特集

アラサーがチェックすべき珠玉のジュエリー3選

そろそろ、少しずつ”本物”を揃えていきたいクラッシィ世代。身に着ければきっと大人な自分に出会える、憧れジュエリーをピックアップしました。

●カルティエ「Clash de Cartier」

ドキドキするくらい刺激的! カルティエが問いかける〝二面性〞の魅力

アラサーがチェックすべき珠玉のジュエリー3選

人も物事もいろんな面があるからもっと知りたいと思うし、
不思議な魅力を感じてしまうもの。
カルティエ待望の新作ジュエリーのテーマは〝相反するものの融合〞。
尖った見た目とは裏腹に、着け心地はとてもなめらか。
幾何学的かと思いきや女性らしさも感じさせ、リッチな印象だけど
カジュアルにも合わせやすくて──真逆の要素を無限に秘めているのが魅力。
そして、スタッズ、ビーズ、クル カレ(四角錐)…カルティエの大切なモチーフがひとつになり
まったく新しいデザインとなっているのも注目すべき点!
身に着ける人にも自由な発想を求めるジュエリーは、今の私を少し変えてくれるはず。
もしくは、自分の中の〝もう一人の私〞に出会ってしまうかも。

手にしたときに最も驚くのは、小さなモチーフたちがかすかに動くこと。連結させて、磁化させることにより留め合わせているのだとか。リングのほか、ブレスレットやイヤリング、ネックレスもラインナップ。「クラッシュ ドゥ カルティエ」リング右から、SM〈PG〉¥230,000 MM〈PG〉¥330,000〈 PG×D〉¥915,000(すべてカルティエ/カルティエ カスタマー サービスセンター)

※CLASSY.2019年8月号掲載

●LOUIS VUITTON「B ブロッサム」

世界で一番有名なアイコンと言ってもいいかも。 強さと愛らしさを備えたジュエリーが登場

ロゴと同じくらい、もしかしたらそれ以上に、人々の記憶にあるかもしれない。
ルイ・ヴィトンのスター・フラワーは、1896年に考案されてからというもの
ずっと私たちの憧れであり続けています。
新作の〝B ブロッサム〟は、そんな伝統的なモチーフをモダンに解釈したコレクション。
ゴールドやダイヤモンドの輝き、カラフルな天然石、そして特徴的な丸みのあるフォルム――
女心がときめくすべての要素が詰め込まれたリングは
リッチ感、華やかさといった自信を身に着ける人に与えてくれるはず。

リングの他に、ブレスレット、ネックレス、イヤリングもあり。[上から]ワイドリング「シュヴァリエ B ブロッサム」〈YG×オニキス×D〉¥705,000〈YG×D〉¥745,000、リング「バーグB ブロッサム」〈PG×D〉¥400,000〈YG×D〉¥400,000〈YG×ホワイトアゲート×D〉¥359,000〈YG×マラカイト×D〉¥400,000〈PG×ピンクオパール×D〉¥590,000〈YG×D〉¥1,015,000(すべてルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

※CLASSY.2019年7月号掲載

●Van Cleef & Arpels「スウィート アルハンブラ ウォッチ」

それは、時間を確認する以上の存在――手もとで時を紡ぐ、小さなパートナー

四つ葉のクローバーからインスピレーションを得たメゾンを象徴する幸運のモチーフ〝アルハンブラ〟から、ジュエリーのような時計がお披露目。
右はピンクゴールドにホワイトマザーオブパールを合わせフェミニンに。左は職人の技巧が光るギヨシェ彫りを施したデザイン。
ジュエリー創作と時計製造の技術が出会い生まれた、奇跡のような作品です。
そして自身で交換可能なレザーストラップは、今回初めての登場。指先で軽く押すだけでカチッとはずれる仕組みは、
この時計にまつわるすべての所作をエレガントに導いてくれます。
急いでいる時、仕事が終わらない時、待ち合わせの時…。
〝今何時?〟と確認するほんの一瞬の時間を幸せなものに変えてくれる、素敵なジュエリーウォッチです。

「スウィート アルハンブラ ウォッチ」右〈RG×ホワイトマザーオブパール〉¥735,000左〈YG〉¥840,000ピアス右から「スウィート アルハンブラ」〈RG〉¥250,000〈YG×ホワイトマザーオブパール〉¥235,000〈WG×ターコイズ〉¥325,000(すべてヴァン クリーフ&アーペル/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)

※CLASSY.2019年6月号掲載

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE