マンネリ気味の【シャツ×パンツ】を見違えさせるプラス1テクニックとは?

マンネリ気味の【シャツ×パンツ】を見違えさせるプラス1テクニックとは?

6月12日(水)、王道の「シャツ×パンツ」をいつもと違う雰囲気へ味変するなら、キャッチ―な小物を合わせたり、細部の着こなしバランスを調整するのがコツです。普遍的な白シャツから短丈のピンクシャツへシフトして遊び心をひとさじ。さらに足元もピンクでリンクさせれば、統一感が生まれ表情が華やぎます。ハズし役にかごバッグを投入して、シャツの真面目さを和らげて。だらしなくならないよう、袖口のボタンはきちんと留めるのが好バランスです。

シャツ¥16,500(ビューティー&ユース/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)ワイドパンツ¥35,200(LE PHIL/LE PHIL NEWoMan新宿店)かごバッグ¥121,000(ebagos/マルティニーク ルミネ横浜)パンプス¥18,150(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)メガネ¥52,800(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ピアス¥21,780〈ソコ〉(ZUTTOHOLIC)

『CLASSY.』2024年5月号より
撮影/川崎一貴(Ajoite)、モデル/藤井夏恋、再構成/川上あまの、CLASSY.ONLINE編集室

※本記事は過去の「CLASSY.」「CLASSY.ONLINE」の記事を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup