CLASSY.

特集

CLASSY.スタイリストが選んだ絶対ハズさない小物②

おしゃれのポイントで超重要なのが小物選び。そこでコーディネートのプロ、CLASSY.スタイリストに大調査!
スタイリングで、プライベートで大活躍した小物が、ここを見れば一目瞭然!

シンプル服にこそ旬なアイテムを!

コレ合わせておけば間違いない靴&バッグ。 「結局、どれがいいの?」がいちばん知りた い帽子とサングラス。譲れないこだわりと思いの丈を語ってもらいます。

  • NOROのビッグかごバッグ

    「撮影で何回も使用して、個人的にも狙っているのがコレ。
    今年の気分はちょっと無造作な感じのデザインだから、まさにぴったり。
    ザクッと持つとリラックス感が出ます」(大野)

    かごバッグ〈H30×W50×D50㎝〉
    ¥19,000(ノロ/アパルトモン 青山店)

  • Globe Trotterのトランクポシェット

    「最近、スタイリングでよく使用しているバッグです。かっちりしているけれど
    ショルダーにすることで抜けが出るし、知的で洗練されたムードに仕上がります」(乾)

    かごバッグ〈H30×W50×D50㎝〉
    ¥19,000(ノロ/アパルトモン 青山店)

  • STATE OF ESCAPEのミニショルダーバッグ

    「ミニサイズマニアとしては見逃せなかった、このサイズのローンチ。
    ビッグサイズが定番なことは重々承知。極力小荷物で過ごしたい、
    私のためのバッグだと思います」(児嶋)

    ショルダーバッグ〈H14×W19×D9㎝〉
    ¥22,000(ステート オブ エスケープ/サザビーリーグ)

  • ReebokのINSTA PUMPFURY

    「ダッドスニーカーみたいな感覚で履けるボリューム感が好き。
    グレーは軽やかで、暑苦しく見えないのも真夏に重宝するポイント」(荒木)

    スポーツサンダル
    ¥16,000(リーボック/リーボック アディダスグループお客様窓口)

  • TevaのVOYA INFINITY

    「大人気のテバですが、定番のタイプより私は断然こっち。
    ややこしい甲のデザインにひと目ボレでした。履くのが大変そうに見えるけれど
    実はヘアゴムみたいな細いゴムで、着脱も簡単でストレスフリーってところが最高」(濱口)

    「スポサンの中でもやっぱり履きやすいのはテバ。カブリ率の高いアイテムだから
    凝ったデザインで差をつけます」(中村)

    「クロスになった甲が、ありがちなスポサンに終わらない、主役級な存在感が持ち味です。
    カジュアルな着こなしに合わせると、より引き立つ気がします」(栗尾)

    スポーツサンダル¥4,800(テバ/デッカーズジャパン)

  • il Sandalo ofCapriのビジューサンダル

    「履き心地はビーサンみたいだけどパーティにいけちゃいそうなくらいの
    キラキラとした親指ビジューで、手抜きコーデに見えないところがイイ」(三好)

    「この手のサンダルはいろいろあるけれど、今やおなじみ的なこのブランドが結局好き。
    履いてる足元はもちろん、脱いだときのメタリック具合も華やかで気分が上がります!」(平沼)

    サンダル¥28,000(イル サンダロ オブ カプリ/アマン)

続いては帽子&サングラス!

  • NEW ERAのキャップ

    「つばの長さや深さ、くたり具合、そして頭頂部のポッチなど、少しでもバランスが崩れると
    いかにも〝かぶってます!〟となってしまうけれど、コレは本当に優秀。ワンピースの日など、
    甘めな格好に合わせることが多いです」(乾)

    「普段甘めの私の着こなしにもなじむし、キャップ慣れしてるふうにこなせるところが大好物。
    個人的に愛用してるのはネイビー。頭から浮かず、かといって髪の毛になじみすぎないのがいいんです」(児嶋)

    「スポーティなトレンドに欠かせない小物の代表選手。かぶる人を選ばず、
    誰でもしっくりくるのが優秀。色バリの豊富さも魅力です」(荒木)

    「かぶりの深さやつば具合がしみじみ日本人にちょうどいいんです。
    プライベートでも頼りにしまくっています」(大野)

    キャップ¥4,200(ニューエラ)

  • Borsalinoのハット

    「中折れからしばらく離れていたけれど、ボルサリーノはやっぱり永遠。
    サマードレスなどにポンと合わせるのがお気に入り。一気に着こなしの格が上がります」(乾)

    ハット¥35,000(ボルサリーノ/ボルサリーノ ジャパン)

  • EYEVANのMacDougal

    「日本人の顔に合うのは、やっぱり日本ブランド。〝何を買ったらいい?〟
    と聞かれたらコレをオススメしています。スタイリングでもよく使うし
    プライベートでもお気に入り」(乾)

    「程よくスクエア感もあり、かける人を選ばないデザインだと思います。
    テンプルが細くて違和感がないから、かけてるのを忘れちゃうこともあるくらい」(荒木)

    サングラス¥39,000(アイヴァン/アイヴァン PR)

  • MOSCOTのLEMTOSH

    「ブランドを代表する、丸みのあるウェリントンフレームのモデル。
    フラットな顔立ちにフィットするよう鼻当てがついているなど、
    こまやかな心配りが詰まっています」(中西)

    「どのモデルを選んでも洒落たキャラクターに仕上げてくれる、
    間違いのないブランド。コレは存在感のあるセルフレームで、
    顔立ちが締まって見えるデザインが好みです」(大野)

    ブラックサングラス¥35,000(MOSCOT/MOSCOT Tokyo)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE