っぽくなりすぎないように気を使っています。今日は深Vネックの小花柄ワンピースとコーディネート。ビビットカラーのフリンジがアクセントになってくれるピアスなど、小物使いで華やかさもプラスさせました。
    サンダル:TEVA ワンピース&ピアス:ZARA バッグ:RonHerman

    栗尾美月さん スタイリスト 160cm

  • 定番のマジックテープタイプのTeva。海やリゾートでも履いていましたが、あまりの履きやすさで、最近は仕事中でも大活躍してくれています。

OLD NAVYのビーサンはシックなセットアップで街仕様に変身

  • 毎年ハワイで5足くらいまとめ買いしているOLD NAVYのカラービーサンは、きれいな発色で上品に履けるのが気に入って普段使いしています。きれいめなワイドシルエットの黒セットアップにあえて足元だけビーサンというヌケ感が今の気分にぴったり。バランスをよく見せるために小さめの斜めがけポシェットを選び、脚のラインを見せすぎないきれいめなワイドパンツに合わせるのがこだわりです。
    ビーサン:OLD NAVY セットアップ:DHOLIC バッグ:HERMES

    中津悠希さん ライター 159cm

  • 何足か買った中でもきれいなブルーグレーが今年らしくて特にお気に入りの一足。ビーサンは足首が見える丈のパンツと相性よく履けると思います。

ドレッシーなレースワンピにあえてGAPのビーサンが好バランス!

  • ビーチサンダルはちょっと華やかなワンピースやスカートスタイルをこなれさせるのに重宝するんです。カットワークレースが華やかなワンピースはビーチサンダルで足元を引き算すると今っぽい肩の力を抜いた大人のカジュアルに仕上がります。Sサイズなので顔まわりがすっきりみえるVネック&広がりすぎないストンとしたワンピースを選ぶなど、バランスアップにも気をつけています。
    ビーサン:GAP ワンピース:AKTE バッグ:J &M Davidson

    棚田トモ子さん ライター 153cm

  • 定番でずっと発売されているGAPのレザー×シルバーのビーサンは、上品なので街で履きやすく、肌なじみもいいので主張のあるワンピースにも合わせやすいんです。

撮影/中田陽子[MAETTICO]ヘアメーク/小松胡桃[ROI] 取材/佐藤かな子

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE